トップページ > 大丈夫?レーシックの基礎 >  レーシックの必須知識

レーシックの必須知識

このページでは、何らかのレーシック手術を受けようと考えているなら手術までに、いやいや適正検査までに知っておきたいレーシックの基本情報や知識を1つずつ丁寧に解説。

レーシックで失敗したくないなら必見!

目次

レーシックの種類は?

普段からメガネやコンタクトを使用している人にとってはやっぱり裸眼で生活したいですよね。

今やスポーツをする人や、運転をする人をはじめ、学生さんにも人気のあるレーシック。

レーシックと一重に言っても種類はさまざま。

もっと沢山の種類がありますが、代表的な4つを紹介します。

●レーシック
エキシマレーザーを角膜に照射して、角膜の曲率を変えることにより屈折矯正を行う方法です。

●イントラレーシック
レーシックとの違いは、フラップと呼ばれる角膜に作るフタのようなものを作成します。
レーザーでフラップを作成しますので、安全性も高くレーシックで手術が出来ない方でも出来る可能性のある方法です。

●iLasik
個々の目の状態に合わせてイントラレーシックをカスタマイズして屈折矯正を行います。
NASAがアメリカの宇宙飛行士にiLASIKの手術を施すことを承認したほどで、今の段階では最高級のレーシック。

●エピレーシック
エピケラトームと呼ばれる器機を使用して角膜上皮のみのフラップを作成しうる方法です。
角膜の厚みが足りない方や近視が強く、レーシックが受けられない方でも出来る可能性のある手法です。

このページのトップへ↑

安全性は大丈夫?

数年前までは、レーシックは高額で手術を受けたくてもなかなか出来なかった人も多いです。

でもここ最近は、レーシックの種類も増え金額も安くなったこともあり一般の方でも受けられるようになっています。

目というのは普段の生活でも一番機能している期間といっても過言でないほど、目方の情報は重要です。

なので目の手術ともなれば一番に考えるのは安全性ですね。

レーシックは角膜の表面に対して行なう手術なので、眼球に傷が付くといった心配はありません。

手法での失明などはほとんどないのですが、術後の感染症などで悪化することがあるのでむしろ術後の処置や過ごし方のほうが重要です。

レーシックを受けるときには金額の安さだけで飛びつく前に、感染症にならないようにどのように対応してくれているか確かめてからのほうが安全です。

このページのトップへ↑

レーシックが適さない人は?

レーシックは、一度受けてしまうと裸眼で生活できるわけですからとても便利になるものです。

でも誰でもレーシックが受けられるかというとそうでもありません。

レーシックに適さない場合は次のとおりです。

・角膜が極度に薄い方・・・レーザーで角膜にスクラップを作れないほど薄い場合には適しません。

・未成年の方・・クリニックによっても異なりますが、成長期なのでまだしっかりと近視や乱視が定まらず今後も進んでいく可能性があるため適しません。

・目に疾患がある方・・・白内障、緑内障、アレルギー性結膜炎、円錐角膜の方なども受けられない場合があります。

・妊娠中の方・・・術後に感染症予防の薬を服用することや、ホルモンバランスも崩れていることが多いので妊娠中は避けたほうがいいですね。

このページのトップへ↑

下調べが大事!

視力が悪い方の多くは、レーシック手術に多少興味があるはずですね。

手術の内容、効果、費用など何もかもがまだわからないことだらけでしょうが、事前にこれらを調べることはとーっても大事なんですよ。

まず、レーシック手術は入院の必要もなく、日帰りでできるので忙しい毎日を送っている方もスケジュールをやりくりして利用することができます。

さらにレーシックといっても、用いる機器や手法により様々な種類があります。

しかし、どこのクリニックへいってもこれらの手術を受けたい、と選ぶことができるわけではありません。

機器がきちんと揃えられて技術のある医師が行う手術だからこそ、安心して利用することができるんですね。

また、症例数の多いクリニックでは、手術前の診察をしっかりと行った上で手術を行うので、手術後のトラブルのリスクを最小限に抑えることができるんです。

始めよければすべて良し、というように、手術利用前の下調べをしっかり行なって幸先良いスタートを切れば不安要素もなく視力を回復させることができるはずですよ。

このページのトップへ↑

治せるのは近視だけじゃない!

眼鏡のある生活に悩まされているのは近視の方ばかりではありませんね。

目に負担をかける機会の多い現代社会では近視と乱視が混在した状態の方もいらっしゃるでしょう。

度が強くなるにつれ眼鏡もコンタクトレンズも注文から受け取りまでに時間がかかるようになったりと、不便さが増してきます。

これらの煩わしさから開放される方法が、実はあるんです。

15分程度で終わってしまうレーシック手術は、近視と乱視のどちらも矯正することができます。

乱視は特に、角膜や水晶体に不定期な凹凸があることもありますが、技術のあるクリニックならその点も加味して施術する技術を持っています。

クリニック選びが大事な理由は、ここにもあるんですね。

料金や通院時間に固執しがちですが、なによりも、そのクリニックが提供する技術やサポートをしっかり把握するようにします。

きちんとしたクリニックを利用すれば、眼鏡やコンタクトレンズに悩まされる必要のない日々を手に入れるのも夢ではないんです。

近視・乱視から同時に開放されることで、あなたの視界も生活も大きく変わることとなるでしょう。

このページのトップへ↑

ますます増えるレーシック手術利用者

レーシック手術の利用者は国内では年々上昇しています。

スポーツ選手や著名人を含め、多くの人に利用されている理由は何でしょうか?

ビジネスなど、競争の激しい社会では第一印象が鍵を握っているため、眼鏡の使用を避けたいこともあります。

また、毎日の忙しい活動の中でコンタクトレンズのケア用品を揃えて出張をこなすのも大変です。

2000年に日本国内にレーシック手術が導入された時にはまだ"手術"という響きが先走りし、敬遠していた方もいらっしゃったようです。

付け加えて、少し前までは手術の費用がかかることがネックでした。

しかし、今日では手術の費用も以前までと比較して抑えられ、痛みのない視力矯正手術として多くの人に受け入れられ、利用されているんですね。

手術に関して不安要素がある方も、カウンセリングを通して手術のメリット・デメリットを知ることができますので、納得した上で手術を受けることができます。

レーシック手術がますます多くの人に利用されている理由の一つには、このように、不安点をなるべくなくして手術を受けられることにもあるんですね。

このページのトップへ↑

賢くレーシック手術を受ける

レーシック手術には健康保険が適用されないため、費用に関して心配をする方が多いようです。

かといって、安いだけで技術のないクリニックを利用して損をしたくはありません。

経済的にちょっと無理かも、という心配をされているかた、実は、賢くレーシックにかかる費用を抑える方法があるんですよ。

まず、個人で契約されている保険があれば、保険会社にて(正式にはエキシマレーザー角膜屈折矯正手術と呼ばれます)に対する補助金が出るのか確認してみましょう。

対象となるのならば、5-10万円ほどの補助金がもらえるようです。

次に、クリニックでのサポートです。

遠方のクリニックの利用を考えている方にとって、交通費や宿泊費は大きな負担となりますね。

なんとクリニックによっては交通費を補助してくれたり、宿泊施設を手術後に便利に安くで利用できるように体制を整えていたりするんです。

さらに、年度末の税申告の際には、お住まいの地域によっては医療費控除の対象となりますので、領収書をまとめておくようにしましょう。

このようなサポートを利用することで賢くレーシック手術を利用できれば、経済的負担を減らすことができるんですよ。

このページのトップへ↑

レーシック手術後の定期検診

レーシック手術は15分ほどで終わりますが、その後の定期検診のほうに少々時間を要します。

これは、作成したフラップと角膜の隙間に細菌が入り込んだり、角膜や網膜に異常が現れたり、という万が一の場合に備え、早期の異常発見で治療を行えるようにするためです。

診察は、手術直後、翌日、一週間後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、一年後、というのが通常です。

手術後の経過が思わしくないようだと、今後の日常生活に影響を及ぼすことだってあります。

自己判断で片付けず、視界や眼球に異常があればすぐに医師に相談するようにしましょう。

また、強度近視の方がかかりやすいいくつかの目の病気を予防する意味でも、定期検診を受けることは大事なんです。

定期検診は手術の後の経過を観察するためだけでなく、大切な目の健康を維持するために必要なことなんですね。

お引越しなどで生活環境が変わってもかかりつけの医師を見つけて定期的に目の検査をしてもらうように心がけると良いでしょう。

このページのトップへ↑

手術当日の身だしなみには注意が必要!

