Top > レーシックに関するふとした疑問 > 翌日の定期検診は日程変更しても大丈夫?

翌日の定期検診は日程変更しても大丈夫?

レーシックは手術が終わり、視力が回復すればそれで終了ではありませんよ。

クリニックにより多少の違いがありますが、ほとんどの所では年に数回の定期検査に通うようになっています。

これは、術後のレーシックによる経過を見るのはもちろんですが、その他病気なども早期発見できたりなど、目にとって良い事になるので決められた日程を守り必ず通いましょう。

痛い・見えにくいなどの症状がなくても、医師が検査することでなにか問題がある場合もありますからね。

通う回数だけでなく、日程もクリニックにより違いますが、手術翌日の検査はほぼ必須となっています。

ほとんどのクリニックでは、手術翌日の検査日を翌々日などに変更することは出来ないどころか、翌日検査を受けられないのであれば手術を受け付けない所もあるぐらい重要となっています。

つまり、レーシックは手術だけでなく、術後の検査も治療に含まれているということを肝に銘じておきましょう。

「何も異常はないから面倒くさい」と思わずに、きちんと定期検査に通うことはもちろん、当分の間は目に優しく注意した生活を心がけましょう。

手術することを決めたのであれば、手術日だけでなく、定期検査の日程も考えた上で手術する日を決めるといいですよ。

また、定期検査は無料から有料までクリニックにより違いがあります。

定期検査と言えども自由診療になる為、有料の場合は高くなってしまいます。

出来れば無料で検査してくれるクリニックを選んでおいた方が、後々の負担もなくていいですね。

しかし、遠方から手術を受けた人にとっては、この定期検診に通う為の交通費の負担が大きくなる場合があります。

定期検査は近くの通いやすいクリニックを紹介してくれたりするサービスを行っている所もありますので、遠方の人は1度聞いておくといいですよ。

クリニックを比べる際には、手術の内容や料金だけではなく、この定期検査についてもそれぞれの違いを調べ知った上で比べるようにしましょうね。