Top > レーシックに関するふとした疑問 > 表示されている手術費以外にお金がかかる?

表示されている手術費以外にお金がかかる?

各クリニックのホームページなどを見るとレーシックの手術費用は○○円と明確に表示されており、病気などで病院に通うのと違い前もって料金が分かるのは嬉しいですね。

では、これさえ払えばレーシック手術にかかるものはないかといえばそうではありません。

手術するにあたってほかにどのような経費がかかってくるか見てみましょう。

●手術前に行う適性検査

適性検査はレーシック手術出来るかどうかを検査するので受けるのは必須になります。

0円の所から7,000円近くかかる所まで様々違いがありますが、検査しても結果次第では手術は出来ない場合もあるので、できれば無料のクリニックを選んだ方がいいですね。

●手術後の定期検診

手術前と比べて手術後の定期検診は手術費に含まれているクリニックが多い為大半が無料となっています。

しかし、検診は無料だけど薬代は有料やレーシック以外の目の疾病の治療代は有料という場合や、逆に薬も花粉症も無料ですよなどとクリニックによって大きく違いますのでしっかり調べておきましょう。

また、レーシックを受けたクリニックが遠方の為、定期検診は近くの眼科で受けるという人は1回の検診代が10,000円を超えることもあるのでご注意ください。

レーシックは自由診療の為、検査だけであっても保険が適用されないので全て自己負担になるからなんですね。

●交通費

クリニックへは、事前検査・手術日だけでなく定期検診もあり、クリニックや手術方法により違いがありますが手術を受けた1年間は数回通わないといけません。

ここで馬鹿にならないのが交通費ですので、まずは定期検診の回数を調べ、いくらかかるかを算出しておいて損はありませんよ。

定期検診の回数を調べ、交通費がいくらになるか算出しておきましょう。

このように、手術費用以外にもお金がかかるということを知っておかないと、後々負担になったり損した気分にもなりかねません。

自分が受ける場合はトータルでいくらになのかを計算しておくといいですよ。