レーシックを受ける当日の身だしなみには男女問わずいくつかの注意が必要です。

●メイクは化粧水と乳液まで

手術当日はノーメイクが基本です。

日焼け止めやアイブロウすら禁止です。

女性の人にとってはかなり厳しいですが、クリニックへ来院する前まではメイクしてても大丈夫ですよ。

それなら、仕事や学校帰りでも、ノーメイクで外に出るのが無理という人も安心ですね。

ただし、クリニックにはメイクを落とす為の洗顔スペースなどがない所がほとんどです。

手術を受けるクリニックの近くにメイクを落とせる所があるかどうかをしっかり確認しておきましょう。

●整髪料もNGです

整髪料は手術の機械に悪影響をおよぼす恐れがあるので使用してはいけません。

●脱ぎ着しやすい綿・麻素材の服を選ぼう

手術する部屋は低温度になっている為、休憩室や待合室などと温度差が出てしまう場合もあります。

調節しやすい様に、羽織ったり、脱いだりしやすいシャツやジャケットを選びましょう。

また、術後に脱ぐ際も考えて、ハイネックやパーカーなど脱ぎにくいものは避けておいた方がいいですね。

素材も綿や麻など静電気が起きにくいものを選びましょう。

手術の際、静電気により機械が誤作動するなど起こす可能性もありますので素材もしっかり選んでおきましょう。

●カバンは肩にかけられるものがベスト

術後はまだ視力が安定していない場合もありますので、バッグは肩にかけられるショルダータイプやリュックタイプを選び、両手がなるべく空いている状態の方がいいですね。

●靴は脱ぎ履きしやすい履き慣れたものを

ハイヒールは万が一転んだ際には危険なので、できるだけ低いものを選びましょう。

また、編上げブーツなど脱ぎ履きに手間がかかるものではなく、スリッポンやローファーなどの方が便利ですよ。

これらを注意して、手術当日はおしゃれを我慢し、より安全な身だしなみを考えましょう。

その為には、帽子があると便利ですよ。

ノーメイクも目立たず、ヘアセットできなくても、隠すことができますからね。

ただし、ニットキャップなどウールやナイロン製は静電気が起こりやすくなるので、避けることをお忘れなく。

このページのトップへ↑

大阪人も費用の安さだけでレーシックを選ばないで

大阪にあるクリニックを比べただけでも、レーシックの手術費用は随分と差が出てくるものです。

手術費用が高額になる為、安く済むなら安い方が・・・と、より費用の安いクリニックを選ぶ人もいます。

しかし、費用が安くても、後で後悔するような結果になっては意味がないどころか大損ですよ。

そもそも、レーシックは本当に高いのでしょうか?

レーシックを受けなければ、今後もメガネやコンタクトをずっと購入し続けなければなりません。

その人の年齢や使用しているレンズの種類などにより、今後視力矯正にかかる費用は大きく違うでしょう。

若ければ若いほど、まだまだ買い続けなければなりませんし、薄型や高酸素透過性など高品質のレンズを使えばその分高くなるでしょう。

まずは、いま使用しているコンタクトやメガネに年間どれぐらい使っているか、そして今後使い続けるとしていくらになるかを計算してみましょう。

きっと、レーシックの手術費用より高くなる人が多くなることでしょう。

いくらレーシックの方が安いと言っても、一度に支払わないといけない手術費用は負担が大きいですよね。

そんな人にも手術を受けやすくする為に、各クリニックではクレジットカードやローンを使って分割払いを利用できますよ。

中には分割金利手数料を負担してくれるクリニックまであるんですよ。

例えば、大阪でも人気ナンバー1の品川近視クリニック梅田院では、最長36回まで無金利の分割払いを利用できます。

無金利ローンを利用すれば、品川近視クリニックでも一番人気の高いアマリスZレーシックが月々7,600円から受けることができるんですよ。

しかも3年払えばおしまいなので、それ以上視力矯正の為にお金を使うことはありません。

無金利なら、ムダな追加費用がないので損することがなく、少しでも安くしたい大阪人にとっては嬉しいですね。

これなら、わざわざ貯金を崩して無理して現金一括で払う必要ももうありませんよ。

つまり、レーシックは長い目で見れば決して高くないので、手術費用だけで比べて選ぶのは止めようということですね。

このページのトップへ↑

個人経営レベルの眼科のレーシックは問題ない?

大阪でレーシックを受けられる所を検索すると、よく聞く大手のクリニックから個人経営の眼科までたくさん出てきます。

このうち、どちらが絶対的にいいとは簡単には言えません。

ここでは、個人経営の眼科が劣ってしまう点を挙げてみましょう。

●診察時間が短い・日祝休みの場合も・・・

ごく一般的な多くの眼科でレーシックを受けることができれば、もっと通いやすくなるという人もいるでしょう。

しかし、診療時間は他の病院と同じく、日曜や祝日は休診日になっていまう所が多いんですよ。

それに比べて、レーシックを専門に行うクリニックでは、診察時間も長く、日曜・祝日も診察や手術を受けることができます。

当ランキングでも、1位に輝く品川近視クリニック梅田院なら、年中無休で診察時間は夜の20時までとなっています。

これなら、仕事を休まず適応検査や手術を受けたり、仕事帰りに定期検診を受けやすくなりますね。

●術前の相談などのサポート力に差が・・・

大手のクリニックでは相談窓口を設けている所があります。

フリーダイヤルにてかけられる電話だけでなく、メールでも気軽に相談でき無料なのはうれしいですよね。

これなら検査を受けようか悩んでいる人も、検査は受けたけどまだ不安な点がある人にも、わざわざ出向かなくていいので便利ですね。

●手術数は比べると少ない所が多い・・・

大手と個人経営レベルを比べると、やはり、大手のクリニックの方が手術数が多くなります。

まず医師の技術力がないと満足いく手術結果にならない場合も出てくるでしょう。

これはレーシックだけではなく、どんな医療手術でもそうではありませんか?

今まで10回程度しか手術を行なっていない医師と、100回以上行った医師では、やはり後者を選んでしまうでしょう。

いくら眼科医として経験が長い院長先生でも、レーシックについて詳しくそして経験数が高いとは言えませんからね。

当ランキング上位のクリニックはすべて大阪以外にもいろいろな地域に数箇所クリニックがあります。

今までのデータや経験を元により、リスクを抑えたレーシックを受けることができるはずですよ。

もちろん、使用している機器も重要なので、経験数だけで決めてもいけませんよ。

何がどう違うのか、手術費用だけでなく、それぞれのクリニックを比べてみましょう。

それぞれで適応検査を受けてみれば、違いが分かるはずですよ。

ただし、大手のクリニックは無料で検査を受けられる所がほとんどですが、眼科の中には検査費用がかかる所があるので気をつけましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックも最終的には金額より品質を取ろう

大阪にあるたくさんのクリニックの中からここで手術を受けようかなと決めても、そのクリニック内にも色んな術式があり、金額にも差があります。

ただ、安い手術は適当に、高い手術は慎重にという訳ではありません。

ではなぜ、術式によりこんなにも金額には違いが出てくるのかを調べてみました。

●使用している機器の違い

レーシックの術式により使用している機器は違います。

より新しい機器を使用する手術になるほど、金額がどうしても高くなってしまいがちです。

●保障による違い

同じクリニックのレーシック手術でも、術式により保障期間や詳細なども異なってきます。

長く、そして手厚くなればなるほど、無料で検診や治療が受けられる分、手術金額は高くなってしまいがちです。

このような理由から、金額には差が出てしまいますが、決して金額だけで選ばないようにしましょう。

高くはなってしまいますが、最新機器になればなるほど、改良されより進化したレーシックを受けることができます。

安全性も高くなりますし、合併症のリスクも減らすことができるでしょう。

他にも、ただ視力が上がるだけでなく、見え方の質も上がるなどのメリットはたくさんあります。

ただし、どんな手術もリスクはゼロではありません。

万が一のことを考えて、より保障が手厚く長いものを選んでおくと安心ですよ。

手術は受けてみないと分かりません。

本当は、安い術式でも満足したかもしれません。

だからといって、レーシックは簡単にやり直しのできるものでもありません。

後悔しない為にも、安さではなく、みなさんにあった品質の高いものをかどうかを一番に考え選びましょう。

しかし、術式は色々あり、みなさんが好きに決められるものではありません。

まずは、検査を受けどの術式が一番合っているかを診断しないといけません。

その為には、どの手術がいいかなと悩んでも意味がないので、早速適応検査を受けましょう。

予約はWEBから簡単にできますよ。

このページのトップへ↑

レーシックもセカンドオピニオンを積極的に

1つのクリニックだけで適応検査を受けてすぐそこでレーシック手術ではなく、他のクリニックでも適応検査を受けてみるという人が増えています。

まず、適応検査を受けて数値などを教えてもらったとしても、素人の私達には分からないので、医師に言われるがままですよね。

もちろん、最初に訪れたクリニックでも満足いくレーシックは受けられるかもしれません。

しかし、もし、利益を第一に考え、高い手術方法を勧めてくるクリニックだったら?

