トップページ > レーシック採れたて情報 >  レーシック ニュース&コラム

レーシック ニュース&コラム

ここでは、レーシック業界の最新情報を横断的にチェックしている管理人が見つけた最新のレーシック関連・視力回復の情報をUPしています。

その他、レーシックに関係するコラム記事なども。

目次

医療費控除で税金が取り戻せる?!

今回は、視力回復レーザー手術(レーシック手術)を受けた方、これから受ける方にぜひ覚えておいていただきたい医療費控除についてのお話です。

医療費控除とは、みなさんやその家族が1年間に支払った医療費の合計が一定額を超えたときに、払い過ぎた税金を戻してもらえる制度のことです。

よく健康保険が使えない診察や治療にかかった医療費は、すべて医療費控除の対象にならないと思われている方がいますが、そんなことはありません。

確かに医療費控除の対象となる医療費には条件がありますが、視力回復レーザー手術(レーシック手術)は、「医師の診療または、治療の対価」と認められているため医療費控除の対象となるんですよ。

ただし、この医療費控除は、サラリーマンの方も自分で確定申告をしなければ控除されないのです!

自分で確定申告をしなければ・・・・・・と聞いて「面倒だからいいや」とか「どうせたいした金額は戻ってこないんだからいいや」と、多くの方が思ったと思いますが、実は医療費控除をすることで住民税も下がる可能性があるです。

なぜ住民税も下がるのか?

住民税は総収入から各種控除を差し引いた金額に対して課税されています。

そのため確定申告で医療費控除をすることで、課税対象となる所得が減額されるからなんです。

確定申告するだけで、少ないかもしれませんが払い過ぎた税金を取り戻せる上に、住民税まで安くなるなんてお得じゃないですか?!

以下に医療費控除のポイントをまとめましたので、まだ申告していない人はチェックしてみてください。


■税金が戻ってくる人
・1年間の家族全員の医療費の合計が10万を超えた人。
・所得が200万円未満で、1年間の家族全員の医療費の合計が所得の5%を超えた人。

レーシックの手術費用以外にも、風邪などで病院にかかった時の費用や薬代、自分以外にも生計をともにする家族の医療費も対象となります。


■申告時期
・翌年の1月~5年以内

医療費控除は5年前にさかのぼって申告することが可能です。
確定申告の時期が過ぎてしまったからとあきらめている方も、5年以内でしたら申告できますのでこの機会に確認してみるといいですね。


■医療費として認められるもの
・病気やけがの診察費や入院費
・治療のための薬代(治療のためならば市販の薬も対象になります)
・妊娠、出産にかかる検診費や入院費
・不妊症の治療費
・歯の治療費
・治療のための鍼灸やマッサージ費
・家族の介護費
・通院にかかった電車やバス代

意外と知られていないのですが、バス代や電車代など通院にかかった交通費も申告できます。
公共の交通機関は、領収諸がないのでその都度自分でノートなどにメモしておくといいでしょう。


■申請の際に必要なもの
・確定申告書
・医療費の明細書や領収証
・源泉徴収票
・印鑑
・通帳
・身分証明書

確定申告で医療費控除をするには、明細書または領収書を添付する必要があります。
これがないと医療費控除を受けられませんので、病院でもらった明細書や領収書は必ず保管しておきましょう。

■申告のポイント

・家族全員の1年分の医療費の領収書を保管しておく
生計をともにする家族全員の1月1日~12月31日までの1年分の医療費を申告できます。
確定申告直前であわてないように、あらかじめ医療費の領収書を集めておきましょう。

・家族ごとに医療費を計算しておく
医療費の明細書は、治療を受けた人ごとに記入します。
家族全員の医療費を申告できる人は、専用のノートを作り治療を受けた人ごとに、医療費や治療を受けた病院などの情報をまとめておくことをおすすめします。

このページのトップへ↑

レーシック手術とコンタクトレンズ、どちらが危険?

「レーシックはお金がかかるから......」、「手術は怖いしリスクが心配......」「でも、メガネは邪魔になるからかけたくない」と、コンタクトレンズを利用している方は多いのではないでしょうか。

レーシック手術というと、どうしても手術によるリスクばかりが取り上げられることが多いのですが、それではコンタクトレンズは危険ではないのでしょうか。

手術に比べればリスクは低く感じるかもしれませんが、目に直に装着するわけですからその使い方ひとつで目が危険にさらされる可能性は十分にあります。

実際に日本眼科医師会が行ったアンケートによると、コンタクトレンズ使用者の7~10%、約10人に1人の割合で眼障害が発生していると推測されているのです。

例えば、下記のような使い方はしていませんか?

■コンタクトレンズの使用期間を無視して使い続けている

■コンタクトレンズを装着したまま寝てしまう

■コンタクトレンズの洗浄などのケアを怠っている

■ちょっとくらいの痛みなら問題ないと使い続けている

このくらいならと思いがちな使い方から「アレルギー性結膜炎」や「ドライアイ症候群」「点状表層角膜症」「角膜上皮びらん」などの病気が引き起こされるのです。

さらに目の病気は自覚症状がなく進行する場合が多いので、気が付いたときには手遅れになりかねないわけです。

このように、常に異物を目に入れるわけですから、目には負担がかかりますし、衛生面でも注意が必要なわけですから、実際のところは決して手軽ではないですし、十分安全とは言い難いですよね。

また、コンタクトを数十年使い続けた場合の金額とレーシック手術の金額を比べると、実はレーシック手術の方か経済的である場合が圧倒的に多いのですよ。


この機会に、本当にどちらが自分にあっているのか、目にやさしいのか、検討されてみることをおすすめします。

このページのトップへ↑

目のケアを忘れていませんか?

レーシック手術で視力が回復したからと言って目を酷使していませんか?

まだレーシックの手術を受けていない方も、もうどうせ視力が悪いのだからどうでもいいやなんて思っていませんか?

それでは、あなたの目がかわいそうですよ。

もっと目にもやさしくしてあげてください!

そこで、今回は意外と忘れがちな「目のケア」についてのお話をしましょう。

多くの方が会社ではパソコンを通勤中は携帯、家ではテレビ、と目が疲れてしまうことばかりをしているのではないでしょうか。

目を使うばかりでケアを怠っていると、目のかすみやドライアイ、視力の低下を引き起こす可能性があるのです。

では、疲れた目にはどんなケアをしたらいいのか?

それはとっても簡単、温めてあげるだけでいいのです!

目を温めることで、血行が良くなり目の周りの筋肉の緊張がほぐれて疲れが癒されるそうです。

簡単にできるので、日頃から仕事の合間や就寝前などにやってみてください。


■目の疲れを取る方法

1 蒸しタオルを40度ほどに温める

2 目の上に蒸しタオルを乗せる

3 10分ほどそのままにして目を温める

このページのトップへ↑

保険は適用されるの?

レーシックは、数年前ほどではないものの、今でもどちらかというと高額な治療費です。

レーシックには興味はあるものの高いイメージがあるので踏み切れない方も多いです。

保険が適用になるかどうか気になっている方も多いのですが、レーシックは自由診療に当たるので残念ながら保険は適用になりません。

でも個人で掛けている、生命保険や医療保険は契約の内容次第では適用になる場合もあります。

これから保険を掛ける方も、レーシックが保険適用になるかどうか確認してから掛けるといいかもしれません。

すでに加入されている方は、保険会社に問い合わせて確認してみるのが一番です。

少しでも金額が安く出来るなら、それに越したことはありません。

でも、大切な目のことですので金額が安いからという理由で飛びつくのも危険ですので良く調べてから気めましょう。

このページのトップへ↑

不正乱視でも矯正できる?

角膜の表面は、滑らかなものではなくオウトツがあり光の入り方がバラバラで、焦点があわなくなってしまう現象を不正乱視といいます。

レーシックを受けると不正乱視になる方もいらっしゃるようですが、原因としてはフラップを作る際に失敗していまう場合におこります。

もう一つは、レーシックを受ける前の検査で角膜のゆがみに気づかずにそのまま手術を受けてしまった場合などです。

この不正乱視というものは、メガネでは矯正ができません。

でもウェーブフロントレーシックを用いることで治療が可能なんです。

角膜のオウトツを、マキシレーザーを反転させて照射することによって治療ができるようになりました。

オウトツを図る場合に正確さを必要とするため、コンタクトなどの使用が1ヶ月ほど前からできないなどの不便さはありますが、不正乱視が矯正できるなら仕方ないかもしれませんね。

このページのトップへ↑

レーシックで治せるから目が悪くなっても大丈夫!?

暗いところで、本を読んだら目が悪くなるでしょ!!と小さいころから言われ続けてきましたが、皆さんも同じような経験ないでしょうか?

ほとんどの親はこういった感じで子供を注意しますよね。

小さいころは、もぅうるさいなぁ!なんて思っていましたが、大人になって初めてその言葉のありがたみを感じますよね。

目が良いに越したことはありませんから。

でも、最近では少し変わった親もいるみたいです。

子供がゲームばかりしていたら普通注意しますよね?目が悪くなってしまいますし。

しかし、将来的にレーシックを受けさせればいいという理由であまり注意しない親も出てきているみたいです。

そういう親は大抵、自分がレーシックを受けた経験がある人が多いみたいですね。

どれだけ目が悪くても、すぐに視力を回復できますから。

でも、レーシックをしたからといって、ずっとその視力が保たれるわけではありませんし、限度というものがあることを知ってそういうことを言うのでしょうかね?

やはり、目は良いに越したことありませんね。

このページのトップへ↑

スポーツ選手のレーシックは当たり前!?

最近、レーシックを受ける人が増えているみたいですね。

その気持ちは私も分かる気がします。

外でめがねを掛けるのは絶対嫌だけど、一日中コンタクトをつけているのも疲れるんですよね。

特に、普段からパソコンを使って仕事している人なんかは、コンタクトによる疲れもあって一気に視力が低下してしまいますよね。

コンタクトをはずしたいけど、はずしたら仕事にならなくてイライラしてしまうこともよくあります。

でも、私の場合は我慢してめがねを掛ければ済みますが、スポーツ選手はそうはいかないみたいですね。

左右の視力が少しでも違うと、普段のパフォーマンスができないそうです。

めがねは邪魔になりますし、コンタクトだと左右の調整が難しいようで、結局レーシックを受けることになるみたいですね。

でも、レーシックを受けたのにすぐに視力が悪くなることもよくあるそうで、結局コンタクトをするハメになるのだとか。

それを聞くと、私の言っていることなんてすべて我がままとしか言いようがありませんね。

皆さんも目が悪くならないよう、気をつけてくださいね。

このページのトップへ↑

レーシック手術って痛くないの?

レーシック手術には興味あっても、なかなか踏み出せない方たくさんいるのではないでしょうか?

手術という言葉がついているだけでなんだか痛そうなイメージがありますもんね。

でも痛みというのは、ほとんどないのだそうです。

しかも、手術は10分程度で終わりますので、一般的な手術とは全然違うらしいです。

手術中についても、麻酔をしているのでほとんど痛みはないそうです。

痛みといっても人それぞれですが、皆さんが心配されているような痛みは全くないみたいですね。

ただし、手術中は押されている感覚などがあるみたいなので、感覚が全くないわけではないそうです。

手術後、麻酔が切れたとしても痛みというものはなく、しみたり、目がゴロゴロする程度のようなので全く心配要りません。

どうでしょうか?レーシックが痛そうというイメージは少しでもなくなりましたか?

最近では、レーシックを受ける人が増えてきているみたいなので、これから先、レーシックを受けるのが普通という時代がやってくるかもしれませんね。

このページのトップへ↑

レーシックは怖くない!

レーシックってなんだか怖いイメージがありますよね。

視力を良くしたいとは思うけど、レーシックを受けてまで良くしたいかというと・・・っていう方多いのではないでしょうか?

本当はそんな怖いものではないんですよ!

でもその気持ちわかります。

失敗して失明したらどうしよう・・・っていう不安がありますもんね。

実は、レーシックは角膜の表面を削るだけで、眼球や網膜などには一切触れないため、失明することはないんです。

実際、世界のあらゆるところでレーシックが行われていますが、失明したケースはないそうです。

なので、失明したらどうしようという心配は一切要りません。

しかし、注意すべき点はあるようです。

生まれつき角膜が薄い方は、十分に視力が良くなるわけでもなく、たとえ良くなったとしても元の視力に戻ってしまったりするケースがあるみたいですね。

でも、それは検査の段階で分かることなので、もし薄かったりしたらやめればいい話ですもんね。

なので、レーシック受けてみたいなぁと思っている方はもう一度考え直してみるのもありかもしれませんね。

このページのトップへ↑

レーシックのデメリットも知っておこう!

レーシックを紹介するサイトでは、大抵メリットばかり書かれており、デメリットはあまり書かれていませんよね。

でも、目は一生使うものなので、デメリットについてもよく知っておかなければなりません。

まず、レーシックで失明する危険は全くないですが、気をつけていないと一気に視力が低下してしまうことがあるんです。

当たり前のことですが、一度、角膜を削ってしまうと元には戻りません。

つまり、レーシックをすると角膜が薄くなるというわけです。

そういう状態で事故にあったり、強い衝撃を与えてしまうと・・・もうお分かりですよね。

そうなんです、一気に視力が低下してしまうんです。

ということは、スポーツなどを普段からされている方も注意しなければいけないということですね。

その他にも、目が乾いてドライアイになったり、コントラストの見分けも悪くなったりします。

さらに、気をつけていないと、感染症を引き起こす可能性もあります。

デメリットといってもこんな感じで、ほとんどがちゃんと気を付けていれば済むことだと思いませんか?

デメリットについても良く理解したうえで、レーシックを受けるかどうか考えましょうね。

このページのトップへ↑

メガネやコンタクトよりレーシックの方が安くなる人が多い!

