Top > レーシックの必須知識 > レーシックが適さない人は?

レーシックが適さない人は?

レーシックは、一度受けてしまうと裸眼で生活できるわけですからとても便利になるものです。

でも誰でもレーシックが受けられるかというとそうでもありません。

レーシックに適さない場合は次のとおりです。

・角膜が極度に薄い方・・・レーザーで角膜にスクラップを作れないほど薄い場合には適しません。

・未成年の方・・クリニックによっても異なりますが、成長期なのでまだしっかりと近視や乱視が定まらず今後も進んでいく可能性があるため適しません。

・目に疾患がある方・・・白内障、緑内障、アレルギー性結膜炎、円錐角膜の方なども受けられない場合があります。

・妊娠中の方・・・術後に感染症予防の薬を服用することや、ホルモンバランスも崩れていることが多いので妊娠中は避けたほうがいいですね。