2箇所以上で適応検査を受ければ、本当にご自身に合った適正な手術方法なのか、またきちんと検査されているのかを比較し分かりやすくなります。

これなら専門的なことは分からなくても、よりご自身に適正な手術を選びやすくなるでしょう。

直接クリニックへ行って相談すると手間も時間もかかってしまいます。

最近では、相談窓口として電話だけでなく、メールやWEBのフォームからでも気軽にいつでも相談できるクリニックがあるので、これを利用しましょう。

ただし、各クリニックにより手術に使用する機器や検査方法が微妙に違うものです。

その為、Aクリニックの検査結果を出してもらい、その診断書を元にBクリニックで診断してもらうということはできません。

それぞれのクリニックでしっかり適応検査を受ける必要があります。

適応検査を受けても即手術と決める必要はないので、色々ハシゴしてみましょう。

その際に1つだけ注意点があります。

適応検査の同日ハシゴはできないので、検査日はずらして予約しましょう。

どのクリニックの適応検査にも瞳孔の検査があります。

この検査では瞳孔を開く点眼薬を使用しますが、使用後は正常な眼に戻るまで6時間くらいかかってしまう為、1日1箇所の適応検査しか受けられないので注意しましょうね。

適応検査はちょっと時間がかかる為、受ける回数が増えればその分負担も大きくなるでしょう。

しかし、より満足いく手術を選ぶ為には、セカンドオピニオンを積極的に取り入れるのはおすすめですよ。

このページのトップへ↑

大阪では老眼も同時に治せるレーシックもある!

通常のレーシックでは、近視・乱視・遠視は同時に治すことは可能ですが、老眼は治すことができませんでした。

しかし、今では老眼も同時に治せる手術を受けることができるようになったんですよ。

40歳を過ぎると、『どうせ老眼鏡が必要になるから・・・』とレーシックを諦めていた人も、近視・乱視・遠視・老眼すべて治せる手術により、ずっと裸眼生活が可能になりました。

近視などと老眼をまとめて治す手術は1種類ではありませんが共通点はあります。

いろいろある手術はどれもほとんどが1度で終了します。

(手術工程)

(1)フラップの作成

(2)レーザー照射

(3)老眼治療(片眼のみ)

(4)フラップを戻す

(1)と(2)で近視などを治し、(3)の老眼治療部分が術式により異なってきます。

では大阪で人気のクリニックの術式名や治療法の違いを比べてみましょう。

《第1位 品川近視クリニック》

●術式名 レーシックカムラ

レーシックカムラでは、(3)の老眼治療でリング状のカムラインレーを角膜内に挿入します。

カムラインレーの真ん中の小さな穴から見ることによって、ピンホール効果で近くが見えやすくなるんですよ。

《第2位 神戸神奈川アイクリニック》

●術式名 モノビジョンレーシック

モノビジョンレーシックは片眼ごとに遠くと近くを見やすいように視力に差をつけることで、どちらも見やすくなります。

手術工程で言うと、モノビジョンレーシックは(3)は必要なく、一般的なレーシックの手術と同じ流れになります。

《第3位 SBC新宿近視クリニック》

●術式名 VUE+(ビュープラス)

VUE+(ビュープラス)では、(3)の老眼治療の際に、レインドロップという透明なレンズを片眼の角膜内に挿入することで見えやすくなります。

これらの手術時間は、通常のレーシックと比べても数分長くなる程度で済むんですよ。

術後は近視や乱視は通常のレーシックと変わらず早ければすぐに、時間がかかっても数日ではっきり見ることができます。

しかし、近くを見る場合は、老眼治療を受けた片眼だけを使うように、本や新聞を読むなどで慣らす訓練を行う必要があります。

何もする必要がない通常のレーシックと比べると最初はちょっと不便ですが、すぐに慣れ、早ければ1週間で近くも違和感なくはっきり見えるようになる人もいますよ。

老眼鏡をずっと持ち歩いたり、つけたり外したりするよりも全然楽ですよ。

老眼が出始めた人こそ、早速手術を受けて、ずっと裸眼で生活できるチャンスを手に入れてくださいね。

このページのトップへ↑

レーシックの人気クリニックのメリットとデメリット

レーシックを受ける場合はやはり人気クリニックがおすすめです。

《人気クリニックを選ぶメリット》

●口コミが多く事前にたくさんの情報を知ることができる

人気クリニックになればなるほど利用者数が多くなります。

その為口コミ数も多く、クリニックに行く前に色々な情報を知ることができるでしょう。

●技術力も高くなる

レーシックに限らず手術となると、やはり医師の技術力が高い方を選びたいですよね。

月に1回ぐらいしか手術をしない医師と、毎日手術を行う医師なら、やはり後者を選ぶ人が多いでしょう。

利用者が多いと技術力も上がりますからね。

●長期保障も安心

レーシックには様々な保障制度がありますが、いくら手厚く長くても倒産などでクリニックが無くなってしまってはそれまでです。

やはり人気が高いクリニックの方が安心ですね。

しかし、人気クリニックにはデメリットもあります。

利用者が多い分、手術の予約が取りにくい場合も出てきてしまう点です。

特に忙しい人は、連休などを狙ってレーシックを受けたいという場合も多いでしょう。

希望通りスムーズに手術を受けるには、スケジュール管理をしっかり行い、早めに予約するのがいいでしょう。

大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニック梅田院では、適応検査の予約時に手術予定日と翌日の検診の同時予約も可能ですよ。

ただし、最高級アマリスZレーシック・アマリスZレーシック・品川プレミアムZレーシック・トリプルRイントラレーシックアドバンスの4つの手術予定の場合のみとなっています。

また、適応検査では実際に手術の際に使用するデータも収集します。

その為、品川近視クリニックでは有効期限が決められており、適応検査後3ヶ月以内に手術を受けなければ再検査になることを知っておきましょう。

当サイトにも大阪で人気の高いクリニックのランキングを発表しているので是非参考にして下さい。

当サイトの上位クリニックでの適応検査は無料となっているので、気になる所があれば、気軽に受けてみましょう。

このページのトップへ↑

レーシック手術では斜視や網膜剥離などは同時に治せない

レーシック手術を受ければ、近視だけでなく乱視も遠視も同時に治すことができます。

また、手術方法によっては老眼も1回の手術でまとめて治すことも可能です。

しかし、眼病をお持ちの場合、レーシックで眼病が同時に治ることは少なく、レーシックを受けられないこともあります。

ここでは様々な眼病とレーシックの関係について調べてみました。

《斜視の場合》

レーシックで斜視が治ることはありませんので、別に斜視の手術を受ける必要があります。

どちらが先でもいいですが、斜視により2重に見えたりなどの症状がある場合は、先に斜視の手術を受けましょう。

手術に空ける期間は先にどちらを手術するかにより違いがあり、斜視を受けた場合は1ヶ月、レーシックを受けた場合は3ヶ月経つまでは次の手術は受けられません。

《網膜剥離の場合》

網膜剥離の場合は先に網膜剥離の手術を受けなければなりません。

網膜剥離の手術後は最低でも6ヶ月以上(レーザーでの手術の場合は1ヶ月以上)は目が安定するまで空ける必要があります。

そして、術後の目の様子をみてみないとレーシックが受けられるかどうかははっきり分かりません。

《緑内障の場合》

緑内障にかかっている場合、残念ながらレーシックを受けることはできません。

しかし、レーシックを受けた後に緑内障にかかったとしても治療は可能ですよ。

《白内障の場合》

レーシックを取り扱うクリニックでは白内障の手術を受けることも可能です。

大阪でランキング上位の品川近視クリニック梅田院も、神戸神奈川アイクリニック大阪でも白内障治療は受けられます。

白内障と同時に近視・乱視・遠視だけでなく老眼も治すこともできますよ。

《円錐角膜の場合》

角膜の表面が円錐状に突き出してくる円錐角膜の場合は通常のレーシックは受けられません。

しかし、品川近視クリニックのイントラ角膜リングや、神戸神奈川アイクリニックの角膜クロスリング・角膜内リングなら、円錐角膜の症状を抑えつつ視力を回復できますよ。

いろいろと説明しましたが、病気の症状によっても受けられる場合もあれば、受けられない場合も出てきます。

まずは、眼病をお持ちの場合は、1度クリニックへ相談してみましょう。

検査ついでにカウンセリングで相談するのもいいでしょう。

大阪で人気の高いクリニックにはメールや電話による相談窓口もあるので、不安な点は相談してみましょう。

レーシックだけでなく眼科医としても経験のある医師がしっかりと対応してくれますよ。

このページのトップへ↑

レーシック手術の失敗を回避するには

レーシックは入院する必要もない手術の上、失明の心配もない安全性が高い手術ですが、失敗やリスクはゼロではありません。

ここでは、今までどのようなリスクがあったかをご説明しましょう。

●感染症

一昔前、レーシックを受けた人達が集団で角膜炎にかかってしまったことがあります。

調べによると、クリニックがしっかりと医療機器の滅菌消毒をしていなかったとのことです。

クリニックだから必ずしも衛生管理がしっかりしているとは言えません。

また、レーシックに使用する機器は温度や湿度によっても影響を受ける為、しっかり管理されている必要があります。

その為、必ず各クリニックの衛生管理について調べてみましょう。

大阪で人気の高い品川近視クリニック梅田院は、厳しい規格や規定をクリアした空気のきれいなクリーンルームにて手術を行います。

もちろん、機器の消毒も徹底され、使い回しなどありませんのでご安心下さい。

ただし、感染症はクリニックだけが問題ではありません。

術後きちんと目薬をささなかったり、すぐにバッチリアイメイクや温泉プールなど控えないなどでは、感染症にかかってしまう場合もあるので、注意されたことは守りましょうね。