レーシックは、健康保険が利かずすべて自己負担になる為、どうしても手術費用が高くなってしまいます。

数十万円という数字を見ただけで、高くて手が出ないと諦めるにはちょっと早いですよ。

視力は気をつければそれ以上下げることは防ぐことは出来るかもしれませんが、だからといって上がることはほとんど無いでしょう。

つまり、現時点でメガネやコンタクトを使用している人は一生使い続けるようになると言っていいでしょう。

コンタクトだけの人・メガネだけの人・両方使っている人など違いがあります。

また、コンタクトは種類によって大きくコストに差が出ますし、メガネもいいレンズやフレームをこだわるかどうかで差が出ます。

さらに、両方使っているとなると、コストは増えてしまうでしょう。

日本人の平均寿命は男性が79歳で女性が86歳となっています。

1年のメガネやコンタクトのコストを算出した上で、平均寿命-現在の年令をかけて計算してみましょう。

今後使う金額に驚く人が多くなるはずです。

特に若い人になればなるほどコストが高くなり、それならレーシックが2回も受けられるなんて人もいるんですよ。

「裸眼でいつでも見られるレーシックは高い」と言うのは大きな勘違いで、正しくは「レーシックは裸眼で快適な上、安い」という人が大多数になるでしょう。

しかし、長い目で見ると安いとは言え、今は手元にないから手術費用をまず貯めないと・・・と後回しにする必要はありませんよ。

レーシックは医療手術になりますが、ローンを組むことが可能です。

クリニックによっては金利手数料を負担してくれる所もあるんですよ。

大阪で人気ランキング1位に輝く品川近視クリニックでは最長36回まで金利ゼロとなっています。

その為月々なんと3,000円からの支払いでレーシックを受けることができますよ。

これなら今まで高いと思っていたレーシックも、安いというイメージに変わったのではないでしょうか?

もちろん、割引制度もしっかり利用して更に安くレーシックを受けてくださいね。

このページのトップへ↑

保護メガネで術後もより安全かつ早く完治!

レーシック手術は入院する必要がないのは嬉しいんですが、その分しっかりとご自身で気をつけなければいけません。

数十分で終了する手術と言っても、目に異物が入ったり、ぶつかったりこすったりすることで回復に時間がかかるだけでなく、思うように視力が上がらないこともありえますからね。

手術を受けた後に、クリニックから寝る時用の保護眼帯と日中用の保護メガネをもらいます。

保護眼帯はテープで固定するタイプになります。

寝ている間うっかりこすってしまったり、外れてしまわないようにする為です。

保護メガネは正面だけでなく横の部分までカバーできる形状になっています。

ゴーグルのようなタイプから普通のメガネと変わらないものまで色々あります。

どちらも術後1週間は使うようにしましょう。

保護メガネは外出する時だけと言われるかもしれませんが、室内だからといって安全とは限りません。

ハウスダストや出入りする人にくっついて花粉もゼロではありません。

また、空調が直接当たると目が乾燥しやすくなるのを防いでくれる役目もしてくれますのでできるだけ装着しておく方が安全に過ごせますよ。

まずは、適応検査の時に、そのクリニックの保護メガネを見せてもらうといいでしょう。

もし、仕事や外出するのには向かないタイプだったり、あなたに似合わないタイプならご自身で用意しておくのがおすすめですよ。

今では色々なブランドやメガネショップが保護メガネを販売しており、デザインも豊富ですし、お値段も手頃となっています。

ただし、フィットしないと隙間ができてしまい意味がないので、ネットショップや通販ではなく試しにかけた上で購入した方がいいでしょう。

機能もいろいろあり、ブルーライトを軽減してくれるレンズならパソコンを利用する人は目が疲れにくくなるのでおすすめです。

パソコンなどの画面も花粉も紫外線も、目には大敵です。

保護メガネは術後だけでなく、長く活用すれば、より目にやさしく快適に過ごすことができますよ。

このページのトップへ↑

いろいろある割引は見逃すと損!

レーシックの手術は自由診療となっていますので、全て自己負担となり費用も高額になりがちです。

その負担を少しでも減らす為に各クリニックでは色々な割引制度があるんですよ。

では、どのような割引制度があるか見ていきましょう。

●紹介割引

そのクリニックでレーシックを受けた人から紹介してもらうことで安くなります。

同じ術式でなくても大丈夫なので、老眼治療を行った人からの紹介でも、あなたのレーシックが割引になりますよ。

紹介状は、チケットのようなものから、番号さえ聞けばいいものまであるので、遠方の知り合いからでも気軽に紹介してもらうことが可能です。

大阪でも人気が高い品川近視クリニックでは、レーシックを受けていなくてもビューティクラブに会員登録するとこの紹介チケットが手に入ります。

ただし、レーシックを受ける本人が登録した紹介チケットをご自身で利用することができないので、ご家族やお友達に登録してもらいましょう。

登録はネットで簡単にできるだけでなく会員費なども無料となっていますので、利用しないと損ですよ。

●平日割引

適応検査や手術を平日に行うことで安くなるのはうれしいですね。

しかも平日なら土日と比べて空いているので希望通りのスケジュールが取りやすいんですよ。

●学生割引

学生ならレーシックが安く受けることができるクリニックもあります。

専門学校・短大・大学・大学院などの学生証が必要となりますので忘れずに持って行きましょう。

●グループ割引

2人以上で適応検査を受ければそれぞれが割引してもらえます。

検査のみ一緒に来院すれば手術日は違っても大丈夫の所もあるので、事前に調べておきましょう。

●法人割引

あなたの会社とクリニックが契約することで、従業員みんなが割引を受けることができます。

同僚にレーシックを受けたい人がたくさんいるようでしたら、会社の福利厚生担当の人にお願いしてみましょう。

●ブログ・ツイッター・フェイスブック割引

ブログ・ツイッター・フェイスブックなどであなたが手術を受けた感想を書くだけで割引になります。

ただし、これは術後になりますので、後から返金される形になってしまいます。

●遠方割引

クリニックまで遠いという人でも、遠方割引で手術費用を割引してくれるので、負担が少なくなりますよ。

各クリニックにより規定などに違いがありますので、まずはしっかりチェックし比べてみましょう。

また、すべての割引は併用できるものもあれば、どちらか1つのものもありますので、気をつけましょうね。

このページのトップへ↑

遠方から通う人が注意しておきたい点

近くにクリニックがなく、遠くのクリニックに通わないといけない場合、注意しておきたい点があります。

まずは良いクリニックであるかと同時に下記についてチェックしておきましょう。

●術後の定期検診の日程

●自宅近くに提携している眼科があるか

●交通費の補助や提携ホテルがあるか

レーシックを受けるには、1DAYプランでも2日間は続けて通わなければいけませんので、最低でも1泊は宿泊しなければならないでしょう。

レーシックを受けた人は必ず手術翌日の検診はそのクリニックで受けなければなりません。

また、クリニックや術式によって違いがありますが、1週間後にも検診を受ける所が多くなっています。

1週間後検診までホテルで滞在した方がいいのか、それとも翌日検診後は一旦戻った方がいいかを検討しなければなりません。

自宅近くに提携している眼科があるなら、1週間後検診は検査費を払ってでも受けた方が安い場合もあるでしょう。

ただ安い方法を探すだけではなく、術後安全に過ごせるかどうかが重要です。

無理してすぐに帰ったはいいが、フラップがずれてしまい、検診日以外にクリニックへ通わなければならなくなったなんてこともあるかもしれません。

通うのが大変な場合は1週間検診まで滞在しておく、お世話してくれる家族がいれば帰るなど、ご自身に合わせて選びましょう。

少しでも負担が減らせるように、交通費の補助や提携ホテルがあるクリニックはうれしいですね。

大阪で人気ランキングの上位3つのクリニックではすべて交通費の補助があります。

但し、交通費は、領収書が出る長距離バス・飛行機・電車・新幹線などとなっています。

タクシー・車のガソリン代や高速代や領収書がないバス代などは対象外となっていますので、気をつけましょう。

レーシック手術を決めたら、すぐにホテルの予約も取りましょう。

ホテルは安いだけでなく、クリニックに近くて通いやすい所を選びましょう。

チェックインとチェックアウトも何時かを知り、手術や検診までにぶらぶらしないといけないことがないようにしましょうね。

このページのトップへ↑

老眼防止対策&老眼治療もできるクリニックを選ぶと安心

視力の良い悪いに関わらず、老眼は老化現象なので誰しもがなる可能性があります。

つまり、せっかくレーシックを受けて裸眼生活になったとしても、またメガネが必要な生活に戻る場合もあります。

そうならない為にもまずは老眼予防の対策を取りましょう。

《老眼予防その1》毛用体筋を鍛えよう

毛用体筋が衰えることでピント調節ができなくなり老眼になってしまいます。

毛用体筋を鍛えるには、目を左・上・右・下と2秒ずつぐるぐる回すストレッチを行いましょう。

DSの眼力トレーニングソフトを使えば、どこでも簡単に行えますよ。

《老眼予防その2》目を休める&疲れを取ろう

仕事上パソコンを使う場合など、目を使うことを減らすのは難しいこともあるでしょう。

同じ使う場合でも、間に休憩を入れることで目を休ませることができるので、意識的に目をつむったり、遠くを見るなどを増やしましょう。

目の疲れを取るには浮かび上がって見える3Dアートを利用すると、楽しみながら疲れも取ってくれるのでおすすめですよ。

《老眼予防その3》老眼防止の栄養を意識して取ろう

老眼を防いでくれる栄養素の入った食品やサプリメントを意識して取るようにしましょう。

・ルテイン(ブロッコリー・ほうれん草など)

・アントシアニン(ブルーベリー・赤ワイン・あずきなど)

・ビタミンA(人参・ほうれん草・パセリなど)

・ビタミンB1(豚肉・牛肉・うなぎ・豆など)

・DHA(魚類など)

・コンドロイチン(納豆・オクラ・山芋など)

これらは老眼だけでなく目にもいい栄養素なのでどんどん食べて取り入れましょう。

ただし、これらを注意しても老眼になるかもしれません。

だからと言って、見えにくいのに無理して裸眼のまま生活を続けると、余計見えにくくなるだけでなく、肩こりや頭痛、ひどくなると吐き気まで起こる場合もあります。

老眼鏡で矯正するのもいいですが、老眼治療を受ければメガネ要らずの生活を続けることが可能なんですよ。

大阪のレーシックランキング上位の品川近視クリニック・SBC新宿近視クリニック・神戸神奈川アイクリニックすべて老眼治療を受けることができます。

老眼になった場合、レーシックを受けたクリニックなら、新たに探すよりも安心度も高く通いやすいでしょう。

さらには、現在老眼だと分かっている場合、近視や乱視と同時に治すこともできますよ。

今後なるかもしれない老眼のことまでしっかり考えて防止するだけでなく、レーシックを受けるクリニックを選んでおくのがおすすめですよ。

このページのトップへ↑

一人暮らしなら手術当日はホテルに宿泊がおすすめ

レーシックは原則として、その日のうちに帰ることができる手術になります。

もし入院を希望しても、ほとんどのクリニックでは入院施設がないので帰らないといけません。

入院がないのは、気が楽に感じる方が多いかもしれませんが、もし、術後視力がすぐに上がらない場合だと帰宅するのに困る場合もあるでしょう。

帰宅するまでに見えにくいなかの階段の昇降や、目にぶつからないように電車に乗ったりなど危険はいっぱいです。

中には、帰るまでに何度も痛み止めの目薬を入れたりなど休憩しながらの帰宅になり、時間がかかったという人もいます。

また、手術の翌日も検診に通わなければなりませんし、もし術後異変が起こったりなどのことを考えると、よりクリニックへ近いホテルの方が安心ですよね。

これらの理由で、遠方でない人でもホテルに宿泊するのはおすすめなんですよ。

特に、一人暮らしの人は自宅へ戻るより、頼れるホテルはメリットがあります。

●食事を部屋まで運んでくれる

術後は目がショボショボして開きにくい場合があってもホテルなら、ルームサービスを利用すれば便利ですね。

他にもホテル内にレストランがあったり、飲食店が近くにある所だと便利ですね。

●モーニングコールで起こしてもらえる

●タクシーの手配なども電話でお願いできる

●加湿器があると◎

術後は目が乾燥しやすくなってしまいがちです。

加湿器が常備してあったり、貸出してくれるホテルだといいですね。

乾燥対策でバスタブにお湯を溜め、扉を開けておく人もいるみたいですが、湯気が火災報知機に反応する場合があるのでこれは止めましょう。

中には目薬が自分ではさせず、ホテルのスタッフにお願いしたという人もいます。

ホテルによって、コンシェルジュがいる所もあれば、夜間は不在や対応してくれない所などそれぞれ違いがあります。

ただ、クリニックに近いや宿泊料金が安いだけでなく、しっかりとホテルの詳細まで調べた上で便利に利用しましょう。

自宅に帰るつもりの人も、当日困らないように、一応クリニック近辺のホテルを検索しておくといいですよ。

このページのトップへ↑

レーシックでカラコンが選び放題に!

レーシックを受けてから1ヶ月が経てば、カラーコンタクトを使用することができますよ。

もちろん、術後の経過は人それぞれ違いがあるので、1か月後以降に受ける定期検診で医師の許可が出てから使用しましょう。

度なしのカラーコンタクトは、度ありと比べて種類も多いので、選ぶ楽しみが増えますよ。

今まで乱視がひどくてカラーコンタクトできなかった人にはうれしいですね。

しかし安全に使用するにはいくつかの注意点があるので気をつけましょう。

●装着している所を眼科医に診断してもらおう

レーシックでは角膜を削ってしまうので、以前と眼球の形などが変わってしまう場合があります。

その為、以前使用していたカラーコンタクトをつけるとぼやけてみえてしまったという人もいます。

まずは、ベースカーブ(BC)とレンズの直径(DIA)を調べてもらい、合っているレンズを選ばないといけません。

みなさんの目に合っていないと、不快感だけでなく、目が疲れやすくなったり、ずれやすくなるので、眼科医に見てもらえる所で購入するのが一番おすすめです。

そうすれば、購入前にレンズがフィットしているかどうかしっかり見てもらえますよ。

もし、通販や雑貨屋さんなどで購入したい場合は、事前に眼科に行ってBCとDIAを測ってもらうだけでなく、装着した後も検査してもらっておくと安心ですね。

●セミキャストモールド製法のものがおすすめ

カラーコンタクトの製造方法には色々ありますが、中でもセミキャストモールド製法のものがおすすめです。

これは、着色料が直接眼球に付かない製造方法の上、レンズも薄いので、酸素透過性が高く目にやさしくつけ心地のいいタイプになります。

特にレーシックを受けた後は当分の間乾燥しやすくなるので、目にやさしいものを選んでおくといいですね。

●使用時間は最長8時間まで!

