Top > レーシックに関するふとした疑問 > 手術中の麻酔が不安&目が動いたりしても大丈夫?

手術中の麻酔が不安&目が動いたりしても大丈夫?

手術は数十分で終わり、麻酔もしているので痛みもないと分かっても、その麻酔をする時が痛いのではと不安な人も多いのではないでしょうか。

眼球に注射針を刺すなんて、注射嫌いな人でなくても想像しただけで怖いですよね。

しかし、ご安心ください。

レーシックでは注射による麻酔ではなく、点眼麻酔のみなので、目薬を入れる感覚で手軽に麻酔をかけることができます。

麻酔は1時間と長めに効くようになっており、手術中も医師が痛みが出ていないか確認を取りながら手術を行いますので心配はいりませんよ。

点眼麻酔は数回に分けて行いますが、中には最初の点眼後に目がしみるような症状が出る人もいるみたいです。

ただ、10分経てば麻酔が効いてきますので少しの間、我慢しないといけない場合もあることを知っておきましょう。

そして、手術中に目が動いて手術が失敗したらどうしようと不安な人も多いですよね。

レーシックの手術は角膜を薄く削ってフタになるフラップを作った後、そのフラップをめくってレーザーを照射していきます。

麻酔は目だけの部分的なものになるので、手術中は意識がある状態となっています。

手術中はまばたきを防ぐ為の装置を付け、光など指定された所を見ておくように医師から指示されるでしょう。

まばたきは防げますが、指定されたところを見ていたとしても、眼球は絶対動かないとは言い切れませんよね。

しかし、最近の機器は、多少動いても瞳孔追尾という機能が付いており、目の動きに合わせてレーザーを照射できたり、照射位置から大きく外れていると自動的に停止するようになっています。

なので安心して、目に力を入れずリラックスして手術に臨むようにすることが一番ですよ。

とはいっても手術に使う機種によってこれらの機能にも差が出ることがありますので、出来るだけ最新のタイプを使用しているクリニックが安心ですね。

また、くしゃみ・咳・鼻をすするなどで、目が動いてしまいがちです。

同じ手術でも、自分の心がけ次第で結果が変わってしまうこともありうるということになります。

手術前には、風邪などひかない様にしっかりとした体調管理を行って、万全の体制で手術に臨んでくださいね。