Top > レーシックに関するふとした疑問 > 検査と手術前はコンタクトレンズが使えないって本当?

検査と手術前はコンタクトレンズが使えないって本当?

レーシック手術を受けると、早ければその日のうちから裸眼でくっきり見える生活が送れるようになりますが、手術前だけでなく検査前もコンタクトは中止しないといけない不便が出てきます。

中止期間はレンズのタイプによって違いがあり、ソフトタイプなら3日間、ハードタイプでは1~2週間となり、どちらも連続装用の時間が長くなればさらに中止期間も長くなってしまいます。

これはコンタクトレンズをすることで角膜が変形してしまう為、元の形に戻すために必要なこととなっています。

メガネをお持ちの人は問題はありませんが、現在コンタクトだけで生活している人にとっては仕事だけでなく、生活にまで支障をきたしてしまうかもしれません。

仕事を休むわけにも、家でじっとしているわけにもいかない人は、少しでも検査前と手術前を快適に過ごす為に、下記を見直してみましょう。

●レンズタイプを変更する

ハードレンズは硬い為、角膜の形を変形しやすくなるので中止期間も長くなります。

一番短い中止期間は1DAYタイプのソフトレンズとなっていますので、レンズのタイプを切り替えてみてはいかがでしょうか。

●メガネを作る

手術後には必要がないのでもったいないかもしれませんが、現在メガネをお持ちでないならぜひ作りましょう。

また、メガネは家だけで使用しているという人も、外で使うには度が合わない場合があり不便ですよね。

最近はメガネがとても安く、さらにはネットでも購入することができ、2,000円台から買えるようになりました。

裸眼や度が合っていないまま過ごすのは大変なので、メガネの購入を検討することをおすすめします。

●手術日を予測した上で事前検査を受ける

検査を受けたからといって直ぐに手術を受ける必要はありませんが、検査と手術を続けて受ければ不便な日もそれだけ減らすことができますよね。

検査してから手術日を決めようと思っていたら、より長くメガネ生活を送るようになるでしょう。

自分自身のスケジュールを空けておくことも大事ですが、事前にクリニックに検査後すぐに手術ができる日程を聞いておくと、最短4日間コンタクトを中止するだけで裸眼になれます。

少しぐらい・・・と思って中止期間を破りコンタクトを使っては、最良の手術結果は望めませんのでしっかり守りましょうね。