Top > レーシックに関するふとした疑問 > 手術後の入浴はいつからOK?

手術後の入浴はいつからOK?

レーシック手術を受けた後には、角膜の状態が不安定なのでいろいろと生活に制限が掛けられます。

制限は、いろいろとありますが一番困ると思った入浴について詳しく紹介していきましょう。

女性の方は、特にお風呂に入れないと困りませんか?

では、なぜ入浴がいけないのかと言いますと、手術後の眼には少なくとも負担が掛かっているからです。

この状態では、普段よりも免疫力などが弱くなっているんですよ。

なので、入浴などの行為によって感染症になる危険性が高いのです。

レーシック手術後の制限は、感染症などから眼を保護するために設けられているのです。

では、レーシック手術後はいったいいつから入浴することが出来るのでしょうか?

まず手術当日は、シャワーのみ可能になります。

ですが、肩から下だけで絶対に水が目に入らないようにしてください。

顔は濡れタオルで拭く程度なら問題ありません。

しかし、眼の周辺を強く擦らないように注意して下さい。

翌日の定期検診以降は、入浴も可能になるんですよ。

よく何週間も入浴出来ないと思われがちですが、洗顔も洗髪も翌日からできるようになるので安心してくださいね。

また温泉やサウナなどもレーシック手術後しばらくの期間は制限されています。

温泉は、手術後2週間は衛生的に控えないといけません。

なぜなら、温泉は水道水よりも雑菌が多いですし、多数の人が入浴するので感染症のリスクが高いのです。

サウナも同様に2週間は控えましょう。

サウナの場合は、目の乾燥を引き起こす可能性がありますので状態が安定するまではおススメできません。

こちらで紹介した期間はあくまで目安なので、手術後に医師に相談するのが一番いいでしょう。