●ハロ・グレア現象

夜間のライトがにじんだり、いつもよりまぶしく見えてしまうのがハロ・グレア現象です。

レーシックを受けた直後は誰もが感じやすいものですが、通常はだんだんと戻っていきます。

しかし、症状が続き、ずっと見えづらくなる場合もあるんですよ。

この原因は夜間の際の瞳孔の大きさが大きすぎることによります。

暗い所では瞳孔が大きくなりますが、照射できるレーザーのサイズにはそれぞれ限りがあります。

適応検査時に、暗い所での瞳孔経を測りますが、きちんと計れていないと大変です。

その為、機器も医師もしっかりしていないといけません。

品川近視クリニック梅田院では、検査・手術のどちらの機器も最新のものを取り揃えています。

レーシックのスペシャリストである経験豊富な医師は、ホームページを見れば経歴もしっかりチェックすることができるでしょう。

このように、いろいろなリスクはありますが、回避や低くすることも可能です。

しかし、他にもリスクや失敗の恐れはあるので、不安な点は事前に確認しておきましょう。

適応検査の際、ただ手術可能というだけでなく、きちんとリスクを説明してくれるクリニックかどうかもチェックしてみましょう。

また、術後は決められたことをしっかりと守り、不安な点があればすぐにクリニックに相談しましょうね。

このページのトップへ↑

人気医師にレーシック手術を指名することは可能?

レーシック手術を受ける際、できれば人気の高い医師に手術を担当して欲しいと誰もが思うでしょう。

クリニックにより医師を指名できる所もあればできない所もあります。

《指名する際のデメリットも知っておこう》

医師を指名してしまうと、手術日が遅れてしまったり、スケジュールを合わすのに大変ということも出てきます。

また、指名料が別途かかる場合もあるんですよ。

《人気の品川近視クリニックは指名できる?》

大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニックは基本的には医師の指名を行なっていません。

主治医制ではない為、担当する医師は手術を受ける日などの状況により決まってきます。

それでも、希望があれば、品川近視クリニックでも指名することができますよ。

ただし、指名料として3万円かかってしまうのと、希望する医師の出勤日に合わせて来院予約を取る必要がありますので、事前に電話にて確認してみましょう。

品川近視クリニック大阪院では院長に直接メール相談することもできるので、空いているスケジュールを聞いて合わせて予約を取ることもできますね。

しかし、品川近視クリニックで手術を受けている多くの利用者は指名は利用しないんですよ。

それは経験豊富な医師が揃っているからです。

品川近視クリニック大阪院には常に10名以上の医師がいます。

全ての医師が日本眼科学会が定める眼科専門医登録番号をもった眼科専門医となっています。

さらには、品川近視クリニック独自の厳しい教育カリキュラムで特訓を積み、使用機器ごとのライセンスを取得した医師たちばかりです。

関西圏でナンバー1の症例数を誇るので、どの医師でも手術経験が豊富で安心して任せることができます。

これにより、より無駄な時間もお金もかかることがないので、より安いレーシック手術を受けることができるんですよ。

指名して、費用が高くなったり、手術する日が遅くなってしまうことなく満足いくレーシックが受けられる所を選んでくださいね。

このページのトップへ↑

レーシック後の定期検診を把握しスケジュールを決めよう

レーシックは入院することなく通院で手術を受けることができます。

しかし、手術後にも決められた定期検診があるので、手術日だけでなく、定期検診も把握し、スケジュールを空けておかなければいけません。

人気クリニックの定期検診について調べてみました。

(品川近視クリニックの場合)

●アマリス750Zレーシックなど一般的なレーシック手術(手術翌日・1週間後・3ヵ月後の3回)

●エピレーシック(手術翌日・3日後・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後の6回)

●フェイキックIOL(手術翌日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後・1年後の6回)

(神戸神奈川アイクリニックの場合)

●プレミアム アイデザインレーシックなど一般的なレーシック手術(手術翌日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後の4回)

●エピレーシック(手術翌日・2日後・3日後・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後の6回)

●フェイキックIOL(手術翌日・翌々日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後・1年後・2年後・3年後の9回)

このように、術式によって回数も変わってきますし、同じ回数でも、通う時期は変わってくることもあります。

受けようと思うクリニックの術式の定期検診についてしっかりと調べて通えるかどうかも検討しておきましょう。

《近くの眼科で定期検診を受けることも》

クリニックによっては提携している眼科で定期検診を受けることができる場合もあります。

クリニックまで通うのが大変という人は、提携している眼科があるかどうか聞いてみましょう。

ただし、手術を受けたクリニックでは定期検診も無料で受けられる所がほとんどですが、提携眼科になると有料となってしまいます。

交通費と比べてどちらがお得かどうかを検討して損をしない方を選んでくださいね。

また、手術翌日の検診だけは手術を受けたクリニックで検診しなければならないことも知っておきましょう。

手術日を決める際は、このように定期検診のことも考えた上で決めると、後で困ることはありませんよ。

このページのトップへ↑

レーシックの適応検査後にコンタクト使用や運転は可能?

適応検査が終わった後にも気をつけなければならないことがあります。

レーシックの適応検査後に注意したいポイントを分かりやすくQ&A形式でまとめてみました。

(Q)適応検査後に車の運転は可能?

(A)適応検査直後は、車だけでなくバイクや自転車の運転も控えましょう。

まず、適応検査では瞳孔の大きさを調べる為に、瞳孔を広げる薬を使用します。

この薬を使うことで数時間瞳孔が広がったままになってしまい、通常より光がまぶしく見えたり、ぼやけて見えてしまうこともあります。

事故を起こしてレーシックどころではなくなってしまってはいけません。

安全第一を考え、適応検査へ通う際もバスや電車などの公共機関を使ったり、送り迎えをしてもらいましょう。

(Q)適応検査後すぐにコンタクトを装着して帰ることは可能?

(A)適応検査後にコンタクトを装着して帰ることは可能です。

しかし、装着してしまうとその分、手術する日が延びてしまうことになります。

適応検査前だけでなく、手術前にもコンタクトの使用は中止しなければなりませんからね。

早くレーシックを受けたい場合は適応検査後もコンタクトを装着せずにメガネで我慢しておきましょう。

(Q)適応検査後にショッピングや食事など予定を入れても大丈夫?

(A)適応検査後にショッピングや食事など行うことは可能です。

しかし、屋外はもちろん、室内の蛍光灯の明かりもまぶしくて目が開けにくかったという人もいますので、色の濃いサングラスを用意しておくといいですね。

手術日が適応検査の翌日でなければお酒を飲んでも大丈夫ですよ。

また、メイク直しすることも可能です。

ただ、視界が悪い為、いつもより酔いやすくなってしまったり、メイクしづらい場合もあるかもしれません。

適応検査後の症状は人それぞれ変わってきますので、無理をせずに変更しやすい予定にしておきましょう。

(Q)適応検査後から手術までに気をつけることはある?

(A)視力を下げない・眼病にかかったり傷つけないように注意しましょう。

どうせレーシック手術を受けるからと、目を酷使してはいけません。

適応検査で測定したデータを使用してレーシック手術を行いますので、眼の状態が変わってしまうと最善の手術結果とならないことにもなりかねません。

また、目に異常がある場合は手術中止や延期になってしまうこともあります。

このように適応検査後も注意しなければならないポイントがあるので、手術可能と診断されたからと安心しないように気をつけましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックの術式が多い&最新機器を取り扱うクリニックがおすすめ

大阪でスムーズにレーシック手術を受けるのであれば、術式が多いクリニックを選ぶのがおすすめです。

手術を受ける前には適応検査を受けなければなりません。

しかし、角膜の形や厚みでレーシック手術ができないと断られてしまう場合もあるんです。

《角膜が薄くても受けられるレーシックは増えている》

今では、機器の性能がアップしたことで角膜が薄くても受けられるレーシックはあります。

また、通常のレーシック以外にも角膜の形状不正や薄くても受けられる術式はたくさんあるんですよ。

●エピレーシック

角膜が再生するので、薄い人でも受けられる視力矯正手術になります。

角膜の強度も変わらないので、激しい運動をする人にもぴったりで、角膜の厚み関係なく選ぶ人も多いんですよ。

●イントラ角膜リング

半円のリングを挿入することにより、禁止や乱視を矯正するだけでなく、円錐角膜の病気の進行も抑えることができる視力矯正手術です。

●フェイキックIOL

眼内にレンズを挿入する角膜を削らない視力矯正手術です。

角膜が薄い人でも、円錐角膜の人でも受けることができます。

このようにたくさんの術式がある所を選べば、適応検査をしてレーシックが受けられない・・・なんてことにはならないはずですよ。

大阪で人気の高いクリニックの取り扱っている術式について調べてみました。

(品川近視クリニックの場合)

まず、通常のレーシックだけで、6種類もあります。

さらに、老眼治療が3種類、その他の視力矯正手術が8種類と合計で17種類も揃っています。

(神戸神奈川アイクリニックの場合)

通常のレーシックは5種類、老眼治療が4種類・その他視力矯正手術が9種類と合計18種類ありました。

もちろん、どちらもそれぞれ最新の機器を取り揃えています。

これなら、みなさんの目に合わせてだけでなく、ニーズにあった術式を選ぶこともできますよ。

希望通りの術式が選べるとは限りませんので、適応検査を受けてどの術式が受けられるか早速チェックしていましょう。

このページのトップへ↑

レーシックとオサート大阪ならどっちがおすすめ?

