Top > レーシック ニュース&コラム > スポーツ選手のレーシックは当たり前!?

スポーツ選手のレーシックは当たり前!?

最近、レーシックを受ける人が増えているみたいですね。

その気持ちは私も分かる気がします。

外でめがねを掛けるのは絶対嫌だけど、一日中コンタクトをつけているのも疲れるんですよね。

特に、普段からパソコンを使って仕事している人なんかは、コンタクトによる疲れもあって一気に視力が低下してしまいますよね。

コンタクトをはずしたいけど、はずしたら仕事にならなくてイライラしてしまうこともよくあります。

でも、私の場合は我慢してめがねを掛ければ済みますが、スポーツ選手はそうはいかないみたいですね。

左右の視力が少しでも違うと、普段のパフォーマンスができないそうです。

めがねは邪魔になりますし、コンタクトだと左右の調整が難しいようで、結局レーシックを受けることになるみたいですね。

でも、レーシックを受けたのにすぐに視力が悪くなることもよくあるそうで、結局コンタクトをするハメになるのだとか。

それを聞くと、私の言っていることなんてすべて我がままとしか言いようがありませんね。

皆さんも目が悪くならないよう、気をつけてくださいね。