最初に装着する時は2時間程度から始め、どんどん装着時間を増やして慣らしていきましょう。

1日8時間を超えて装着しないように気をつけましょうね。

●爪で傷つけないように注意

レンズを付け外しする際、爪でレンズを傷つけないように指の腹をうまく使いましょう。

●点眼薬を使用中は装着しないように

カラーコンタクトを装着中はコンタクト用の目薬しか使用できません。

レーシックの点眼薬を使用中の場合は、医師に確認した上で使用してください。

せっかく裸眼になったのにまた視力が落ちたなんてことにもなりかねません。

これらをしっかり注意してレーシック後もカラーコンタクトを楽しんでくださいね。

このページのトップへ↑

大阪で有名なクリニックは比例して技術力も高い

有名になるにはどうしたらいいでしょうか?

お店や商品でもCMなど広告をバンバン出せば、すぐに簡単に有名になれるでしょう。

しかしそれだけでは、世間はついてきません。

例えば、ラーメン屋ならおいしい・量が多い・安いなどのメリットがないと利用者は続かないでしょう。

ではレーシックのクリニックではどうでしょうか?

広告を出せばすぐに有名にはなれますが、続ければ広告費用がかかってしまい、その分手術費用が高くなってしまいます。

また技術力が低いと、口コミですぐに広がり、悪い意味で有名になってしまうでしょう。

利用者の口コミは広告よりも信頼性が高くなるので、聞いたり見たりすることにより、そのクリニックを選ぶ人は増えていきます。

増えれば、手術数も増え、医師の技術力も高くなってきます。

つまり、レーシックで有名なクリニック=技術力も高いと言っていいでしょう。

そして、口コミがどんどん広がり、広告費用をかけずとも利用者が増えるので、レーシックの価格も抑えることができるという、嬉しいメリットまで付いてきます。

レーシックの手術はただ眼科医として経歴が長ければいいという訳ではありません。

レーザー機器が自動で行うので、技術力は関係ないって思ってませんか?

確かにレーザー機器を使うことにより視力が回復しますが、これを扱うのは医師になります。

そして同じ手術でも、元々の視力も違えば、角膜な厚みなども違います。

検査のデータをしっかり判断するのも医師になります。

医師の技術力が低ければ、いくら最新のレーザー機器を使用しても、その効果を十分に発揮できず、最良の手術結果とはいかないでしょう。

当サイトの一番人気が高い品川近視クリニックは、誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。

100人以上在籍する医師の中には、5万症例の手術を行なってきた経験豊富な医師が多くいるんですよ。

大阪にはたくさんのクリニックがあり、どこで受けたらいいか迷っている人も多いでしょう。

まずは、当サイトのランキングを参考に、有名なクリニックで事前検査を受けてみるといいでしょう。

そうすれば、有名=技術力の高さが分かるはずですよ。

このページのトップへ↑

大阪でキャンペーンを利用してレーシックを受ける際の注意点

大阪のクリニックを調べてみると、いろいろなキャンペーンや割引があり、よりレーシックを受けやすくなっています。

これらキャンペーンや割引は利用しないと損ですが、利用する際には注意しないといけない点もあります。

●条件をしっかり確認

キャンペーンや割引には条件があるのでしっかり詳細まで確認してみましょう。

例えば、品川近視クリニックでは分割金利手数料が無料になっています。

36回払いまで無料ですが、プレミアムイントラレーシックのみ30回払いまでとなっています。

また、遠方割引も、公共の交通機関を利用しない場合は無効などの条件があるので、それぞれのクリニックごとにチェックするようにしましょうね。

●期間限定のものもある

キャンペーンや割引には期間限定のものもあるので、見つけたら早めにレーシックを受けた方がいいですよ。

●併用できないものもあるので再確認を忘れずに

各クリニックのホームページなどを見るといろいろなキャンペーンや割引を知ることができるでしょう。

しかし、なかには併用できるものもあれば、できないものもあるので、分からない場合は事前に確認しておきましょう。

手術当日、安くなるつもりで受けたはいいが、割引が適用されず思っていた金額より高くなってしまってはちょっと損した気分になってしまいますからね。

カウンセリングの際に、割引の確認をしておくと安心ですよ。

また、相談窓口があるクリニックなら、メールや電話にて簡単に問い合わすこともできるので利用しましょう。

●オークションの紹介割引券は利用してはダメ!

最近多いのが、オークションなどで見かける紹介割引券です。

この紹介割引券を使っても手術費用が割引されることはありません。

しかし、オークションで紹介割引券を購入し、この券を持ってレーシックを受ければ、後から購入者から数万円をキャッシュバックするというシステムになっているみたいです。

ところが、購入したにも関わらず、数ヶ月経ってもキャッシュバックはないだけでなく連絡すら取れないと騙されている人が増えています。

紹介割引券自体は安い価格で購入できますが、そんな詐欺にひっかかることもイヤですし、購入時に使用した住所などが悪用されないとも限りません。

後で騙されたと後悔するより、公式ホームページのキャンペーンや割引だけを利用しましょうね。

これらに注意してキャンペーンや割引をしっかりチェックすれば、同じ手術でも誰よりも安くレーシックを受けることができますよ。

このページのトップへ↑

堺市民もレーシックを受けるなら大阪駅周辺で探そう

レーシックを受けたいという堺市民も多いと思いますが、残念ながら堺市内にはレーシックを受けられるクリニックがありません。

では堺市民におすすめなのは、大阪駅周辺のクリニックを選ぶことです。

大阪人による当サイトのランキングを見てもらっても分かる通り、人気の高いクリニックは大阪駅周辺にあります。

【第1位】品川近視クリニック梅田院-JR大阪駅(桜橋口)より徒歩約10分

【第2位】神戸神奈川アイクリニック梅田院-JR大阪駅(御堂筋口)より徒歩約7分

【第3位】SBC新宿近視クリニック大阪院-JR大阪駅(桜橋口)より徒歩約5分

JR線の関空快速を利用すれば、堺市駅から大阪駅まで乗り換える必要なく26分で着くので、通うのに困ることはないでしょう。

車での通院は、検査や手術の際は控えないといけませんし、パーキング代もかかってしまうので避けた方がいいですよ。

しかし、下記のような注意点があるのでしっかり知っておきましょう。

●乗り継ぎのない電車の時刻を調べておこう

レーシックの手術自体は数十分で、受付・休憩・検査なども合わせて2~3時間ぐらいで済み、入院の必要もありません。

しかし、術後すぐにはっきり視力が上がるとも限りません。

帰りの時間帯を予測し、予め時刻表をチェックしておきましょう。

堺市駅までは、乗り継ぎも合わせると多くの便がありますが、なるべくなら乗り換えなくて済む電車を選んで乗るようにしましょう。

●手術は日帰りだが帰りはタクシーも考えておこう

人によっては痛みが出たり、しみるような症状で目が開けづらいなどもあります。

さらには、帰る時間帯がラッシュ時になると混雑して座れないだけでなく、危険も伴います。

そんな時はタクシーで帰ることも考えて、多めの現金やクレジットカードを用意しておきましょう。

大阪駅から堺市駅までは大体40分前後になり、タクシー料金は5,000円ぐらいを考えておくといいですよ。

●定期検診などで数回通う交通費を考えておこう

手術を受ければ終わりではなく、レーシック後も定期検診として数回通わなければなりません。

定期検診は5回前後、手術前の適性検査1回、手術1回を合わせて合計7回ぐらいはクリニックへ通わなければなりません。

堺市駅から大阪駅まで片道290円ですので、最低でも交通費に4,060円はかかってしまいます。

タクシーを使えばさらに高くなりますし、術後の経過が悪い場合通う回数が増える場合もあることもしっかり考えておきましょう。

このページのトップへ↑

大阪でレーシックを受けた後は免許証の手続きをしよう

レーシックを受ける人のほとんどが免許証に"眼鏡等"という条件が記載されているはずです。

まず、運転免許における視力の条件は"片目でそれぞれ0.3以上かつ両目で0.7以上見えること"になります。

裸眼でこの条件をクリアできない人には、"眼鏡等"と記載されることとなります。

レーシックを受けて快適なのはいいですが、この条件を解除し忘れている人はとても多いんですよ。

『次の免許更新の時でいいや~』と気楽に考えていてはダメですよ!

手続きをせず、条件を解除しないまま運転をすると、違反点数2点取られてしまったり、5,000~9,000円の反則金を支払うことになるので、すぐに手続きを行いましょう。

度が入っていないファッションメガネをかけていればいいと安易に考えていてもいけませんよ。

矯正機能のないファッションメガネでも、もちろん免許条件違反となり、罰金や減点の対象となってしまいますのでご注意ください。

【手続きに必要なもの】

免許証のみ

【手続きにかかる手数料】

無料

変更と言っても、裏面に条件を解除したことを記入するだけなので、写真を取り直す必要もなく免許証も変更されません。

【手続き可能な場所】

●大阪府下の各警察署(受付時間)土・日・祝日を除く9時から17時まで

ただし、大阪水上警察署では変更手続きを受け付けていませんのでご注意ください。

●水無瀬交番・藤井寺駅前交番(受付時間)土・日・祝日を除く10時から17時まで

●門真運転免許試験場(受付時間)祝日を除く月曜から金曜8時45分から17時まで・日曜8時45分から16時まで

●光明池運転免許試験場(受付時間)土・日・祝日を除く8時45分から17時まで

ただし、試験場はどちらも、正午から0時45分までは受け付けできませんので気をつけましょう。

手続きに行く際に万が一検挙されたとしても、『今から手続きに行く』と言うことをきちんと説明すれば違反切符は切られることはないので車を運転して手続きに向かっても大丈夫ですよ。

なかなか警察に止められることはないとは思いますが、変更手続きはなるべく早めに済ませておきましょうね。

このページのトップへ↑

大阪でレーシックを受けるなら便利なローンを利用して

レーシックは便利で受けたいと思う人も多いですが、ネックとなるのは手術費用ではないでしょうか。

眼鏡やコンタクトを使い続けることを考えれば、将来的には安くは済みますが、数十万円すぐに用意するには大変です。

レーシックは医療行為になりますが、クレジットカードはもちろん、ローンも利用できるってご存知でしたか?

おすすめはローンを利用しての支払いです。

『クレジットカードならわざわざローンを組む必要もないし・・・』と思うかもしれませんが、クリニックでは金利が無料のローンを用意している所もあるんですよ。

例えば、大阪でも1番人気の高い品川近視クリニック梅田院で人気ナンバー1のアマリスZレーシックを受けるとしましょう。

手術費26万円で、年利14%のクレジットカードで36回払いにすると、手数料だけで6万円近くも支払うことになるんですよ。

しかし、品川近視クリニック梅田院のローンを利用すれば、最長36回まで金利は無料なんですよ。

他にも12回払いや24回払いもありますが、金利が無料なら最長の36回払いを選んで損はありませんね。

レーシック手術は入院の必要はありませんが、数回の通院が必要となりますので、仕事を休んだり交通費などの別の負担もかかる場合もありますからね。

毎月7,200円なら、負担も軽く今すぐにでもレーシックを受けられるという人は増えるのではないでしょうか。

ただし、ローンを利用する場合は事前に審査などがあり、手術当日にローンが組めないとなってしまっては大変です。

品川近視クリニック梅田院では、適応検査の際にローン手続きを行っています。

適応検査に行く際に、印鑑・引き落とし口座予定の通帳を持参しておきましょう。

また、勤務先の住所や電話番号なども必要なので、調べてメモしておくのをお忘れなく。

学生の場合も、ローンは可能ですよ。

未成年の場合は連帯保証人が必要なので、保護者に再確認するか同伴するとスムーズですね。

もちろん、クリニックによりローンの取り扱いや利用方法も変わってくるので、事前に確認しておくと安心ですよ。

このページのトップへ↑

大阪でレーシックを受けただけでは肩こりは減らない?

視力の悪い人の中にはひどい肩こりで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

眼鏡やコンタクトを使用するとどうしても目が疲れやすくなりますし、見えにくいことで目に負担がかかり、眼精疲労が起こりやすくなります。

この眼精疲労が原因で血行が悪くなり、肩こりがひどくなるんですね。

レーシックを受けたことで、同時に肩こりもすーっとなくなったという人は多いんですよ。

ただし、術後すぐには視力が回復しなかったり安定しないなどで一時的に肩こりもひどくなったという人もいることも知っておきましょう。

また、術後は一時的ですがドライアイなど目が乾きがちです。

ドライアイが原因で肩こりもひどくなることもあるので、元に戻るまではちょっとがまんしましょう。

しかし、レーシックを受けただけでは肩こりは減らない場合がありますので下記について見直すこともお忘れなく。

●正しい姿勢で座ろう

パソコンをしたり、事務仕事などで机に座る場合、いくら視力が良くなっても姿勢が悪いと肩こりが治りませんよ。

背中が丸まっているだけでなく、首が前に突き出ていてもいけません。

また、肩・首・歯などに力を入れすぎても肩こりはひどくなってしまいますよ。

それでなくてもデスクワークは長時間同じ体勢になりがちなので、自然と正しい姿勢を保てるように心がけましょう。

●テレビやパソコンの位置を再確認

テレビやパソコン等を見る際、目線が高く上向きになってしまうと、目が乾きやすく首も疲れやすくなります。

あごを突き出さないでも見られるように、少し下向きの目線になるような位置にあるかを確認しましょう。

●こまめに休憩しよう

見続けると、つい肩に力が入ってしまったり、目も疲れてしまいます。

こまめに休憩を取り、目は休め、肩は回したりなどのストレッチを行う習慣をつけましょう。

レーシックを受けたら終わりではありません。

これらを気をつければ、肩こりが減るだけでなく、目にも優しい為、レーシックを受けた後も疲れ目知らずで視力の低下も心配ありませんよ。

このページのトップへ↑

レーシックは近視と乱視で料金が違う?