最近よく耳にするようになったオサートとは、就寝時に専用のコンタクトを装着することで視力を矯正する方法になります。

正式名称はオルソケラトロジーと言います。

専用のコンタクトを寝ている間に装着するだけなので、手術の必要はないんですよ。

また、レーシックが受けられない未成年の子供でもコンタクトの付け外しができれば使用することが可能です。

さらに、近視だけでなく乱視や遠視、老眼の矯正を行うこともできるんですよ。

《オサートのデメリットを知っておこう》

それなら、レーシックよりもオサートを受けようと思う人もいるかもしれませんが、オサートにもデメリットはあります。

●一生使い続けないといけない

オサートのしくみは寝ている間にコンタクトにより角膜を変形させることで視力を回復することができるんですよ。

その為、就寝時はずっとコンタクトを装着しなければなりません。

最初は違和感があり慣れるまでは寝られなかったという体験談もあります。

●一日中裸眼でいられるとは限らない

寝ている間に角膜を変形させたとしても、時間が経てばだんだんとまた視力が悪い状態に戻ってしまいます。

その為、朝起きてからは裸眼ではっきり見えたけど、夜になったり早ければ午後には見えにくくなる人もいます

仕事などの途中でメガネやコンタクトを使用しなければならなくなると、ちょっと不便ですよね。

●眼病のリスクも高くなる

コンタクトを装着してしまうとどうしても、目に酸素が行き渡りにくくなってしまうことで眼病にかかってしまうこともあります。

他にも、コンタクトの汚れや傷などにより、眼病にかかるリスクが裸眼と比べるとどうしても高くなってしまいます。

●定期検診が続く

レーシックの場合も定期検診がありますが、数回で済みます。

それに比べてオサートは3ヶ月に1度など、使い続けている以上ずっと通わなければならなくなります。

大阪人気レーシックランキングで第2位の神戸神奈川アイクリニック梅田院では、オサートを受けることができるんですよ。

気になる人は、適応検査を受けてみましょう。

ただし、レーシックと同じく適応検査があり、コンタクトの使用停止なども同様です。

適応検査では、オサートだけでなく、レーシックが受けられるかどうかも同時に調べてもらうこともできますよ。

その為、最初からオサートと決める必要はありませんよ。

検査を受け、みなさんとってどちらがいいかをしっかり医師に相談し、納得した上慎重に決めていきましょうね。

このページのトップへ↑

大阪で評判の良い病院が1番とは限らない

レーシック手術を受ける際、やはり評判の良い病院にて受けたいのは誰もが思う所でしょう。

これはレーシックに限らず、手術を受ける場合はその病院の評判は気にしてしまうものです。

《ランキング1位=1番良い病院とは限らない》

当サイトでも大阪人気ランキングにて順位をつけています。

しかし、1位の所がみなさん自身にも1番合っているとは限らないんですよ。

しっかりと自分に合い、そして後悔しない病院を選ぶにはランキングだけでなく下記についてもチェックしてみましょう。

●通いやすい所かチェックしよう

まず、場所によっては、1位の所より2位の所の方が通いやすかったなんてこともあります。

レーシック手術を受けるとなると、適応検査や定期検診も含め最低でも5回は通わないといけなくなりますからね。

しかし、大阪で1位の品川近視クリニック梅田院も2位の神戸神奈川アイクリニック梅田院も近くにあるので、通い方により不便さはあまり出てこないでしょう。

他の病院を検討している場合は、しっかりと通いやすさもチェックしておきましょうね。

●手術日・定期検診日まで調べよう

そして、チェックして欲しいのが、手術日についてです。

病院により毎日手術を行っている所もあれば、手術する曜日が決まっている所もあります。

いくら評判が高くても、希望する曜日に手術を受けられない場合、仕事や学校を休んだりなど不便になってしまうこともあります。

さらに定期検診の日程も決まっている所もあるので、通いやすいかしっかりとチェックしておかないと、手術結果は良くても通いにくくなることで満足度も下がってしまいますよ。

《実際に病院へ行ってみよう》

これらの下準備ができたら、後は適応検査を受けたり、説明会に行くなどして比較してみるのがおすすめです。

評判がいい病院でも、みなさんと相性が合うかは分かりませんからね。

ランキングで人気の2つの病院に行くだけでも、比較しやすくなりますよ。

当サイトのランキング情報もぜひ参考にしてください。

しっかりと比較し、みなさんにとって1番合っている所を見つけましょうね。

このページのトップへ↑

レーシック手術を受けたい子連れママへの注意点

ここでは、大阪でレーシック手術を受けたい子連れママへ知っておいて欲しい注意点Q&A方式でまとめてみました。

もちろん、クリニックによって変わってくることもあるので、ここでは大阪で人気ナンバー1である品川近視クリニック梅田院について回答してしています。

《子連れママが気になるレーシックの疑問を解消しよう》

Q)授乳中でもレーシック手術を受けることができますか?

A)可能です

妊娠中は安全第一を考えレーシック手術は行っていないクリニックがほとんどになります。

しかし、出産し授乳中なら手術可能な所は多くなり、品川近視クリニック梅田院でも受けることができます。

ただし、手術後の経過次第では、炎症を抑える為のステロイド内服薬を使用する場合も出てきます

内服薬を服用中は、授乳を中断する必要が出てしまうことも知っておきましょう。

寝ている間にいざ授乳となった場合、メガネを探したり、見えづらいなか赤ちゃんのお世話はとっても大変ですよね。

レーシックを受ければ、ママの負担もしっかりとカバーしてくれるはずですよ。

Q)子供を連れてクリニックへ通うことはできますか?

A)他の付き添いの大人がいれば可能

手術も日帰りで入院する必要がないレーシックなので、子供を連れてクリニックへ通いたいというママもいるでしょう。

しかし、ほとんどのクリニックには託児施設やキッズルーム等は用意されていません。

手術は日帰りと言っても2時間近くかかってしまいますし、適応検査となると3時間近くと、もっとかかります。

品川近視クリニックでは、子供は検査フロアや診察室には入れません。

その為、待合室に他に付き添える大人がいれば一緒にクリニックへ通うことは可能となっています。

しかし、数時間も時間待合室で待っておくなら、お留守番してもらったり、どこかに出かけてもらっておいた方がおすすめですよ。

誰も見てくれる大人がいないというママもレーシック手術を諦める心配はありません。

品川近視クリニック梅田院では、携託託児所を無料で利用できるサービスがあるんですよ。

適応検査と手術日のどちらも無料で、さらには0歳児から預かってもらえます。

このように、大阪で人気が高いクリニックはママにも手術を受けやすい事が分かりましたね。

毎日大変なママの仕事を少しでも楽にする為にも、レーシックを受けてみるのがおすすめですよ。

品川近視クリニックならコンタクトを使用していてもすぐに受けられる簡易検査もあるので早速予約してみましょう。

このページのトップへ↑

大阪で受けられる針治療で視力回復は本当?

大阪での視力回復について、いろいろと検索してみました。

すると、視力回復効果がある鍼治療が行われている鍼灸院があることが分かりました。

《回復が期待できるのは仮性近視のみ》

しかし詳しく調べてみると、鍼によって期待できるのは眼精疲労を回復したり、仮性近視方の視力回復というものでした。

仮性近視とは、目の一時的な近視の状態を言い、いわゆる目が悪くなり始めたばかりの状態になります。

その為、近視になって時間が経っている大人のほとんどは真性近視になり、鍼治療により視力はアップは残念ながら期待できません。

ただし、全く効果がないとは言い切れません。

鍼治療により眼精疲労を回復することで、目の疲れが取れいつもより見えやすい状態になることも期待できます。

しかし、その視力は裸眼になるぐらい回復するとはとてもいいがたいでしょう。

また、鍼治療で視力が回復したとしても、通い続ける必要が出てきます。

そうなると、1回あたりは安い治療費であっても、トータルするとレーシックよりも高くなってしまうこともあります。

もちろん、通ったからと言って、必ずしも裸眼になれるほど視力が回復するとも言えません。

《レーシック手術を受ければその日のうちにはっきり見ることも》

これらのことから確実に視力を回復したい大阪人には、やっぱりレーシックがおすすめなんですよ。

手術を受ければ、早ければその日のうちからはっきり見ることができます。

大阪で人気の高い品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックなら、適応検査・手術・定期検診合わせて最低5回通院するだけで済むんですよ。

利用者のほとんどが視力が回復し、裸眼生活を送っています。

また、人気クリニックなら保障制度も高く、万が一視力が下がっても再手術を無料で受けることができるので安心なんですよ。

試しに鍼治療を試してみるのであれば、レーシックの適応検査を受けるのがおすすめです。

鍼治療は有料ですが、レーシックの適応検査なら無料で受けることができますよ。

このページのトップへ↑

名古屋でもレーシック手術のモニターが可能?

