Top > レーシックに関するふとした疑問 > レーシック手術で失敗はあるの?

レーシック手術で失敗はあるの?

生活に大事な目。

視力矯正の手術で失敗はあってほしくありません。

しかし、過去に複数のクリニックでの施設や機器の管理に不備があったために複数の患者に目の感染症が蔓延するという事故も起こっています。

これは、コストを抑えるために取り替えるべき器具の使いまわしをしたことが原因としてあげられます。

よって、料金だけでレーシック手術を受けるクリニックを選ぶと大変な目に遭うこともあるんです。

症例数の多いクリニックでは、特殊なケースもしっかりとケアしてくれますので、クリニックがどれだけの患者を受け入れているかを知ることも重要です。

その他、角膜が薄すぎてフラップを作成した後に目の内側からの圧力に耐えられずに眼球が飛び出したようになってしまうことがあります。

また、手術前の視力検査が上手くいっていなければ、医師の腕を問わず、手術後の見え方に問題が生じ、再手術不能なこともあります。

せっかく視力を回復させるために受けるレーシック手術で失敗・後悔をしたくはありませんね。

だからこそ、信頼のおけるクリニックを探し出すことが大事なんです。