レーシックには使用する機器や手術方法により料金も変わってきます。

ですが同じ術式なら、近視の人も乱視の人も、また視力の違いがあっても同じ料金なのでご安心下さい。

しかし、お友達と同じ術式を選んだとしても、料金に違いが出ることがあります。

安い料金で済ます為に、料金だけでなく下記についてもしっかり調べておきましょう。

●割引は見逃すな

各クリニックでは、利用しやすくなるようにと様々な割引制度を取り揃えています。

見逃すと損するので各クリニックのホームページなどをチェックしましょう。

当サイトの"大阪レーシック@人気ランキング!ページ"からなら、クリック1つで人気のクリニックのホームページへひとっ飛びできるので、是非ご利用下さい。

●支払い方により損することも

料金の支払方法により損得が出る場合もあります。

(一括払いの場合)

大阪で人気第1位の品川近視クリニック梅田院で一括払いで支払うなら、現金よりクレジットカードを利用するのがお得です。

現金を引き出したり持ち歩く手間もなく、無金利の上、お得なポイントもゲットできますからね。

人気第2位の神戸神奈川アイクリニック大阪で一括払いするなら、現金で支払いましょう。

現金で支払うと3,000円の割引特典が受けることができますよ。

(分割払いの場合)

分割払いなら、クレジットカードよりローンを選びましょう。

クレジットカードで分割払いをすると金利がかかってしまいます。

各クリニックでは多くの人が利用しやすいようにと、無金利ローンを用意している所もあるんですよ。

品川近視クリニック梅田院は最大36回まで、神戸神奈川アイクリニックなら3~12回払いなら金利手数料が無料となっていますので利用しないと損ですね。

●交通費もしっかりチェック

レーシックにかかるお金は手術料金だけではありません。

術式により通う回数も違うので、だいたいどれぐらいかかるかは知っておきましょう。

これらをしっかり調べて知ることで、お友達より安くレーシックを済ますこともできますよ。

このページのトップへ↑

レーシックの体験談や口コミは大阪のものをまずは参考に

レーシックを受けるのに不安という大阪の人も多いでしょう。

不安を解消するには、体験談や口コミを調べてみるといいですよ。

まずは、身近にレーシックを受けている人がいないかをチェックしてみましょう。

身近にレーシックを受けた人がいない場合は、ネットを検索してみるとたくさんの体験談や口コミを知ることができるでしょう。

ネットが普及し、たくさんの人がブログやツイッターや口コミサイトに自らが体験したレーシックについて投稿しています。

実は、レーシックを受ける人がどんどん増えているのは、これら体験談や口コミをたくさん見ることができるようになったのも一因と言えるでしょう。

周りに誰もレーシックを受けた人がいないと、どんな手術で、術後も大丈夫なのか不安は大きくなってしまいますからね。

しかし、ネットにより、手術のことや手術後のことも事前に詳しく知ることができ、たくさんの人がレーシックに満足しているのを知ることができるようになりました。

その為、大阪でもレーシックを受ける人は年々右肩上がりに増えているんですよ。

ただし、検索する際には、まずは大阪のクリニックでレーシックを受けた人の体験談や口コミをチェックしましょう。

大手クリニックは大阪だけでなく、東京など他にも数箇所あるところもあります。

同じクリニックであっても、在住する医師はそれぞれ違いますし、取り扱っている術式や手術可能な曜日なども違いがある場合もありますからね。

大阪で人気ランキング1位の品川近視クリニックのホームページでは、梅田院で手術を受けた人だけの体験談をチェックすることができますよ。

しかも術式ごとに分かれており、体験談と共に年齢や職業まで知ることができるんです。

また、分からない点があれば、梅田院の院長に直接メールを送ることも可能です。

ネットで検索すると、多くの情報がありすぎて、検索するにも手間と時間がかかってしまうこともありますから、これだと手っ取り早いですよ。

また、ネットの情報は全てが真実とは限りません。

なかには、レーシックを受けていない人もいるかもしれませんからね。

各クリニックのホームページは1つずつ検索する手間もなくたくさんの体験談を知ることができるので、一度是非見てみましょう。

ネットで検索するなら、レーシック・体験談というキーワードに、大阪・関西・梅田など地域も加えて絞り込んで検索すれば、大阪人に嬉しい情報を検索しやすくなるでしょう。

このページのトップへ↑

大阪でレーシック手術を受けるならスケジュール管理も大事

クリニック選びも完璧!と安心していてはダメですよ。

いくら大阪で人気が高く、納得したクリニックを選んだからと言って、満足いくかは分かりません。

レーシックは日帰りで手術可能なので安易に考えがちなのですが、スケジュールをしっかり管理しておかないと後々大変になる場合もあります。

まず通わなければならない日程についてここでもう一度確認しておきましょう。

・適応検査-1回(3時間~4時間ぐらい)

・手術-1回(2時間~3時間ぐらい)

・定期検診-3回~6回(1回につき1時間ぐらい)

このようにクリニックへは5回~8回ぐらい通う必要があります。

《スケジュール管理の為に知っておきたい注意点》

●適応検査には有効期限がある

適応検査は手術日が決まってなくても受けることが可能ですが、有効期限があるんですよ。

適応検査はただレーシックが受けられるかどうかだけでなく、実際に手術で使用するデータも計測していますからね。

大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニック梅田院の有効期限は3ヶ月となっています。

期限を過ぎたら、再度検査を受け直さなければならないことを知っておきましょう。

●術式によっては手術の曜日指定や左右の眼2回に分けることもある

通常のレーシックは1度に左右の眼の手術を行えますが、術式によっては片方ずつとなる場合もあります。

また、術式によっては手術する曜日が指定されていることもあるので注意しましょう。

●翌日検診は必須で日付変更不可

どのクリニックのどの術式でも手術の翌日の検診は必須になっており、日付変更もできません。

品川近視クリニック梅田院では、翌日検診が受けられないなら手術も受け付けてくれませんよ。

●定期検診が決められている所も

品川近視クリニック梅田院で人気ナンバー1のアマリスZレーシックを受けた場合、手術翌日以外に1週間後・1ヶ月後と検診に通います。

手術を受けた曜日が日曜なら、1週間後と1ヶ月後の日曜に検診に通うのが基本となります。

検診も予約制なので、忙しい人は早めに予約しておくといいですね。

レーシックは早く受けるに越したことはありませんが、無理して忙しい時期に受けては、術後の経過を悪くすることもあるかもしれません。

術後の経過が悪い場合は定期検診以外にも通わなければならないこともあるでしょう。

その為できるだけ術後は、スケジュールを空けておくなど、忙しくない時期を選ぶのも重要ですよ。

これらに注意して、スムーズにクリニックへ通えるように、ご自身でスケジュール管理をしっかり行いましょう。

そうすれば、大阪の人気のクリニックでさらに満足度の高い結果を望めるでしょう。

このページのトップへ↑

大阪で評判のレーシックを受けるなら説明会に参加してみて

大阪で評判が高いクリニックでレーシックを受ければ、誰もが必ず満足いくとは限りません。

同じ大阪でも人によっては遠く通いにくい場合もあるかもしれませんし、手術日の予定が合わない場合もあるかもしれません。

他にも、医師との相性なども個人差が出てくることもあるでしょう。

その為、評判だけですぐに決めず、説明会に参加するのがおすすめです。

ネットでレーシックについていろいろと検索でき知ることもできますが、やはり医師に直接聞くのが一番手っ取り早いですからね。

もちろん、レーシックをすぐにでも受けたい人は適応検査を受けるといいでしょう。

しかし、まだどうしようか悩んでいるというのであれば、説明会に行ってみましょう。

《説明会を受けるメリット》

●短時間で下準備もなし

適応検査になると、コンタクトの使用中止をしなければならなかったり、3~4時間かかってしまいますが、説明会はコンタクトを装着したままで可能な上、短時間の所がほとんどです。

大阪で評判の高い品川近視クリニックでも説明会がありますが、1回あたり1時間程度となっています。

品川近視クリニックでの説明会では下記のような内容となっています。

・レーシックの説明

・質疑応答コーナー

・レーシック経験者による体験談

・希望者には簡易検査や個別相談も

●事前にクリニック内を見ることも

説明会でクリニック内を見ることもできるのはうれしいですね。

ご自身でクリニックをしっかりチェックし、任せて安心かどうかも調べてみることができますよ。

●気軽に受けやすい

みなさんと同じくレーシックを受けたいと思っている人達と一緒に説明を受けるので、ご自身では気づかなかった疑問点なども判明します。

まだ手術するかどうかは決めてないという人も気軽に受けやすいんですよ。

●説明会を受けることで特典も!

説明会を受けた人限定の割引クーポンや軽食付きの説明会もあるんですよ。

品川近視クリニックも、参加者限定の特典もあるので受けて損はしないでしょう。

このように、説明会にはメリットがたくさんあり、さらにほとんどのクリニックでは説明会は無料となっていますが、予約制となっている点だけご注意下さい。

品川近視クリニックの説明会も無料ですが、定員数が決まっており予約制となっています。

スケジュールの確認や予約は品川近視クリニックの公式ホームページをチェックしてみましょう。

先着順な上、人気なので、みなさんの空いたスケジュールに合わせて早めに予約しましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックの後遺症に備えて保障が手厚いクリニックを選ぼう

レーシックは視力が上がるだけではなく、後遺症が起きてしまう場合もゼロではありません。

例えば、ドライアイが長期間に渡って続く人や、視力が思うように上がらなかったりまた元に戻ってしまう場合もあります。

低い確率ではありますが、大阪でレーシックを受けたみなさんがならないとも限りません。

その為にも保障の手厚いクリニックを選んでおくと安心ですよ。

レーシックを行うクリニックでは手術後に安心できるように保証制度を設けている所が多いんですよ。

保障が手厚くなる分手術費用が高くなる場合もあるかもしれません。

しかし、再手術となり、保障がなければ手術費用は倍になってしまっては高くついてしまいますよ。

大事な眼の一生のことを考えて、より保障の手厚いものを選んでおきましょう。

《保障のチェックポイント》

●長期保障だとさらに安心

それぞれの術式に合わせて保障期間は違いがあるでしょう。

術後、視力が戻ってしまうことはすぐとは限らず、数年経ってあるかもしれません。

その為、再手術の保障期間は長い方が安心なんですよ。

大阪ランキング1位の品川近視クリニック梅田院も2位の神戸神奈川アイクリニック大阪・梅田も再手術の保障は無期限となっています。

●薬代も保障されるか

後遺症によっては薬による治療が必要な場合もあるでしょう。

別途薬代が掛かってしまってはみなさんに負担がかかってしまいます。

品川近視クリニック梅田院では、最大15年間も目薬や内服薬などの薬代が無料となっています。

神戸神奈川アイクリニック大阪・梅田も1年間の薬代は無料で、花粉症など合併症以外の薬も出してくれますよ。

ただし、これらの保障は基本的には手術が原因による場合のみとなります。

レーシックを受けたからといって、眼を酷使したり、今まで通りの生活スタイルでは、また視力が下がってしまったり、ドライアイになったりもありえます。

つまり、いくら大阪で保障の手厚いクリニックを選んでも、視力が下がったり、眼病になることはあるので、術後はご自身でも気をつけるようにしましょうね。

このページのトップへ↑

関西にお住まいなら大阪でレーシックを受けるのがおすすめ

大阪にお住まいの人ならもちろん大阪でレーシックを受けるのがおすすめですが、その他関西にお住まいの方も大阪のクリニックも選択肢に含むべきです。

なぜなら関西の中でも、大阪が一番レーシックを受けられるクリニックが集まっているからなんですね。

当サイトのランキング上位のクリニックは、2位の神戸神奈川アイクリニックは関西には大阪以外に神戸にもありますが、その他は大阪のみとなっています。

また、京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県でそれぞれレーシックを受けるクリニックを探してみると大阪と比べてとても少ないのが分かるはずです。

大阪以外にお住まいの方は、周りでレーシックを受けた人を探してみましょう。

きっと大阪のクリニックで受けている人が多いのが分かるはずですよ。

周りにいない場合、ネットなどで検索してみても、地元のクリニックより大阪のクリニックの情報の方が多いでしょう。

レーシックのクリニックを選ぶ際、最も重要なのはやはり技術力ですよね。

また、情報量も多い方が、安心して受けることができますね。

いくら近くても実際にそこでレーシックを受けた人の情報がないままだとやっぱり不安です。

何より、レーシックは入院の必要がありません。

手術も数十分で手続きや検査などを含めても2~4時間で終わるでしょう。

その為、関西圏内であれば大阪まで通っても、交通にかかる時間も交通費の負担もそれほど大変ではないでしょう。

ただし、大阪以外から通うのであれば手術後の帰り方を考えておきましょう。

術後からすぐにはっきり視力が回復する人もいれば、だんだんと上がっていく人、上がったり下がったりなどを繰り返して安定していく人など様々です。

また、痛みも人それぞれで、痛くない人もいれば、ズキズキと痛みを感じる人、痛くはないが目がしょぼしょぼして開けにくい人など同じではありません。

こればかりは手術を受けてみないと分かりません。

最悪なのは、痛い上視力もまだぼんやりとしか見えない状態ですよね。

また、痛みもなくはっきり見える場合も、フラップがめくれたりしては大変なのでぶつからないように気をつけないといけません。

帰る際、ラッシュの時間帯を避けたり、遠方なら高速バスや新幹線など指定席を事前に確保できる交通手段を考えておくと安心ですよ。

定期検診や事前検査の時などは、より安く済む交通方法で十分ですので、少しでも交通費を抑えましょう。

そうすれば、大阪以外の人でも満足度の高いレーシックを受けやすくなるでしょう。

このページのトップへ↑

レーシックを受けたい尼崎市民は手術日もしっかりチェック

兵庫県になる尼崎市ですが、同県内である神戸市内より、大阪市内へ通う方が近いんです。

また、神戸市内より、大阪市内の方がレーシックのクリニックは多いので尼崎市民も大阪でレーシックを受ける方がおすすめなんですよ。

当サイトでも人気ナンバー2の神戸神奈川アイクリニックですが、大阪・梅田だけでなく、神戸・三宮にもあるのでそれそれに通う場合を例に比べてみましょう。

《JR電車での通い方を比較してみよう》

(大阪・梅田の場合)

