Top > レーシックに関するふとした疑問 > ぶっちゃけレーシックってどんな手術?

ぶっちゃけレーシックってどんな手術?


レーシック手術で視力が回復するってよく耳にしますが、実際にどのようなことをするのでしょうか?

レーシックという名前の由来は"元の位置にあるままの状態でレーザーを照射、角膜の屈折率を矯正する"、というもので、日本語では角膜屈折矯正手術と呼ばれます。

目の一番外側を覆っている角膜と呼ばれる部位の役割は、目に入ってくる光を屈折させ、目の奥のほうにある網膜と呼ばれるスクリーンのようなものに映像を映すことです。

しかし、屈折が正しく行われなければ網膜に焦点が合わず、物体がぼやけた情報が脳に送られるため、視力を矯正する眼鏡やコンタクトが必要となるわけです。

レーシック手術では、角膜の一部をスライスしてフラップと呼ばれる蓋のようなものを作成します。

フラップ下の角膜の残りの部分が"元の位置にあるまま"レーザーを照射し、屈折率を矯正します。

視覚に大事な水晶体や網膜にはノータッチで、照射後にはフラップを元の位置に戻し、それが癒着するのを待つ、というわけです。

安全基準を満たしたレーシック手術は海外でも多くの人に利用されているんですよ。