『モニターなら無料でレーシックを受けられお得!』と、名古屋でモニター募集がないか検索している人もいるでしょう。

名古屋でもレーシック手術のモニターを募集しているクリニックはあります。

しかし、モニターといってもいろいろあり、必ずしもおすすめとは限らないんですよ。

《モニターの注意点を確認しておこう》

●モニター=無料とは限らない

モニターというと勝手に無料と思ってしまいがちですが、そうとは限りません。

半額負担や25%割引など通常より安く受けられる有料モニターもあります。

他のクリニックと比べたらモニターで割引になったのに高かった・・・なんて体験談もあるので気をつけましょう。

●手術日や検査日など指定され通いにくくなることも

モニターで安くなる分、クリニックの都合に合わせて手術日や検査日を指定されることもあります。

忙しい時期に無理して手術を受けることでみなさんにとって負担になることもあるので、気をつけましょう。

●指定された術式のみしか受けられないことも

レーシックと言っても、たくさんの術式があり、それぞれ特徴も変わってきます。

受けたい術式やみなさん自身に適していない術式なのに、安いからといって受けるのはおすすめできませんよ。

いくらレーシックは再手術ができるとは言え、出来る限り1度で済ませたいものです。

後悔しない為にも、条件が合わないモニターには応募しないようにしましょう。

●実名や顔写真がネットやパンフレットに掲載されることもある

モニターに当選した場合、安く手術できる分、アンケートに答えたり、レポートを提出する場合もあります。

さらには、クリニックのホームページやパンフレットにレーシックを受けた体験談が実名や顔写真付きで掲載されることもあるので、確認しておきましょう。

名古屋で人気の高い品川近視クリニック名古屋院も神戸神奈川アイクリニック名古屋院もモニターを募集することがあります。

公式ホームページをしっかりチェックして見逃さないようにしましょう。

当サイトのランキングページからそれぞれの公式ホームページにリンクしているので、早速チェックしてみてくださいね。

このページのトップへ↑

花粉症の人こそ早期レーシック手術がおすすめ!

『花粉症だからレーシックは受けられないのでは・・・』と思っている人も多いでしょう。

しかし、花粉症の人もレーシックを受けることができるんです。

それどころか花粉症の人にこそレーシックはおすすめで、誰よりも早く受けてほしいところなんですよ。

《花粉症の人にレーシックがおすすめな訳とは》

●見えにくさや不便さがなくなる

花粉症により目が乾いたりかゆくなることで、コンタクトが装着できないという人も多いんですよ。

メガネで代用してもコンタクトよりは視力が下がって見えにくいという場合もあるでしょう。

また、メガネでは不便という人もいます。

もちろん、レーシックを受けたからといって、花粉症がなくなる訳ではありません。

しかし、かゆみや乾燥しても視力は裸眼ではっきり見えるので、見えにくさや不便さは手術前と比べて改善しますよ。

●コンタクトを使い続けることで眼病のリスクが高くなることも

通常は目にゴミが入ると涙により洗い流してくれています。

しかし、コンタクトを装着していると、涙による洗浄効果が低くなり、目の中に残ってしまいがちなんですよ。

これにより、コンタクトを汚れやすくしてしまったり、目を傷つけやすくしてしまうことがあります。

●花粉症の治療もしてくれるクリニックも

実はレーシック後に処方される点眼薬は、花粉症の症状も和らげてくれる効果があるんですよ。

名古屋で人気第2位の神戸神奈川アイクリニック名古屋院では、花粉症も1年間無料で治療と薬の処方もしてくれます。

これなら、わざわざ2つのクリニックに通院する必要なく、レーシックの定期検診の際に花粉症も診察してもらえて便利ですよ。

今は花粉症じゃないという人も、コンタクトを使用し続けることで花粉が目に長時間残ってしまいやすく発症してしまう可能性が高くなってしまいます。

コンタクトを使用している人は花粉症の人はもちろん、まだ花粉症でない人も早めにレーシックを受けることをおすすめします。

《花粉症の人がレーシックを受ける際の注意点》

花粉症の場合でも、季節を問わずにいつでもレーシックを受けることができます。

しかし、目にかゆみが出やすいという人は、花粉症が治まった時期を選ぶことをおすすめします。

手術直後は、目をかいたりしてはいけません。

かゆみが点眼薬で抑えられても、かくのが癖になっているなどありますので、できれば症状があまり出ない時期を選ぶといいですね。

早くレーシックを受ければ、見えづらいなど不便な時期なく年中快適になりますよ。

このページのトップへ↑

名古屋のレーシック手術費用は高い?安い?

名古屋でレーシックを受ける場合、手術費用は全国的にみて高いのか、はたまた安いのかを調べてみました。

《人気クリニックなら東京や大阪と変わらない費用》

名古屋で人気第1位の品川近視クリニック名古屋院は全国5カ所に、第2位の神戸神奈川アイクリニックは全国6カ所にあります。

それぞれのクリニックは、全国共通の手術費用となっています。

その為、名古屋でも東京や大阪でレーシックを受けるのと変わることはありませんよ。

《クリニックによって手術費用が違うのはなぜ?》

そもそもクリニックによってどうして手術費用が変わってくるのでしょうか?

それは、レーシックは自由診療になり、それぞれのクリニックで自由に手術費用を決めることができるからなんですよ。

手術費用が変わってしまう要因を挙げてみました。

●最新機器を使用している場合

●人件費や経費など

●クリニックの儲けの程度により

これらにより、手術費用はそれぞれのクリニックにより変わってしまいます。

その為、高い方が安い所よりもより満足でいるレーシック手術が受けられるとは限らないんですよ。
→ そのため、一概に料金が高い方が安いところより満足なレーシック手術を受けられるとは限りません。

《人気クリニックが安い手術費用で済む理由とは》

名古屋で人気ナンバー1の品川近視クリニック名古屋院は、ただ人気が高いだけでなく手術費用も安くなっています。

安いと言っても、最高の設備を整え、最新機器を使用し安全第一に手術を行っています。

それなのに安く抑えることができる理由を挙げてみましょう。

●専門分野ごとの担当によりより多くの利用者のレーシックを行える

通常の眼科の場合、医師・看護師・受付スタッフが揃っているでしょう。

しかし、品川近視クリニックでは、この他にも視能訓練士・臨床工学技士求人・ドクターアシスト・検査員・検査助手・クラークなど合わせて9つの専門分野のスタッフがいます。

これにより、それぞれの専門分野が分担してスムーズに検査から手術まで行うことができ、より多くの利用者の手術を行うことができるんですよ。

●利用者が多いのでその分安く抑えることができる

1日により多くの利用者が増えれば、最新の機器を揃えても高額になることなく抑えることができるんですね。

●口コミにより利用者が増え、広告費にお金を掛ける必要がない

さらに、口コミによりどんどん利用者は増えています。

その為、高くなりがちな広告費に経費をかけることもありません。

このように人気が高いクリニックは最新の手術が受けられるだけでなく、より安くてお得なんですよ。

ただ手術費用が高いか安いかで決めることなく、しっかりとチェックしてみましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックの手術数激減って本当?

