Top > レーシック ニュース&コラム > 不正乱視でも矯正できる?

不正乱視でも矯正できる?

角膜の表面は、滑らかなものではなくオウトツがあり光の入り方がバラバラで、焦点があわなくなってしまう現象を不正乱視といいます。

レーシックを受けると不正乱視になる方もいらっしゃるようですが、原因としてはフラップを作る際に失敗していまう場合におこります。

もう一つは、レーシックを受ける前の検査で角膜のゆがみに気づかずにそのまま手術を受けてしまった場合などです。

この不正乱視というものは、メガネでは矯正ができません。

でもウェーブフロントレーシックを用いることで治療が可能なんです。

角膜のオウトツを、マキシレーザーを反転させて照射することによって治療ができるようになりました。

オウトツを図る場合に正確さを必要とするため、コンタクトなどの使用が1ヶ月ほど前からできないなどの不便さはありますが、不正乱視が矯正できるなら仕方ないかもしれませんね。