尼崎駅~大阪駅(乗車区間1駅~2駅・乗車時間6分・片道170円)

大阪駅御堂筋口から徒歩7分

(神戸・三宮の場合)

尼崎駅~三ノ宮駅(乗車区間2駅~5駅・乗車時間14分~21分・片道380円)

三ノ宮駅西口から徒歩5分

こう見ると大阪・梅田に通った方が安く便利ですね。

クリニックへは適応検査・手術・術後の検診数回は通うこととなります。

5回通うとして、大阪・梅田を選べば2,100円も安く済みますよ。

もちろん、ここではJR電車の場合で比較していますので、バスを利用した方が便利という人や職場が三宮に近い場合などは変わってくるでしょう。

通う際、仕事帰りか休日かにより通いやすい方が変わってくることもあるので、いつ・どのように通うかも考えた上で比較するといいですよ。

まずは、例のようにどれぐらいの交通費と時間がかかるかをしっかり調べておくといいでしょう。

《手術日にも違いがある》

どちらのクリニックでも、経験豊富な医師が揃い、どちらで受けても優れた手術結果に満足できるでしょう。

手術費用もアフターサポートも違いはありません。

しかし、手術できる曜日には違いがあるんですよ。

(大阪・梅田の場合)

主に金曜日・土曜日、月2回程度日曜日と水曜日に手術可能(休診日は火曜日)

(神戸・三宮の場合)

主に土曜日、月3回程度日曜日、月2回程度金曜日と月曜日に手術可能(休診日は木曜日)

このように違いがあるので、しっかりチェックしみなさんが希望する日程に手術可能かどうかを確認しましょう。

手術日程は公式ホームページで2ヶ月分チェックすることができますよ。

予約制になっているので、『どうしてもこの日しかない!』という場合は、事前に問い合わせて空いているかを確認しておくといいですね。

このように同じクリニックでも違いがあるので、ただ近いからというだけでは選ばないようにしましょう。

ここでは、神戸神奈川アイクリニックの2つのクリニックについて比較してみましたが、他のクリニックと比較する際も、これらを事前に調べておくと手術を受ける際もスムーズですよ。

このページのトップへ↑

レーシックができた和泉市・吹田市は手術できるクリニックがゼロに

和泉市や吹田市にも当サイトで紹介しているようにレーシック手術を受けられる所がありました。

しかし、現在これらのクリニックを調べてみると、レーシック手術は行なっていないみたいです。

レーシックを受ける人々は年々増えているはずなのに、このようにレーシック手術を行わなくなるクリニックは実は増えています。

その原因の多くは、"最新の設備を整えられないから・・・"ということになります。

レーシック手術は日々進歩しています。

ところが機器は高額になるので、それなりに手術数をこなさないと最新設備を整えることはできません。

和泉市や吹田市のクリニックをみると、一般の眼科診療も扱っていました。

また、平日のみの診療となっていましたし、レーシック手術も1種類しか用意されていませんでした。

これらのことから、現在レーシック手術を行っていないのは、多くのレーシック患者を抱えらず、高額な機器や設備を整えることができなくなったのでは?と考えられるでしょう。

では、当サイトで人気の高いクリニックを見てみましょう。

上位にランク・インしたクリニック全ては主にレーシックを扱うクリニックとなっています。

医師・検査員・看護師とそれぞれがしっかり連携しているので、効率よく多くのレーシック患者を扱うことができます。

手術数が多くなれば、その分技術力も上がりますし、最新の機器にてレーシックを受けることもできるようになるんですね。

人気のクリニックをみるとみなさんそれぞれの目に合うように色々な術式が用意されているのも分かりますね。

レーシック手術を受けたクリニックが急にレーシックを辞めてしまったら、保証はどうなるんだろうと不安になってしまいますよね。

実際に受けた人の体験談すらほとんど見つからないので、保証がどうなっているかも分かりません。

レーシックは手術だけ受ければいいというわけではありません。

術後もしっかりと保証してくるクリニックで安心して手術を受けたいですよね。

当サイト人気第1位の品川近視クリニックは2004年からレーシックを行い、今までの手術数はなんと115万症例を超え、術後最長10年の保証があります。

第2位の神戸神奈川アイクリニックは1997年からレーシックを始め、手術数は44万症例以上で、術後は期間を心配すること無く保証してくれるんですよ。

これらのことからやはり、人気の高い多くの人に利用されているクリニックを選ぶことが大事です。

当ランキング上位のクリニックは梅田駅周辺にあり、和泉市・吹田市のどちらからでも気軽に通うことができるので是非検討してみてくださいね。

このページのトップへ↑

高槻市民は京都市より大阪市でレーシックを受けるのがおすすめ

大阪市と京都市の中心に位置する高槻市ですが、高槻市内にはレーシックを受けられるクリニックは残念ながらありません。

高槻市内には大阪医科大学附属病院があり眼科もありますが、レーシック手術は行っていません。

では、大阪市と京都市どちらで探すのがいいかというと、断然大阪市内で探す方がおすすめなんですよ。

《高槻市民必見!レーシック対決大阪VS京都》

(通い方)乗車時間は若干京都が有利だが安さでは大阪の勝ち

●大阪の場合

高槻駅~大阪駅(乗車時間15分~24分・片道250円)

●京都の場合

高槻駅~京都駅(乗車時間12分~21分・片道380円)

当サイトの大阪で人気のクリニックは大阪駅周辺に多いので大阪駅を例に挙げてみました。

乗車時間では京都の方が勝ちですが、運賃では大阪の方が安く済みます。

たったの、130円の差ですが、最低でも5回は通うので1,300円もの差は大きいですね。

大阪・京都のどちらに通う場合も、快速線を選ぶと乗車時間を短縮できるので是非うまく利用しましょう。

(クリニック数)倍ある大阪の勝ち

調べて見ると、京都では6ヶ所、大阪では12ヶ所で倍の数のクリニックがある大阪の圧勝です。

(症例数)大阪の勝ち

京都のクリニックを調べましたが、症例数を提示しているクリニックは少なくはっきりとは分かりませんでした。

大阪は、当サイトで人気1位の品川近視クリニックと2位の神戸神奈川アイクリニックを合わせただけでも、なんと159万症例を超しているんですよ。

京都のクリニックでレーシックを受けた人の体験談なども少ない為、大阪より多いとは言えないでしょう。

(適応検査費用)無料で受けられる大阪の勝ち

京都のクリニックを調べてみると、適応検査費用は有料で金額は2,400円~5,000円ぐらいという所がほとんどでした。

一方大阪のクリニックは無料で受けられる所が多いんですよ。

大阪で人気ランキング上位のクリニックは全て無料で適応検査を受けることができます。

有料だと他でも適応検査を受けようと思うと負担が大きくなりますよね。

また検査を受けたはいいが、レーシックが受けられなかったでは損してしまいます。

これらを比べただけでも高槻市民には京都ではなく大阪でクリニックを探す方がおすすめだということが分かっていただけるでしょう。

それでも悩むという場合も、まずは適応検査費用が無料の大阪のクリニックにて適応検査を受けてみると損はないはずですよ。

このページのトップへ↑

枚方市民はレーシックの時期も考慮しひらかたパークを満喫しよう

枚方市と言えばひらかたパークが有名ですよね。

遊園地でもあり、夏にはプールと1年中何度行っても楽しめます。

その為、枚方市民の中には年間パスポートでお得に遊んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、レーシックを受けた後は注意しなければなりません。

《術後1ヶ月はプールもジェットコースターも我慢しよう》

まずプールは手術後1ヶ月は入ることができません。

プール以外にも、激流を下る"トロールパニックパチャンガ"や、ウォーターライド急流すべりの"絶叫の滝バッシュ"などは水が目に入る恐れがあるので、これも避けましょう。

ジェットコースターも1ヶ月は我慢しましょう。

術後は涙の分泌が不安定で目が乾きやすくなってしまいます。

風が目に当たるとさらに乾きやすく、目が霞んでしまうこともあるんですよ。

また、ゴミなど目に入ってしまっても術後はよくありませんよね。

振動や衝撃などもできる限り避けたいので、激しいアトラクションは1ヶ月は控えておきましょう。

しかし、ほのぼの系の乗り物もたくさんありますし、お子さんの付き添いなどなら術後1週間も経てば出かけても大丈夫でしょう。

《サングラスや保護メガネ&帽子スタイルがおすすめ》

その際は、サングラスもしくは、保護メガネ&帽子スタイルがおすすめです。

野外で過ごすことが多くなりますが、紫外線は目によくありません。

術後は特に避けたい所なので、UVカットグラスのサングラスやメガネで防ぎましょう。

また、保護メガネなら、隙間もないので、ゴミが目に入る心配もありませんよ。

術後すぐに視力が戻り、何も問題ないからと無理をしないようにしましょうね。

入院がないからと軽く考えていては、術後の経過が悪く長引いてしまったり、最悪視力が思ったほど上がらないなんてことにもなりかねません。

もうコンタクトやメガネが外れる不安もなく、はっきりと見える視界で絶叫マシンやプールが楽しめちゃいますので、少しの間我慢しましょうね。

このページのトップへ↑

東大阪市出身の松井稼頭央選手もレーシックを受けていた!

東北楽天ゴールデンイーグルスのキャプテンとして日本一へと導いた松井稼頭央選手ですが、実は東大阪市出身なんですよ。

メジャーも経験済みの松井選手ですが、コンタクトやメガネでのプレーが難しく成績も一時期下ってしまうこともありました。

2006年のオフの間にレーシックを受けてからは、今の活躍は誰もが知ることでしょう。

大阪出身でレーシックを受けた有名人はたくさんいます。

スポーツ界からは空手家の角田信朗さん、お笑い芸人ではフットボールアワーの後藤輝基さん、ジャルジャルの後藤淳平さんなど活躍している人はたくさんいますよ。

有名人でなくても各クリニックのホームページの体験談コーナーやブログなどで、レーシックについて簡単に体験談は見ることはできるでしょう。

実際に、手術の様子なども分かり、不安が解消したという人は多いんですよ。

特に不安なのは、術後についてではないでしょうか。

一般人の体験談の場合、術後までしっかり分かるものは少ないんですよ。

しかし、有名人なら、今の活躍を知ることができますよね。

これだけ活躍している人達がいるんですから、不安がらずに勇気を出してまずは適応検査を受けてみることから始めてみましょう。

もちろん、手術なのでリスクがあることもしっかり理解しておきましょう。

分かっていないまま手術をしてはいけません。

不安や分からない点は医師に聞いて必ず納得した上で手術を決めましょう。

当サイトでは大阪でレーシックを受ける人にとって、得する情報ばかりを集めています。

ここを一読すれば、レーシックの基本情報はもちろん、さらに満足できるクリニック選びができるはずですよ。

今、メガネやコンタクトでの矯正が不自由で、やりたいことを我慢していたり、思うように力が発揮できないようであれば、ぜひレーシックを受けてみるべきです。

レーシックを受けることで、今度はあなたが大阪出身の有名人になれるかもしれませんよ。

当サイト上位のクリニックなら適応検査料も無料なので、早速予約してみましょう。

このページのトップへ↑

空港が近い豊中市民も東京より大阪でのレーシックがおすすめ

残念ながら豊中市にはレーシックを受けられるクリニックを探すことができませんでした。

つまり、豊中市民は市外で探すしかありません。

大阪国際空港(伊丹空港)があり、新大阪駅へも30分もかからずに行くことができるので『東京で受けた方がいいかも・・・』と思う人もいるでしょう。

《当ランキング上位のクリニックなら東京も大阪も違いはない》

東京の方が大阪よりもレーシックを受けられるクリニック数は多くなります。

また、レーシックを受ける人も多いでしょう。

しかし、当ランキングの上位3つのクリニックは大阪だけでなく東京にもあります。

それぞれで使用している機器も同じですし、手術費用も変わらず、スタッフも同じ研修を受けているので大阪と東京では変わりません。

違いを挙げると、1位の品川近視クリニックでは一部の術式が大阪では受けられないぐらいで、2位の神戸神奈川アイクリニックでは手術可能な曜日に違いがあるぐらいです。

それ以外でわざわざ東京へ通うとなると、交通費が高くついてしまうことになってしまうんですよ。

レーシックは手術だけでなく、その後も数回の定期検診に通わなければなりませんからね。

大阪-東京間の格安の航空チケットが片道8,000円だとしても、4往復で64,000円にもなってしまいます。

新幹線だともっと高くなってしまうでしょう。

上位3つのクリニックであれば、高い交通費はもちろん、わざわざ時間をかけていく必要なく、大阪でも同じく満足いくレーシックを受けることができるでしょう。

豊中駅から品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックがある大阪駅までは片道最短19分で通うことができますよ。

《手術は東京で術後は地元大阪という手も》

それでもどうしても希望する医師に手術をしてもらいたい為に、東京へ通いたいという場合もあるかもしれません。

その場合は手術のみ東京で受け、定期検診は地元の大阪で受けるといいでしょう。

ただし、術後の翌日の検診だけは手術を受けたクリニックのみという所が多いので、手術の際は東京に1泊すれば交通費も通院の負担も減らすことができますよ。

またスムーズに通えるように、事前にしっかり相談しておく方がいいですね。

このページのトップへ↑

阪南市からレーシックに通うなら車より電車を利用しよう

大阪府の中でも最も南に位置する阪南市にも残念ながらレーシック手術を行っているクリニックはありません。

阪南市なら大阪市より和歌山市の方が近いのですが、和歌山県内にもレーシックを行っているクリニックはありませんでした。

レーシックを受けたい阪南市民は、当サイトの人気ランキングを参考にクリニック選びをするといいでしょう。

《通うなら車より電車が便利で安く済む》

まずは電車で通う場合を見てみましょう。

(品川近視クリニックの場合)

尾崎駅-新今宮駅-福島駅(片道840円・52分)-徒歩5分

南海特急サザンとJR紀州路快速を乗り継がなければなりません。

(神戸神奈川アイクリニック・SBC新宿近視クリニックの場合)