レーシックの手術数がここ最近減っているという噂があります。

《手術数が減っている本当の理由をしっかり知ろう》

事実、レーシックの手術数は減ってはいますが、なにもレーシック手術がダメだから減っているという理由ではなさそうです。

ここ最近になり、レーシックの費用がとても安くなりました。

また、クリニックによっては、無料で適応検査を受けることができたり、無金利ローンを展開している所があるなど、利用しやすい環境が整ってきました。

これにより、ここ数年はレーシックを受ける人が急激に増えた時期があった為、現在は減っているような数値になってしまっているだけなので、ご安心ください。

《手術するならより早い方がおすすめ!》

爆発的な利用者によりレーシックの価格を下げることができたのも事実です。

また、レーシックの手術費用にも消費税はかかります。

今後は、今よりも安くなるというよりは、高くなっていく可能性の方が高くなってしまうかもしれません。

さらには、今すぐレーシックを受けるとの数年後レーシックを受ける場合を比べると、より早く裸眼になった方が視力矯正にかかるお金を使う必要がなく、よりお得なんですよ。

これらのことから、レーシックを受けるか悩んでいるなら、早く手術することがおすすめです。

今後手術費用が横ばいのままであったとしても、消費税が上がることは分かっていますから値上がりは確実ですよ。

《適応検査を試しに受けてみるのがおすすめ》

早速、適応検査を受けてみましょう。

大阪人気レーシックランキングの上位3つのクリニックなら、無料で適応検査を受けることができますよ。

手術するかどうか決めていなくても、適応検査でレーシックが受けられるかどうかをチェックしてもらうことが可能です。

検査してみないとレーシックが受けられるかどうかも分かりませんし、どの術式が合っているかも分かりませんので、試しに受けてみるのがおすすめです。

今の眼の状態と予算を知った上で、手術するかどうか決めるという人も多いんですよ。

ただし、どのクリニックも適応検査も予約が必要となります。

また、コンタクトを使用している人は使用している種類ごとに決まった使用中止期間をしっかり守る必要があったり、適応検査には数時間かかることも知っておきましょう。

しかし、これらは満足いく手術を受ける為にとても重要なので、必ず守った上で早く適応検査を受け、しっかりとレーシックを検討してみましょう。

このページのトップへ↑

レーシックを成功させるには適応検査が重要

適応検査では、レーシックが受けられるかどうかみなさんの目を徹底的に調べていきます。

しかし、それと同時に実際に手術で使用するデータも計測しています。

《しっかりと適応検査を行っているクリニックを選ぼう》

適応検査がちゃんと行われていないとなると、術後の結果に後悔してしまう場合も出てきます。

再手術はできるものの、できる限り1度の手術で満足いく為には、万全の態勢整えておく必要があります。

適応検査がしっかり行われているクリニックかどうかを事前にチェックしましょう。

例えば、大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニック梅田院では、最新の検査機器を使用し適格な検査を行っています。

さらに、厚生労働大臣より取得した視能訓練士(ORT)の免許を持った検査員が中心となり、しっかり検査を行っていきます。

このように、手術の費用や内容だけでなく、しっかり適応検査を行っているクリニックかも忘れずに調べてみましょうね。

《手術結果を左右しないよう万全の態勢を整えて受けよう》

適応検査がしっかり行われているクリニックを選んだだけではダメですよ。

ご自身でも適応検査前に注意しておきたい点を挙げてみました。

●体調管理をしっかりしよう

視力や眼の状態は体調により変化してしまうこともあります。

しっかりと検査してもらう為にも、体調管理は重要です。

適応検査の前には体調管理を万全に行いましょう。

体調が悪い時は、無理をせず早めに予約を延期してもらうのがおすすめですよ。

また、病気などで通院中や薬を服用中の場合は、適応検査を受けられるかどうかクリニックに確認しておくと安心ですね。

●検査前日の過度な飲酒は控えよう

適応検査前に絶対に飲酒はダメとはいいません。

しかし、体調を万全に整えることと、しっかりと検査員の指示に従い検査を受ける為には、過度な飲酒は控えた方がいいですね。

●コンタクトの中止使用期間は必ず守ろう

使用しているコンタクトの種類によって中止期間は異なります。

『ちょっとぐらい・・・』と守らない場合、正確な検査を行うことができません。

万が一コンタクトを使用してしまった場合は、クリニックに相談し、適応検査日を延期するようにしましょう。

手術した後に後悔しない為にもこれらについてしっかり守って適応検査を受けましょう。

このページのトップへ↑

沖縄県民が人気レーシック受けるなら大阪がおすすめ

沖縄県にお住まいの人で人気レーシックを受けたいなら大阪のクリニックを選ぶのがおすすめです。

もちろん、沖縄にもレーシックを受けられる眼科はあります。

しかし、大阪で人気のクリニックと比べると手術数も体験談数も大きく異なってしまい、せっかくなら利用者が多く技術力も高いクリニックで受けたいですよね。

《福岡よりも交通費が安く済む》

大阪で人気上位の品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックもどちらも福岡にもありました。

しかし、沖縄からなら福岡よりも大阪の方が安く済みます。

クリニックへは適応検査・手術・定期検診と数回通わなければなりません。

電車・高速バス・フェリーを併用するなどありますが、飛行機を利用するのが安くて時間もかからず一番おすすめです。

《さらに安く済ませる為の方法》

沖縄から大阪の人気クリニックをさらに安くするためのポイントを挙げていきましょう。

●早割チケットやホテルがセットになったパックを利用しよう

少しでも交通費を安く済ませる為には、早割チケットを購入したり、宿泊がセットになったパックを利用しましょう。

手術は日帰りできますが、翌日の検診も必須の為、大阪で1泊する必要が出てきます。

早めに調べて予約や申し込みを済ませておきましょう。

●1日レーシックの利用も検討してみよう

大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニックでは、1日で適応検査と手術を受けられる1日レーシックがあります。

これを利用すれば、1回の交通費もしくは1泊分の宿泊代を抑える事が可能です。

●身分証明証が現住所になっているか確認しよう

大阪で人気第2位の神戸神奈川アイクリニックには遠方割引があり、沖縄から通う場合1万円割引してくれます。

現住所が沖縄であると確認できる身分証明証が必要となります。

また、手術費用を支払った後は割引できませんので、支払い時に必ず持参するようにしましょう。

●定期検診が沖縄で受けられるかも確認を

例えば品川近視クリニックでは手術後に、翌日・1週間後・3ヶ月後と定期検診を行います。

翌日検診は手術を受けたクリニックで受けなければなりませんが、特に問題がなければ1週間後・3ヶ月後はお住まいの都道府県内眼科を紹介してもらうこともできるので確認してみましょう。

紹介された眼科へ通う場合、定期検診代が有料にはなりますが、交通費と比べたら安く済ますことができるでしょう。

これらにしっかり気をつけ、沖縄からでも少しでも安い費用に抑えてレーシックを受けましょうね。

このページのトップへ↑

レーシック手術するなら紫外線対策を

レーシック手術をお考えなら、紫外線対策についても考えておきましょう。

《手術前も手術後も紫外線は眼に悪い》

紫外線は肌を黒くしたりシミなどを増やすくだけではありません。

眼に紫外線を浴びることで炎症を起こしたり、眼病の原因になってしまったり、最悪視力が悪くなることもあるんです。

手術前もダメージを与えない為にも紫外線対策は必要ですが、メガネやコンタクトはUVカットレンズが多くなっています。

一番気をつけないといけないのは、術後の眼です。

せっかく裸眼でみることができるようになったのに、また視力が下がったり、眼病になっては最悪です。

《UVカットメガネを1つは準備しておこう》

術後すぐに視力が回復したり、痛みがなくなったからといって安心せずに、数ヶ月間はしっかりと紫外線対策を行いましょう。

『サングラスを持っているから・・・』という人もいるかもしれませんが、仕事の時や服装などによりサングラスができない場合もあるかもしれません。

そこで、無色のレンズのUVカットメガネを用意しておくのがおすすめです。

紫外線は夏だけではありませんし、曇の日でも気をつけなければなりません。

大阪で人気ランキング第2位の神戸神奈川アイクリニックでは、現在お使いの度入りのメガネを度なしのUVカットレンズに交換してくれるサービスを行ってくれますよ。

《フィット&レンズが大きめのものを選んでおくのがおすすめ》

今ではほとんどのメガネがUVカットレンズになっています。

新たに、買い換える場合は、できれば大きめのレンズを選んでおくのがおすすめです。

また、きちんとフィットしているかどうかもチェックしておきましょう。

《女性はジェルネイルにも注意が必要》

最近は、セルフでジェルネイルを行うことができますが、UVライトが眼に入ると紫外線を浴びたことになってしまいます。

屋外だけでなく屋内でも紫外線には注意しましょうね。

紫外線を気をつけることで、術前も術後もスムーズで満足いくレーシックを受けることができるはずですよ。

このページのトップへ↑

大阪の人気クリニックのレーシックにデメリットはある?

人気の高いクリニックは、手術実績も多くなる分、技術力も高く、また最新の機器を揃えても手術費用も安く抑えることができるメリットがあります。

しかし、残念ながら人気が高いことによるデメリットもゼロではありません。

《希望する日に手術できないことも》

人気が高い分、利用者が多くなってしまいます。

これにより、早く手術を受けたくてもなかなか予約が取れないなんてことも多くなります。

特に、土日祝日などにレーシックを受けたい人は多くなってしまいがちですからね。

適応検査を受けたはいいが、いざ手術となると、すごい先になってしまうということもあります。

適応検査を受ける前に、希望する日が決まっていれば、空いているかを事前に確認してみましょう。

手術を即決しない場合でも、空き状況について確認しておくといいですね。

大阪で人気の高い品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックでは、フリーダイヤルによる電話での問い合わせを行うことも可能ですよ。

《定期検診の日程についても確認しておこう》

早く手術を受けたいからと、土日の手術が希望だったのに、平日に仕事を休んでレーシックを受ける人もいます。

手術自体は日帰りなので、1日休みだけで済むと思っている人が多いんですが、その後に定期検診に数回行かなければなりません。

例えば、品川近視クリニックでは、手術翌日・1週間後・3ヶ月後と定期検診に通います。

手術翌日は日程をずらすなど変更することはできません。

また、1週間後、3ヶ月後の検診も、基本的には手術を受けた曜日になるので、平日にしてしまうと、手術日だけでなく、定期検診日も休まなければならない場合も出てきます。

定期検診は、クリニックによって変わるだけでなく、選んだ術式によっても変化します。

必ず定期検診の日程についても確認しておくようにしましょう。

このように、人気が高いことによるデメリットもありますので、早めに予約したり、問い合わせて後々通いにくくなることがないように気をつけましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックで入院することは可能?

