Top > 適応検査ってどんなもの? > 検査時には医師の質やクリニック内の様子もチェック

検査時には医師の質やクリニック内の様子もチェック

適応検査では、ただ指示に従い検査してもらえばいいだけなんて思っていませんか?

しかし、レーシック手術を受ける際は、次の来院ではもう手術を行なってもらいます。

つまり、適応検査で、任せて安心して手術を受けられるかどうか、クリニックの様子や医師の対応もチェックしておかないといけません。

まずはクリニック内に関してですが、衛生的かどうか、設備や備品はきちんと整頓されているか、をチェックしましょう。

医師の対応は、カウンセリングの際に、きちんとした説明があるかどうかと、質問した際分かるまで時間を取ってくれるかどうかが重要です。

その際、時間を切り上げたり、適当な回答をするような医師の手術は不安ですよね。

手術を請け負う以上、医師も説明する責任があります。

だからといって、すべてクリニックに任せっきりではいけません。

レーシックについてひと通りの基礎知識はしっかり頭に入れた上で、ご自身の気になる疑問点や不安点を挙げて質問することが大事です。

入院の必要のない数十分で済む手術であるとは言え、リスクはゼロではありませんからね。

同じレーシック手術であれど、年齢・視力・角膜の薄さなどなど皆さん違いがあるので、同じ結果が出るとは言えません。

しっかり理解し、納得した上で受けましょう。

基礎知識があることで、医師の対応の見方も厳しく見ることができるでしょう。

また、医師やクリニック内だけでなく、来院した人も見てみましょう。

クリニック内にいる人達は、あなたと同じくこれからレーシックを受ける人だけでなく、定期検診に通っている人、手術を受けた人など色々な人がいます。

なにやら揉めて怒っていたり、泣いている人がいるような所では手術は受けるのはちょっと不安です。

検査の間や受付での待ち時間などはぼ~っとしてるだけでなく、細々とチェックして損は無いですよ。

適応検査はチェックされるだけでなく、チェックする側でもあることを忘れないでくださいね。