尾崎駅-新今宮駅-大阪駅(片道840円・50分)-徒歩5分

和泉鳥取駅から通う場合は、3つのクリニックともに電車は同じになり乗り換えなく便利です。

和泉鳥取駅-大阪駅(片道890円・1時間10分)

ただし、品川近視クリニックは大阪駅からは徒歩12分とちょっと長くなってしまいます。

遠いので車で通いたいという人もいるでしょう。

泉南IC-梅田IC(片道1,250~1,400円・54分)になり、時間はあまり変わりません。

ただし、高速道路代以外に、駐車場を完備しているクリニックはほとんどないので、駐車場代とガソリン代もかかって割高になってしまうでしょう。

さらに、適応検査日・手術当日は車をご自身で運転してはいけません。

ご自身で通えるのは術後、視力が安定してからとなります。

このようなことから、阪南市から通うのであれば電車を利用して通いましょう。

《手術当日は付き添いがあると安心》

手術の帰りは見えにくかったり、痛みやしみて目が開けづらい場合もあります。

片道1時間かかってしまうので、付き添いがあると安心ですね。

もし、手術当日にご家族や友人などに付き添ってもらえるなら、車を利用した方が安く済むこともあるでしょう。

その際は事前にクリニックに手術にかかる時間を聞いておくといいですよ。

付き添いがない場合は、できるだけ乗り換えが少なく、ラッシュを避けた電車を前もって調べておくと帰りも安心ですね。

このページのトップへ↑

生駒市民も奈良の大学病院より大阪でのレーシックがおすすめ

奈良県の北西部に位置する生駒市ですが、奈良市のみならず大阪市のベットタウンとしても知られています。

生駒市は距離的には奈良市よりも大阪市の方が近いんですよ。

そして、レーシックを受けられるクリニックを探した場合も奈良より大阪の方が多くなっています。

《奈良では大学病院にてレーシック手術できるものの詳細が不明・・・》

奈良には奈良県立医科大学眼科でもレーシックが受けられるようです。

しかし、ホームページを見てもどのような術式を扱い、手術費用はいくらかなどの詳細は全く分かりませんでした。

また、実際に奈良県立医科大学眼科にてレーシックを受けた人の体験談も検索してみましたが、こちらも見つかりませんでした。

通常、大学病院でのレーシックの手術費用は高額になります。

また、手術や検査が受けられる時間も平日の午前中だけなどと、短い時間となっていることが多く受けにくいんですよ。

それに比べると大阪のクリニックにてレーシックを受けた人の体験談はたくさん知ることができます。

《通う場合も比較してみると》

実際に生駒市から通う場合も比較してみましょう。

(奈良県立医科大学眼科に通う場合)

生駒駅-八木西口駅(片道31分・480円)

(品川近視クリニック梅田院に通う場合)

生駒駅-大阪駅(片道31分・510円)

片道30円ほど大阪に通う場合の方が高くなってしまうぐらいでほとんど変わりありません。

このようなことから、同じ奈良県内よりも大阪まで通う人の方が多いんですよ。

特に仕事や学校は大阪という場合なら、定期券などもあり交通費を抑えることも可能ですし、定期検診なども会社帰りや学校帰りを利用して通いやすくなるでしょう。

《遠方割引の対象にはならない》

ただし、当サイトで人気第1位の品川近視クリニックも第2位の神戸神奈川アイクリニックも生駒市は県外とはなるものの、遠方割引の対象にはなっていません。

適応検査・手術・適応検査後の定期検診を3回として、手術費用以外に大阪のクリニックへ往復1,020円x5回の5,100円ぐらいの交通費がかかることも知っておきましょう。

このページのトップへ↑

PM2.5が高い大阪市民は早めのレーシック手術がおすすめ

レーシックを受ける受けないの心配される際、花粉だけではなくPM2.5についても考えなければなりません。

微小粒子状物質であるPM2.5は、主に工場の煙や車の排気ガス、そしてタバコの煙なども原因となるんですよ。

環境基準値は35マイクログラムとなっており、最も多い2013年の3月でも大阪市は25マイクログラムとなっています。

しかし、大阪府の中でも大阪市はPM2.5の値が高い事が多くなっているんですよ。

環境基準値以下ではありますが、決して少なくはないので、しっかり対策を取らなくてはいけません。

《目に入ることで花粉症が悪化することも》

PM2.5は喉が痛くなったり、鼻炎や気管支炎などがひどくなるだけではありません。

目に入ると、涙が止まらなくなったり、充血やかゆみ、目のかすみなども生じます。

そして、花粉症の方はPM2.5により花粉症を悪化させてしまうこともあるんですよ。

花粉症でレーシックを受けられないことはありませんが、かゆみにより目をかいて傷つけてしまい手術を見送ることにもなりかねません。

それどころか、コンタクトも使用できなくなるなんてこともあるので、早いうちにレーシックを受けておくのがおすすめです。

《レーシック手術直後もしっかり対策しよう》

レーシック直後は、顔を洗えないなど目に水も入れてはならない状態です。

それでなくてもPM2.5は目では見えず、室内でも服などに付いて侵入してしまいます。

一番の対策は、隙間のない花粉対策メガネを利用することです。

これなら、目にPM2.5が入って術後の経過を遅らせてしまったり、悪化させることなどもないでしょう。

ただし、しっかり目にフィットしている必要があります。

隙間があれば、そこから侵入して意味がないので、購入前に必ず試着してから購入しましょうね。

さらに、PM2.5対策に空気清浄機があれば、室内も安心してメガネを外すことができますよ。

手術を受ける前からしっかり気をつけ、術後も問題なく回復できるようにしておきましょうね。

このページのトップへ↑

岸和田市民はレーシック手術でだんじり祭をより快適に楽しもう

大阪・岸和田市と言えばやっぱりだんじり祭ですよね。

毎年9月にある300年もの歴史のあるお祭りですが、岸和田市民以外も参加することができるんですよ。

と言っても、2日間でフルマラソン並の距離を走るのだからすごい体力が必要ですよね。

また、やりまわしなど見応えはあるけど、やってる方は怪我なく注意が必要です。

眼鏡で参加した際、ぶつかるなどを考えるとちょっと危ないですよね。

また、朝6時ぐらいから夜22時まで続いてしまうので、コンタクトの1日の使用時間を過ぎてしまい目によくありません。

無理して使用することで、目が乾きやすくなったり見えにくくなったりなどではお祭りをしっかり楽しむことはできませんよ。

今後もずっと参加していくのであれば、レーシックを受けてみてはいかがですか?

《最新のレーシックなら夜間もはっきり見える》

実は、レーシックを受けた場合、今までは夜間の光がまぶしく見えてしまうなどのデメリットもありました。

でも最新のレーシックでは、夜間の光もはっきり見えるので、綺麗な灯入れ曳行もしっかり楽しむことができますよ。

《日帰り手術だが早めに受けておこう》

レーシックの手術は日帰りで入院する必要はありません。

しかし、術後1ヶ月は激しい運動などもできないので、8月までに手術を受ける必要があります。

また、視力が安定するまでに3ヶ月ぐらいかかったという人もいますし、だんじり祭前に体力づくりなどを行う必要もあるでしょう。

その為、冬や春の早くからレーシックを受けておくといいですね。

だんじり祭りは岸和田市だけでなく、和泉市・忠岡町・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町などでも行われているでしょう。

それぞれ参加したい地域のだんじり祭りの日程をしっかり把握し、間に合うようなら早めにレーシックを受けましょう。

間に合わないようなら焦らずお祭りが終わった後、来年に向けて手術日を決めていきましょう。

レーシック後のはっきりした視力により、今までとは違うだんじり祭が楽しめるはずですよ。

このページのトップへ↑

レーシック希望の神戸市民も当サイトのランキングを参考に

当サイトは"大阪人による大阪人の為のレーシック比較ランキング"となっていますが、ぜひ神戸市民のみなさんにも参考にしていただきたいんですよ。

品川近視クリニックは大阪だけで人気が高いだけでなく、関西圏にてトップクラスの症例数と実績のあるクリニックなんですよ。

神戸市内にもレーシックが受けられるクリニックはありますが、大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニックは残念ながらありません。

しかし、三ノ宮駅から品川近視クリニック梅田院がある大阪駅まで、新快速線なら片道20分しかかかりませんので、通うことも十分可能です。

ただし神戸から大阪まで通う場合の注意点を挙げてみました。

《神戸市内から大阪の人気クリニックへ通う場合の注意点》

●運賃の安さと乗車時間の短さをうまく利用しよう

例えば三宮から品川近視クリニック梅田院へ通う場合は主に2通りあります。

(JR線を利用する場合)三ノ宮駅-大阪駅(片道最短20分・運賃390円)

(阪急線を利用の場合)神戸三宮駅-梅田駅(最短27分・運賃310円)

運賃の安さでいえば、阪急線の方が安く済みます。

片道でいうと、たったの80円ですが、適応検査・手術・術後の定期検診を合わせると、最低でも5回はクリニックへと通うようになり、800円もの差が出るんですよ。

少しでも節約したいのであれば、阪急線を利用しましょう。

しかし、乗車時間が短く済むのはJR線になります。

手術後は痛みや見えにくいなどの場合もあり、少しでも早く帰りたい時にはJR線を利用するなどうまく使い分けるようにするといいでしょう。

●神戸神奈川アイクリニックは手術予定日をチェックしてみよう

大阪で人気第2位の神戸神奈川アイクリニックは、大阪の梅田院だけでなく神戸にも三宮院があるんですよ。

神戸神奈川アイクリニックでは厳しく徹底された研修制度が行われているので、梅田院も三宮院のどちらでレーシックを受けても違いはありません。

また、手術費用や保障内容なども変わりませんので、より安く済ませるには三宮院を選んだ方がいいですね。

ただし、休診日は三宮院は木曜日、梅田院は火曜日と同じではありません。

さらには手術が可能な日も異なりますので、みなさんのスケジュールに合わせて手術や検査など受けやすいかどうかもしっかりチェックして選びましょう。

これらに注意して神戸市民のみなさんも、ぜひ大阪で人気のクリニックで適応検査をまずは受けてみるのがおすすめですよ。

このページのトップへ↑

和歌山市民は人気レーシッククリニックでは交通費補助がある

和歌山市内にもレーシックを受けられるクリニックはあります。

しかし、和歌山から大阪まで通いレーシックを受けている人はとても多いんですよ。

なぜなら、より実績のある、多くの人に支持されている所で手術を受けたいという理由からです。

和歌山市にあるクリニックで実際にレーシックを受けた人を探してみても、ほとんど情報はありませんが、大阪で人気の高いクリニックはたくさんの体験談をみつけることができました。

いくら近くても何も情報がない所よりも、事前にたくさん知ることができるクリニックの方が安心ですよね。

もちろん、同じ和歌山市内にあるクリニックの方が交通費が安く済むでしょう。

しかし、これから先のことを考えれば、交通費よりも、より安全かつ安心して手術を任せられるクリニックを選ぶべきですよ。

《和歌山市民は大阪で人気の高いクリニックなら交通費補助制度を受けられる》

大阪で人気第1位の品川近視クリニック梅田院も、人気第2位の神戸神奈川アイクリニック梅田院も交通費補助制度を設けているので、和歌山市民は受けることが可能なんですよ。

ただし、クリニックにより規定は異なります。

(品川近視クリニックの場合)

交通費最大1万円の補助が受けられます。

ただし、電車・バスなど公共の交通機関を利用した場合のみ適用されます。

車の高速代やガソリン代、タクシー代は対象外となりますのでご注意下さい。

(神戸神奈川アイクリニックの場合)

和歌山県にお住まいであれば、公共機関でも車でも、交通費1万円のサポートがあります。

●領収書を必ずもらおう

品川近視クリニックは領収書がないともらえるはずの交通費がもらえませんよ。

乗車券は窓口を利用して購入し、必ず領収書をもらいましょう。

●現住所が確認できるものを持参しよう

免許証や保険証などで現住所を確認しますが、引っ越したばかりなどでまだ住所変更してないようならすぐに変更しておきましょう。

●交通費補助が受けられる術式かも確認しておこう

術式によっては交通費補助が受けられない場合もあります。

各クリニックのホームページをしっかりチェックし、予約時にも確認しておくと安心ですね。

和歌山から大阪まで通う場合は、しっかり交通費補助制度を利用して、少しでも負担を軽くしましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックで貝塚市民も海・スポーツ・温泉がもっと楽しめる

大阪府の南西部に位置する貝塚市ですが、眼科はあるものの、レーシックが受けられるクリニックは1つもありませんでした。

隣接する岸和田市にもレーシックを行うクリニックはありません。

貝塚市から少し遠くはなりますが、やはりここは大阪で人気の高いクリニックでレーシックを探しましょう。

大阪で人気の高い品川近視クリニック梅田院も神戸神奈川アイクリニックも大阪駅周辺にあります。

貝塚市から安くて早い通い方を調べてみました。

●貝塚駅からのおすすめの通い方

貝塚駅-新今宮駅-大阪駅(片道710円)

南海線区間急行とJR大和路快速を利用すれば片道50分ぐらいで通うことができますよ。

●東貝塚駅からのおすすめの通い方

東貝塚駅-東岸和田駅-大阪駅(片道620円)

