Top > レーシックに関するふとした疑問 > 妊婦のレーシック手術利用は可能?

妊婦のレーシック手術利用は可能?

目の調子が悪くて困っているのは妊婦さんも同じですよね。

特に、出産後に子供が成長するにつれて、眼鏡を壊されたりしないか不安。

また、コンタクトレンズの溶液なども誤って飲まれてしまったら...と不安要素が他の方より人一倍にあるかもしれません。

夜中に起きて眼鏡を探して赤ちゃんにミルクをあげたり、おむつを替えたり、というのもなかなか大変です。

妊娠が発覚してから子育てについて考え始め、レーシック手術について調べ始める方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、残念ながら、妊娠中はレーシック手術の利用ができないんです。

それは、手術後に処方される目薬などが胎児に影響を与えるが懸念されるためです。

手術自体はレーザーで角膜を照射するので胎児への影響は少ないと言われていますが、お薬が与える影響に関してはまだ解明されていない部分があるんですね。

また、妊娠中はホルモンバランスや体の変化が顕著なこと、生活リズムも大きく変わることから、視力も変化することがあります。

何かとデリケートで大事な妊娠期間なのでレーシック手術の利用はできませんが、出産後の利用に期待して、眼鏡やコンタクトレンズの使用でどうにか乗り切りましょう!