Top > レーシックに関するふとした疑問 > レーシック手術で目の失明はある?

レーシック手術で目の失明はある?

以前に用いられていた視力矯正手術と比較すると、レーシック手術ではフラップを作成することで痛みが軽減されるという利点もあり、多くの人に利用されるようになりました。

レーシック手術を考えている方の誰しもが失明を心配するようですが、レーシックによる失明の報告は、ずばり、ありません!

角膜に処理を施すため、視覚に大事な水晶体や網膜に触れることがないんです。

しかし、レーシック手術自体で失明の危険はなくとも、手術後のケアをしっかりしていかなければ失明のリスクがあることを理解しなければなりません。

手術後の注意事項をよく守らなければ、目の病気にかかってしまい、最悪の場合失明してしまうことがあります。

ケアをしっかりして手術後の定期健診を受けると目の病気の早期発見につながり、失明のリスクを避けることができます。

健康な目のありがたさはコンタクトレンズや眼鏡の使用経験のあるあなたも良く知っているはず。

手術前後の医師や看護師の説明や注意事項を理解して健康な目を守りたいですね。