JR阪和線区間快速とJR関空快速を利用すればこちらも片道50分で通えますよ。

《海水浴・スポーツ・温泉は注意が必要》

昔は海塚の字が使われていた貝塚市には、白い砂浜と松林が綺麗な二色の浜という海水浴場が有名ですね。

しかし、レーシックの術後1ヶ月は泳ぐことはできません。

海には入らずビーチにいるだけという場合も、紫外線は術後の目にはよくありませんので、帽子とサングラスでしっかり紫外線対策を行いましょう。

4月から6月には潮干狩りもできますが、目に水や砂が入っては大変なので、防護メガネをしておくと安心ですよ。

そして、二色の浜海水浴の隣には二色の浜公園が隣接されています。

テニスや野球、グランドゴルフなども楽しめますが、激しい運動は回復を遅らせてしまいますし、球技はボールが目に当たっては大変なのでこちらも1ヶ月は我慢しましょう。

また海水浴場の近くには天然温泉の虹の湯があります。

温泉も海で泳ぐのと同じく術後1ヶ月は控えないといけません。

このように貝塚市にはたくさんのレジャーがありますが、レーシック術後は少し我慢しましょうね。

どうしても楽しみたい場合は、夏が終わってからレーシックを受けたり、冬や春のうちに手術を済ませておくなど、しっかり計画を立てておくようにしましょう。

このページのトップへ↑

大津市民が人気のクリニックでお得にレーシックを受ける方法

滋賀県の南西にある大津市ですが、オルソケラトロジーを受けられる眼科があります。

オルソケラトロジーとは、夜寝ている間に特殊な形のハードコンタクトレンズを付けることにより、角膜の形を矯正し、近視を治す治療法になります。

手術を受ける必要がないメリットはありますが、慣れるまでに時間がかかるなど即効性がなく、夜間になると視力が落ちて見えにくくなることなどのデメリットもあります。

もちろん、コンタクトと同様、角膜炎などのリスクもありますし、レンズ代は自由診療になる為、かなり高額でレーシックより高くなってしまうこともあるんです。

また、軽度~中度の近視のみの矯正しかできませんので、やはり、関西でもより多くのレーシックを受けられるクリニックが集まっている大阪で探すのがおすすめとなります。

《大津市から人気のクリニックへの通い方をチェックしてみよう》

まず、人気ナンバー1の品川近視クリニック梅田院へ通う場合を調べてみました。

品川近視クリニック梅田院は大阪駅の桜橋口から徒歩12分ぐらいとなっています。

大津駅-大阪駅(片道950円・新快速なら39分)

通常の快速を選ぶと、乗車時間が51分と長くなってしまうので、時刻表をチェックして利用しましょうね。

《片道220円安くする方法で交通費を節約しよう》

大津駅から大阪駅と同じ乗車区間でも切符の買い方を変えるだけで、片道220円も安くなっちゃうんですよ。

それは、切符はみどりの窓口を利用して購入することです。

買い方は、"大津駅から京都駅"(190円)と"京都駅から大阪駅"(540円)までと分けて購入するだけです。

切符を分けたからといって、別に乗り換える必要はありませんよ。

ただし、乗り越し精算すると片道950円と通常と変わらない料金になってしまいますので、必ずみどりの窓口にて購入してくださいね。

220円ぐらい・・・とバカにしてはいけません。

クリニックへは、適応検査・手術・翌日検診・数回の定期健診と最低でも5回は通うようになってしまいます。

そうなると、このひと手間だけで2,200円も安くなるんですよ。

レーシックは手術費用で選んではいけませんが、安く抑えられる交通費は少しでも抑えたいところです。

この節約術を是非利用して、少しでも安くレーシック手術を受けるようにしましょうね。

大阪で人気第2位の神戸神奈川アイクリニック梅田院も大阪駅の御堂筋口から徒歩7分となっていますのでこの交通費節約術が利用できますよ。

このページのトップへ↑

岡山市民が大阪で人気のクリニックでレーシックを受ける訳

岡山市内にもレーシック手術を受けられる眼科やクリニックは数カ所ありました。

しかし、それでも大阪の人気クリニックを選んでレーシックを受けたという岡山市民はとても多いんですよ。

その理由はずばり実績の高さから大阪で人気のクリニックを選ぶ人が多くなっています。

大切な目の手術ですから、ただ近いからという理由ではなく、より多くの人に選ばれる実績の高いクリニックを選ぶ人はやはり多くなってしまいます。

《岡山から大阪の人気クリニックへの通うならバスが安くてお得》

早速ですが、岡山から大阪で人気のクリニックへ通う場合を調べてみました。

大阪で人気の高い品川近視クリニック梅田院も神戸神奈川アイクリニック梅田院も大阪駅周辺にあります。

(新幹線の場合)

岡山駅-新大阪駅-大阪駅(片道59分・5,350円)

(高速バスの場合)

岡山駅-大阪駅(片道3時間10分ぐらい・3,060円)

バスは新幹線と比べると乗車時間はかかってしまいますが、安くて乗り換え要らずとなっています。

往復なら2,805円、ネットを利用して乗車の3日前までに購入するだけのWeb早割3なら2,600円とさらに安くなります。

また、バス停は岡山駅だけでなく、岡山大学筋・岡山インターも選べ利用しやすくなる人もいるでしょう。

1時間に1本以上出ていますので、利用には不便はないでしょう。

ただし、ラッシュの時間帯によっては乗車時間が長くなってしまうこともあります。

予約時間に遅れないように、早めに到着するバスを利用するようにしましょうね。

品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックもどちらも岡山から通えば、交通費の一部を負担してくれます。

神戸神奈川アイクリニックでは、遠方割引として1万円サポートしてくれるので現住所が確認できる証明証を持参しましょう。

品川近視クリニックは、交通費補助制度として最大1万円サポートしてくれるので、現住所が確認できるものと交通費の領収書を必ず持参してくださいね。

《手術日はホテルで1泊するのがおすすめ》

手術は日帰りとなりますが、翌日の検診もあるので、1泊する方がおすすめです。

術後はゆっくり安静にするのが一番ですからね。

品川近視クリニックでは提携ホテルがあり、往復交通費より安く宿泊することもできますよ。

このように、岡山から通う場合は交通費の負担が大きくなってしまいますが、事前にバスを予約しておけば、少しでも抑えて安く済ますことができるので、しっかりスケジュール管理も行いましょうね。

このページのトップへ↑

人気レーシッククリニックに通いやすい福島区民も通い方を考えて

大阪で人気第1位の品川近視クリニック梅田院は、住所は大阪市北区梅田になるものの、最も近いのはJR環状線の福島駅になり、徒歩5分の位置にあります。

福島区民の中には歩いて通えるという人も多いのではないでしょうか?

そして、大阪で人気第2位の神戸神奈川アイクリニック梅田院も大阪市北区小松原町にあり、阪急梅田駅から徒歩5分の位置にあります。

こちらも、福島区民なら、歩いたり自転車やバイクで通いやすいでしょう。

《適応検査日と手術日は帰り方も考えておこう》

ただし、いくら近くても帰宅方法はしっかり考えておくようにしましょう。

まず、適応検査の日ですが、検査では瞳孔を開く為の薬を使用します。

その効果は数時間あり、帰りに光がいつもよりまぶしく感じてしまうこともあるんですよ。

その為、適応検査日は自転車やバイクで来院するのは避けましょう。

仕事や学校帰りの場合でどうしても利用する場合も、安全を一番に考えて置いて帰るか押しながら帰るようにしましょうね。

手術日も、自転車やバイクでの来院はやめましょう。

術後すぐに視力が上がる場合もありますが、手術を受けてみなければ分かりません。

また、はっきり見えても痛くて目が開けられないなんて場合もあります。

歩くよりは電車の方がいいという場合もラッシュ時は人が多くぶつかったりなど危険があるので気をつけましょう。

徒歩や電車で帰れる距離でも、タクシーで帰宅する方が楽で安全面も高くなるので、利用するようにしましょうね。

翌日の検診時には痛みもおさまり、視力も回復しているといる場合も、保護メガネだけでなく、日傘や帽子などで、紫外線をしっかり防止するように気をつけましょう。

また、はっきり見える場合も、翌日検診時はまだ自転車やバイクは利用しないでおきましょう。

無理をして事故やケガなどしてしまわないように、福島区民の方も近いからと安心せずに、通い方にはしっかりと注意してスムーズにクリニックへ通ってくださいね。

このページのトップへ↑

八尾市からもレーシックを受けやすい人気クリニックがおすすめ

八尾市内にもレーシックが受けられるクリニックはあります。

しかし、八尾市内からも大阪で人気のクリニックに通っている人は多いんです。

それはクリニックを比べてみると分かります。

ここでは分かりやすく大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニック梅田院と比較してみましょう。

《八尾市のクリニックより大阪で人気のクリニックを選ぶ人が多い理由とは》

●手術日が選べない・・・

八尾市のクリニックでは、レーシックを受ける手術日は木曜日の午後と決まっています。

翌日検診は金曜日、その次の検診日は翌週の火曜日と平日になってしまいます。

休日に手術を受けようと思っている人も仕事や学校を休んで手術を受けなければなりません。

それに比べて品川近視クリニックなら土日祝日でも手術を受けることが可能です。

土日がお休みの人なら、土曜に手術を受けて日曜に翌日検診、そして、1週間後の土曜に定期検診と、休みを使ってレーシックを受けることができますよ。

●手術数は1種類のみ・・・

八尾市のクリニックではレーシックの術式は1種類のみとなっています。

しかし、品川近視クリニックでは、レーシックだけで6種類、フェイキックIOLやエピレーシックなども含めると、16種類から選ぶことができます。

これにより、より希望やみなさんの目にあった手術を選択することができますよ。

●クレジットカードは利用できるが・・・

八尾市のクリニックもクレジットカードは使用できますが、分割払いとリボ払いが利用できるのはJCBカードのみとなってしまいます。

一方、品川近視クリニックではクレジットカードだけでなく、ローンを組むことも可能です。

しかも、最長36回まで、金利は品川近視クリニックが負担してくれるんですよ。

これなら、月々の負担も少なく、そして金利がかからない分お得にレーシックを受けることができますね。

通う距離は長くなってしまいますが、八尾市内から品川近視クリニック梅田院までは30分ぐらいで通うことができますからね。

これらのことから、八尾市から通ってでも人気の高いクリニックでレーシックを受ける人が多いんです。

レーシックをよりよく受ける為にも、ただ近いだけで選ばず、しっかりチェックして比べてみましょうね。

このページのトップへ↑

大阪でレーシックを安くお得に受ける方法

ここでは、誰よりも大阪でレーシックを安くお得に受ける方法を伝授していきましょう。

《レーシックを安くお得に受ける方法》

●割引制度を活用しよう

クリニックによって様々な割引制度が用意されています。

遠方からの場合の交通費を一部負担してくれたり、友達と一緒に手術を申し込むだけで割引になるもの等様々です。

知らないでいると同じ術式でも他の人よりも損してしまいますよ。

また、割引は手術を受けた後もお得になるものもあります。

大阪で人気2位の神戸品川近視クリニックではブログやツイッターで感想を書くだけで返金されたり、3位のSBC新宿近視クリニックでは余った使い捨てコンタクトを下取りしてくれるサービスもあります。

それぞれのクリニックごとに異なる割引制度をしっかり調べて把握し、損することなく活用しましょう。

●適応検査が無料のクリニックを選ぼう

適応検査も手術同様、健康保険は適用されませんので、有料になると5,000円以上かかる場合もあります。

お金を払って検査を受けたものの、手術が受けられないとなるともったいないですよね。

大阪人気レーシックランキング上位3つのクリニックなら全て無料で適応検査が受けられますので、負担なくお得ですね。

●クレジットカードやローンでポイントがもらえることも

手術費用の支払いをクレジットカード払いにすれば、使用するカードによってはポイントを貯めることもできますね。

1回払いなら、金利手数料もかかりません。

他にも、大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニック梅田院の場合、ローンを利用すれば、Tポイントを貯めることも可能な上、無金利で金利の負担もありませんよ。

