Top > レーシックに関するふとした疑問 > 手術に年齢制限はある?

手術に年齢制限はある?

レーシック手術を受けるためには、年齢制限もあるんですよ。

クリニックにより微妙な違いがありますが、大体18~60歳までが手術可能となっています。

若い学生のうちからレーシックを受けられない理由は、成長期であるうちは近視がまだ進むかもしれないからなんですよ。

手術自体は可能で視力も回復しますが、せっかく手術して裸眼で見えるようになってもまた下がる可能性が高いんです。

人により30代になってから視力が安定する人もいれば20代で安定する早い人もいます。

コンタクトやメガネの度数がすぐに変わるようでしたら、レーシックはもう少し安定するまで様子を見たほうがいいかもしれません。

せっかく視力が回復してもまた直ぐに悪くなってしまっては意味がないですからね。

そして18歳から受けられますが、20歳未満の場合は親の同意書が必要となるのでご注意ください。

逆に60歳までとなっているのは、白内障によりレーシックを受けても効果的な結果を出せない場合があるためです。

つまり、60歳を超えていても白内障もなく健康的な眼ならレーシックを受けることができるので、まずは適性検査を受けてみましょう。