Top > レーシックに関するふとした疑問 > 手術後にまた近視に戻ることはあるの?

手術後にまた近視に戻ることはあるの?

レーシック手術を受けると数時間後にははっきり見える視界に誰もが喜ぶでしょう。

しかし、この視力が続かない場合の人も出てきてしまうのも事実です。

手術後また視力が下がってしまう人には2パターンあります。

1つは、角膜が手術前の形に戻ろうとすることによりすぐに視力が低下してしまう場合です。

人により違いがあるので原因は断定できませんが、手術後すぐにパソコンやスマホを長時間使うなど近くを見過ぎる事も原因の1つだそうです。

特に若い人ほど戻りやすいので、手術後はしっかり目を休めて当分の間は出来るだけゲームやネットを見るのは控えましょう。

これは誰になるかは術前に分かることではありませんので、できれば再手術が無料で可能なクリニックを選んでおいたほうが安心ですね。

再手術には期限が設定されていたり、同じクリニックでも術式により有無の違いがあるので細かくチェックしておきましょう。

もう1つが、間違った日常生活による視力の低下です。

レーシック手術は低下していた時点の視力を矯正することはできますが、その後の視力低下を防止する効果はありません。

つまり、手術後は視力が下がらないように自分自身で気を付けないとまた低下してしまうことがあるんですよ。

そもそもレーシックを受ける人は、生活習慣が悪い為に視力が低下した人がほとんどなのでしっかりと見直してみましょう。

近くを長時間見過ぎることが視力低下につながりやすいので改善したい所ですが、とはいっても仕事でパソコンを1日中使ったりなどの場合もありますよね。

まずは、姿勢を正して見るようにしましょう。

寝転がって見たりすると視力をより下げる確率が高くなってしまいます。

姿勢を正すことで近づき過ぎず目の負担を少しでも抑えることが出来ますよ。

そして見る部屋の電気を明るくすることで違いが出ます。

また画面などを見る際にはまばたきをしっかり意識的に行うようにしましょう。

長時間続けて見るのではなく、休憩をとっている間に遠くを見るようにする習慣もつけるといいですよ。

手術して終わりではなく、あなた自身が変わらないとまたメガネやコンタクト生活に戻ってしまうので気をつけましょうね。