●加入の保険があれば給付が受けられるかチェック

ご加入中の保険があれば、レーシックを受けることで給付金を受けることができるか確認しておきましょう。

●とにかく早く手術をした分お得に

手術は早ければ早いほどコンタクトやメガネを買う必要もなくお得になります。

期間限定の割引やモニターなどもありますので、それぞれの公式ホームページをしっかりとチェックしましょう。

当サイトでは、人気クリニックの公式ホームページに1クリックで移動できるので、ぜひランキングページを御覧ください。

レーシック手術は値段の安い・高いで判断して選ぶものではありません。

しかし、同じ手術を受けるのであれば、少しでも安く受けて損はありません。

これらに気をつければ、同じ術式を受けた人と比較して誰よりも安くレーシックを受けることもできるはずですよ。

このページのトップへ↑

大阪でレーシックするならモニターはお得とは限らない

レーシックもモニターを募集しているクリニックがあります。

モニターになると、無料や格安にてレーシックを受けることができるというメリットがあります。

しかし、モニターは必ずしもお得とは限りません。

《モニターについて知っておきたい注意点》

●必ず安くなるとは限らない・・・

モニターで手術費用が無料や格安になったとしても、必ず安く済むとは限りません。

モニターの場合、手術日が指定されることが多くなります。

指定された手術日に合わせて仕事を休んでしまったりなどとなってしまい、結果的に安くは済まないことも出てきます。

いくら日帰りで手術できても、定期検診も通う必要がありますからね。

仕事など忙しい人は、モニターよりもご自身の空いている都合に合わせて通う方が便利でお得な場合が多いので、しっかりチェックしましょう。

●モニター待ちすることで手術が遅くなることも・・・

モニターはお得にレーシックを受けられるということから応募数は多くなり、なかなか当たりにくくなってしまいます。

次のモニターまで待ってしまえば、その分レーシックを受けるのが遅れてしまいます。

また、待っても必ずモニターがあるとは限りませんし、抽選に当たるとも限りません。

待って無料でレーシックを受けられたならともかく、結局割引だけなら、早く手術した方がお得になることも多いんです。

また、待っている間に病気などにかかり、手術ができなくなってしまった・・・なんてことになったら最悪ですね。

目先の安さだけではなく、しっかり長い目で見てお得になるかを見極める必要があります。

●写真がネット上で掲載されることも・・・

モニターで無料や安くなる分、手術の体験談に協力しなければならない場合がほとんどになります。

体験談は写真の掲載が必須など条件もありますので、後悔しないようにしっかりチェックしておきましょう。

《割引利用も検討してみよう》

このように、モニターは必ずしもお得になるとは限りませんし、募集されるのを待っていることで損してしまう場合もあります。

レーシックは何より早く手術を受けるのが一番お得なので、割引などを利用し、より安くならないか検討してみましょう。

当サイトのランキングのページでは、クリックするだけで、それぞれ人気のクリニックの公式ホームページに移動でき割引情報もチェックできます。

しっかりチェックし、モニターよりも早くレーシックを受けてお得&満足してくださいね。

このページのトップへ↑

18歳未満でも視力回復可能なオルソケラトロジーの検討も

レーシックは、ほとんどのクリニックでは18歳未満では受けることができません。

なぜならまだまだ成長期の途中である為、レーシックを受けて視力回復したとしても、また視力が下がってしまうこともあるかもしれないからです。

とはいっても、18歳未満でも、スポーツなどで裸眼でいたいという人はたくさんいるでしょう。

《オルソケラトロジーなら18歳未満でも利用可能》

しかしオルソケラトロジーなら18歳未満でも利用することができます。

オルソケラトロジーとは、寝ている間に専用のレンズを装用することで視力を回復してくれる方法になり、『オサート』や『オルソ』と呼ばれることもあります。

視力が悪くなるのは、角膜の形が変化してしまっているからです。

寝ている間に専用のレンズを装用し、角膜の形を変化させることで、視力を回復することができるんです。

ただし、レンズは毎晩寝る時に装用しなければなりません。

レンズの使用をやめてしまえば、視力はまた元通りに戻ってしまいます。

しかし、手術の必要がないので、18歳以上でも利用している人はたくさんいます。

日本には最近入ってきましたが、レーシックの先進国のアメリカではなんと1950年代から臨床的な試みが行われており、歴史は長いんですよ。

大阪の人気ランキング上位では神戸神奈川アイクリニックで利用することができます。

神戸神奈川アイクリニックでは、厚生労働省のみならずアメリカの食品医薬品局にも唯一認可されているレンズを使用しており安心して使用できます。

まずは適応検査を受けなければなりませんが、レーシックと同様、神戸神奈川アイクリニックなら無料で受けることができますよ。

ただし、フィッティングレンズを試着するには5,000円が必要となります。

また適応検査前はレーシックと同じようにコンタクトの使用を中止しなければなりませんので、しっかり準備して受けてくださいね。

さらに、トライアルレンズのレンタルをすることもできるので、是非気軽に試してみましょう。

このページのトップへ↑

角膜が薄いと断られた人も視力回復可能に

以前、クリニックで適応検査を受けたものの『レーシック手術できません』と断られたという人もいるかもしれません。

レーシック手術ができない理由にはいろいろありますが、角膜が薄い為が多くの理由となっています。

《角膜が薄くても様々な手術方法により視力回復可能に》

しかし、諦めるのはまだ早いんです。

レーシックといっても各クリニックによって診断基準も異なれば、技術力や設備なども変わってきます。

その為、1度は断られたが、他のクリニックでは手術が受けることができたということもあるんです。

またレーシックの術式は1つではありません。

ここでは角膜が薄くても受けやすい術式について挙げてみましょう。

●エピレーシック

通常のレーシックはフラップを作る必要があるので角膜の厚みが必要になります。

しかしエピレーシックはフラップを作る必要がないので、角膜が薄い人でも視力矯正することができるんです。

角膜を削って薄くなることもありませんし、時間が経てば、今までと変わらない角膜に戻ります。

●フェイキックIOL

フェイキックIOLは眼内に手入れが永久に不要のレンズを挿入することで視力を矯正する方法になります。

通常のレーシックのように角膜を削ることはありませんので、角膜が薄い人も受けることができます。

手術も片眼で30分程度と若干長くなりますが、日帰りで入院の必要はありません。

●オルソケラトロジー

オルソケラトロジーは、手術しないで視力を回復する治療方法になります。

使用方法は簡単で、寝ている間に専用のコンタクトレンズを装着するだけです。

これにより、角膜の形が矯正され、視力アップすることができます。

寝る前に使い続ける必要がありますが、角膜が薄い人でも利用できます。

このように、角膜が薄くても受けることができる方法はいろいろあります。

術式によりメリットもあれば、デメリットもありますので、それぞれぴったり合うものは変わってきます。

大阪で人気ランキング上位の品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックの公式ホームページではそれぞれの術式について詳しく知ることができます。

もちろん、適応検査を受けてから、じっくり相談しながらどれがいいかを決めることができます。

どちらのクリニックも無料で適応検査を受けることができますので、どの術式が利用可能か早速調べてもらいましょう。

適応検査前に、まずはメールで相談することも可能ですので、裸眼生活を諦める前にぜひ検討してみてくださいね。

このページのトップへ↑

大阪の大学に入ったらレーシックをしよう!

大阪の大学に入ったら、早めにレーシックをするのがお勧めです。

その理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:大学デビューに間に合う≫

大阪の大学に入学したら、すぐにレーシックを受けるのがオススメです。

大阪に元から住んでいる人はもちろんですが、地方から大阪から来た場合には町の規模にびっくりすることでしょう。

人が多く、町が活気にあふれる大阪では、当然若い人のファッションセンスも高いです。

そんな大阪にある大学は、当然ですがおしゃれな若者が多く、眼鏡がおしゃれじゃないわけではありませんが、似合う人しか眼鏡をかけていません。

眼鏡が似合うと思っている人はいいですが、眼鏡にコンプレックスがある人もいるでしょう。

大学に入って可愛い女子デビューしたいと思っている人は、嫌々眼鏡をかけていてはいけません。

まずレーシックをしましょう。

≪理由2:大学1年2年は一番時間があるとき≫

さらに、大学1年生や2年生は、実は一番時間があるときなんですね。

ですから、レーシックに行って早めに治療を終わらせておくのがオススメなのです。

これが3年生、4年生ともなると、早めの就職活動が始まってしまったり、卒業論文や卒業制作をしなければなりません。

大学1年生になりたてだと、まだ自分で自由に使える資金が少ないですよね。

その間にレーシック眼科を絞り込み、自分にあった眼科を見つけておきましょう。

そして、できれば2年生の間くらいまでには、レーシックを自分の貯めたお金でしておけば、忙しいときにレーシックを受けることがなく、安心でしょう。

≪理由3:大学1年2年は彼氏彼女を作れるチャンスが多い≫

さらに、大学1年生、2年生の間は時間的な余裕もある上、学校での出会いもあって、彼氏彼女ができる率が高いです。

逆にこの時期を逃してしまうと、なかなか彼氏を作れず一生過ごしてしまう場合もあります。

大学で好きな人ができて彼氏を作りたいと思っている女子は、早めのタイミングでレーシックをして、自分の容姿に自信が持てるようにしましょう。

眼鏡が必ずしも容姿を悪くするわけではありません。

しかし、遠くが見えない近眼の場合、度の強い眼鏡をすると目が小さく見えます。

日本では目がぱっちりして大きい人ほど可愛いと受け取られる傾向が強いので、特に女性は早めにレーシックをして自分の容姿や目に自信が持てるようにしましょう。

これらの理由から、大阪の大学に入学したら、なるべく早めにレーシックを受けるのがお勧めです。

このページのトップへ↑

大阪でフェスを楽しみたい人はレーシックをしよう!

大阪で野外フェスや音楽フェスを楽しみたい人は、レーシックをするのがオススメです。

その理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:眼鏡が落下して壊れる危険性がない≫

大阪で野外フェスを楽しみたい人は、眼鏡が落下して壊れる可能性があるので、その危険性をなくすためにもレーシックをしておくのがオススメです。

野外フェスやイベントの際は、かなり大勢の人が狭い場所に一気に集まります。

大勢人がいる中では、地面も見えないほど、人で覆いつくされることも珍しくありません。

加えて、音楽系のフェスの場合、ジャンプしたり、リズムに合わせて体を揺らすなど、アクティブに動き回りますよね。

眼鏡は体にくっついているわけではありませんから、特にジャンプなどの動きですぐに外れてしまいます。

さらに、大勢の人がごった返していると、隣の人の手や脚が当たるなどして、眼鏡が落下してしまうことも。

落下しただけならまだしも、大勢の人がアクティブに動いていますから、当然無事に拾い上げられる可能性は低いです。

誰かに踏まれてへしゃげた眼鏡では、フェスを十分に楽しめませんよね。

眼鏡は落下して壊れる危険性があるので、野外フェスのようなアクティブなイベントには不向きです。

レーシックをしておけば、眼鏡落下の危険性はなくなります。

≪理由2:コンタクトが外れてなくなる危険性がない≫

では、眼鏡でなければコンタクトならいいのではと思っている人もいますが、コンタクトも落下の危険性があります。

その上、目の中にゴミが入ったりすると、それを取るのにコンタクトも取る必要があり、コンタクトの洗浄液などがなく不衛生な状態で目に入れるはめになることも。

コンタクトはジャンプするくらいでは外れませんが、その分目に密着しているため、目に衝撃があった場合には落ちたり、ずれて目に当たり、痛みから外さなければばらない場合も多いです。

コンタクトを外してしまうと、当然視力によってはステージが見えず、何も楽しめません。

裸眼で野外フェスを楽しむためにも、レーシックをしておきましょう。

≪理由3:長時間のコンタクトで目を傷めることがない≫

最後に、コンタクトレンズの場合は、野外フェスの間目を休めることができず、長時間つけっぱなしになることも多いです。

それにより目が乾燥するなどトラブルに発展する場合もあります。目を傷めすぎると、長引く目の不調の原因にもなります。

レーシックをすればこのようにして目を傷つける心配はまずなくなります。

これらの理由から、大阪で野外フェスを楽しみたい人は、盛り上がるためにもレーシックを受けておくのがオススメです。

このページのトップへ↑

レーシック前日にカラオケオールしてもいい?

レーシックを受ける前日にカラオケでオールをし、徹夜してしまうのはよくありません。

その理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:充血や目の疲労が検査でひっかかる可能性がある≫

レーシックの前日にカラオケでオールナイトしてしまうと、目の疲労から充血などのトラブルが発生し、施術前の検査でひっかかるリスクが高まります。

カラオケは暗闇の中でテレビ画面を見ながら歌を歌うので、通常の生活よりも目が疲れがちです。

その上、普段は寝ている時間にカラオケで歌いながら起きていると、眼精疲労は溜まるばかりですよね。

充血や目の疲労があると、レーシックの術後経過が悪くなるリスクも高いですし、感染症などの重大疾患のリスクも高まります。

目をなるべく休ませ、健康的な目の状態でレーシックを受けるためにも、寝不足や目の疲労を溜め込んでしまうカラオケのオールナイトは、絶対にやめましょう。

前日だけでなく、少なくともレーシック手術の1週間前くらいからは、目をいたわる生活習慣を心がけましょうね。

≪理由2:レーシック後の経過が悪くなる恐れがある≫

次に、レーシック前日にカラオケでオールナイトしてしまうと、術後の経過が悪くなる恐れがあるので、絶対にやめましょう。

カラオケで徹夜してしまったり、夜遅くまで寝ないでいると、目はその間ずっと外からの刺激を受け続けていますから、休めません。

休みなく働き続けると、もちろんですが疲労物質がたまり、蓄積します。

蓄積した疲労物質は、寝ている間に排出されますが、前日にカラオケのために寝ないでいると、残念ながら目に疲労物質が溜まったままになってしまいます。

検査でかろうじてOKをもらい、施術を受けても、術後の経過があまりよくない状態になる恐れも高いです。

前日は目の疲労物質をなくすためにも早めに就寝し、目を休ませましょう。

≪理由3:レーシック時の麻酔による副作用リスクが高まる≫

最後に、カラオケでオールナイトしてしまうと、胃腸も休まることがなく、体にも疲労がたまります。

つまり、体も不調になるのですね。

体が普段よりも不健康だと、レーシックを受ける際の部分麻酔に対しても副作用が起こってしまうリスクが高いです。

吐き気やめまいなどの症状が起こり、場合によっては手術できない恐れもあるので、麻酔による副作用を極力減らすためにも、前日は体のコンディションも整えておきましょう。

これらの理由から、レーシック前日にあまり目や体に負担をかけるのはオススメできません。

前日にカラオケでオールしてしまうと、睡眠不足と眼精疲労が重なりますから、やめておきましょうね。

このページのトップへ↑

育児中の多忙ママでもレーシックが楽チンに受けられるって本当?

育児中の多忙なママもレーシックを楽に受けられるクリニックがいくつか出てきています。

そのようなクリニックでは、次のような取り組みが行われているので、要チェックですよ。

≪取り組み1:無料の託児所が利用できる≫

育児中のママでもレーシックを受ける日などに利用できる無料の託児所を利用すれば、他人に預けずに楽ちんに施術を受けられます。
育児中のママが一番気になるのは、子どもをどこに預けるかですよね。

パパに預ける場合でも、パパに仕事を休んでもらわないといけないとか、心配が残ります。

その上、パパではしっかり面倒を見られない、心配というママもいますよね。

パパ事態も、ママがいないと不安という方もいるでしょう。

そのような場合でも、無料の託児を利用できれば、周囲に気を使うことなく、安心してレーシックを受けられます。

≪取り組み2:忙しいママも大丈夫の日帰り治療≫

さらに、仕事をしていたり、日々育児に追われている忙しいママでも、日帰り治療で受けることができれば、何度も通うよりも負担が少なくてすみます。

何度も眼科に通うとなると、やはりそれだけ時間を工面しないといけないので、負担が大きいです。

育児中のママは、子どもの保育園へのお迎えまでには帰らないといけなかったり、仕事の時間もあるのでなかなか時間の融通が利きにくいもの。

そこで、日帰りのレーシック治療であれば、その日をあけておけば良いだけなので、何日も通う時間を工面しなくても良くなります。

これは忙しいままにとってもうれしいですよね。

≪取り組み3:レーシック治療は短時間手術で忙しくても大丈夫!≫

さらに、レーシックの治療自体は短い上、技術の進歩により、術後の安定までの時間も短縮されてきています。

日帰り治療の場合で、すぐに目が楽になるということはあまりありませんが、数日するとかなり良好な状態になることもよくあります。

もちろん、術後の経過については、目の状態や個人ごとに違ってきますが、技術の革新によって術後の復帰が早くなっていることも事実です。

忙しいママは、何日も子育てを放っておいて倒れているわけにいきません。

子どもの面倒をある程度他人にまかせられても、やはり「ママでないとダメ」という時があるものです。

子育てママも多くが受けるレーシックは、現在では短時間手術だけでなく、短期間の復帰で人気を集めているのですね。

もちろん、それ相応の、技術力の高いレーシック眼科を選んだ場合ですので、自分に合う、技術力の高いクリニック選びをしなければなりませんよ。

このページのトップへ↑

 | トップページ |