レーシックの手術時間は数十分で、準備や術後の休憩など合わせても数時間で終了する日帰り手術となっています。

《不安だからや保険の為に入院することもできない》

翌日の検診もあるなら入院した方が安心という人もいるでしょう。

また、生命保険や医療保険に加入していると、給付金が増えるからと入院希望する方もいます。

しかし、残念ながらレーシックで入院することはできません。

人気クリニックはもちろん、眼科のほとんどに入院できる施設がないからです。

保険の場合は、日帰り入院扱いにはならないので、入金給付金はなく、手術給付金のみとなりますのでご注意ください。

《クリニック近くのホテルを活用しよう》

クリニックから自宅までが遠いなどで手術後帰宅するのが不安という方は、クリニック近くのホテルに1泊するのがおすすめです。

手術後、移動も少なく済みますし、万が一トラブルが起こってもすぐにクリニックに戻ることができます。

大阪で人気レーシックランキング第1位の品川近視クリニック梅田院は、ハートンホテル西梅田・新阪急ホテルアネックス・ホテルモントレ大阪・ホテル阪神と提携しているホテルが4つもあります。

どれも梅田駅周辺にありますが、最もクリニックへ近いのはホテル阪神になり徒歩3分となっています。

予約特典として、13時までのレイトチェックアウトの無料サービスがあったり、加湿機能空気清浄機もありますので、乾燥対策もバッチリですね。

《クリニック近くのホテル宿泊のメリット》

クリニック近くのホテルに宿泊するメリットは帰宅が楽になるだけではありません。

手術前は、メイクやヘアセットなども禁止となります。

メイクやヘアセットしなくても、クリニックに近いホテルからなら恥ずかしくないですよ。

《手術前にチェックイン&お風呂に入っておくのがおすすめ》

手術前にホテルにチェックインし、お風呂に入っておくのがおすすめです。

手術後は目に水が入らないように注意しなければなりませんからね。

レーシック前にホテルでお風呂に入ることで、しっかりリラックスすることも手術前の準備も整えられ便利ですよ。

このようにクリニックに近いホテルに1泊することも考えてみておくといいでしょう。

このページのトップへ↑

紹介される病院でのレーシックが一番とは限らない

みなさんの周りにレーシックを受けた友達や知り合いなどいるかもしれません。

なかには『安く手術できるから紹介するよ』なんて言われることもあるでしょう。

《合うクリニックには人それぞれ》

しかし、友達が受けたクリニックがみなさんにもぴったり合うとは限らないんです。

もちろん、友達が受けた所でも満足いくレーシックが受けられるかもしれません。

でも、もっとみなさんに合ったクリニックがあるならやはりそちらを選ぶ方がおすすめです。

レーシックと言っても様々な術式があり、クリニックによって、手術や検査時に使用する機器も変わってきます。

もちろん、みなさんの眼の状態も視力や角膜の厚みなど、それぞれ同じではありません。

他にも、通いやすさなども異なることもあるでしょう。

紹介されたからとすぐにクリニックを決めるのではなく、しっかりと検討した上で決めましょう。

《たくさんの体験談をチェックしてみよう》

身近にレーシックを受けた人がいれば、直接体験談を聞くことができとても参考になります。

また、レーシック手術の結果もしっかりとチェックすることができます。

しかし、みなさんもその通りとは限りません。

レーシックは手術である以上、少ないとは言えリスクはゼロではありません。

回復に時間がかかる人もいれば、合併症が他の人より長く続いてしまうこともあるかもしれません。

術前や術後に不安がないよう、よりたくさんのレーシックを受けた人の体験談をチェックしておきましょう。

《任せて安心なクリニックを選びましょう》

クリニックへは、『ここで手術しよう!』と決めて行かなくても、説明会や適応検査だけを受けることが可能です。

紹介されたクリニックや体験談などで人気のクリニックを実際に訪れてみましょう。

数ヶ所回れば、一番任せて安心だと思うクリニックが見つかるはずですよ。

当サイトでも大阪の人気ランキングを掲載していますので、紹介されたクリニックと比較したりなどぜひ参考にしてみてくださいね。

このページのトップへ↑

おすすめのレーシックプランを知るには適応検査を受けて

1つのクリニックだけでも、たくさんのレーシックプランがあり、どれを選べばいいか迷っている人もいるでしょう。

《適応検査を受けてみなければおすすめプランは分からない》

しかし、みなさんの好みや医師の意見だけでレーシックプランを決められるものではありません。

実際に適応検査を受けてみないと、どれが一番合っているかは分からないんです。

もし今、クリニックのホームページなどで手術費用をチェックし比較しているのであれば無意味です。

安いなどの理由から選んだクリニックへ行ったはいいが、結果高いレーシックプランになってしまった・・・なんてこともあるからです。

まずはすぐに適応検査を受け、みなさんにおすすめのレーシックプランを出してもらいましょう。

《人気の高いクリニックなら適応検査も無料で負担なし》

大阪で人気レーシックランキング上位のクリニックでは全て無料で適応検査を受けることができます。

通常、眼科などで視力検査しただけでも数千円かかってしまうこともあるのに対して、無料の適応検査では目に異常がないかなどしっかりと調べることができるんです。

これなら、まだどのクリニックでレーシックを受けようか迷っている人でも気軽に受けられますね。

《事前の基礎知識&しっかり相談しよう》

それぞれのクリニックにより使用する機器や医師の見解も変わってくれば、おすすめのレーシックプランが異なることも出てくるかもしれません。

気になる点や分からないことがあればその場でしっかり聞いておきましょう。

その為にも、事前にレーシックについての基礎知識を知っておいて損はありません。

当サイトでは、大阪でレーシックを受ける人が知っておいて欲しい情報をしっかりと掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

また、大阪で人気のクリニックではメールや電話による相談も受け付けているのでぜひ利用してみましょう。

なぜ、そのレーシックプランがおすすめなのか、しっかり理解し、納得した上で選び手術を受ければ、より満足の行く結果になるはずですよ。

このページのトップへ↑

増税前にレーシックを受けるのがお得

同じレーシック手術を受けるのであれば、少しでも安く済ませたいですよね。

2015年には消費税が10%に引き上げらます。

たった2%と思うかもしれませんが、高額になってしまうレーシックは数千円もの差が出てしまうこともあります。

《早くレーシックを受けて損はなし》

実は、大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニックでは、5%から8%に消費税が引き上げられた際、手術費用の見直しを行い、支払総額は増税前と変わることはありませんでした。

でも、他のクリニックでは3%分高くなってしまう所も出ていますし、次の増税の際に品川近視クリニックがまた見直してくれるかどうかは分かりません。

もし増税時にまた、見直して今と変わらない手術費用で済んだとしましょう。

しかし、レーシックを遅らせた分お得とは言えません。

早くレーシックを受ければ、その分長く裸眼でいることができます。

さらにコスパは高くより安くてお得という訳なんですよ。

《ローンを利用すれば今すぐ受けられる》

早く受けた方がお得と分かっていても、今すぐまとまったお金がないという人もいるでしょう。

しかし、大阪で人気の高いクリニックでは、誰もが利用しやすいようにローンが充実しています。

最長60回払いや無金利ローンがあるクリニックなどを利用すれば、コンタクトを使用している人なら負担が変わらないででしょう。

しかも、コンタクトなら使い続ける間毎月かかりますが、レーシックはローンを払い終えればもう視力矯正にかかるお金は必要ありません。

ローンを利用する際は、適応検査時に申し出ておきましょう。

事前に審査しておけば、手術当日ローンが組めないなんてことにはなりません。

勤務先の情報や、学生なら学生証も準備しておきましょう。

ただし、未成年の場合は保証人が必要な場合もありますので事前に問い合わせておくと安心です。

後は引き落とし口座の通帳と印鑑を持参しておきましょう。

増税直前になってしまうと利用者が増え、なかなか手術を予約できないなんてことにもなりかねません。

より早くレーシックを受けて損しないようにしましょうね。

このページのトップへ↑

レーシック人気ランキング上位は梅田に集中!

当サイトの大阪人気レーシックランキングをチェックしてみると、上位にランクインしているクリニックはほとんどが梅田に集中しています。

大阪には他にもたくさんのレーシックを行っているクリニックがあり、みなさんがお住まいの地域にもあるかもしれません。

しかし、やはり人気の高いクリニックを選ぶのが一番おすすめなんです。

《人気クリニックなら安心した手術を受けられる》

人気が高いということは、それだけ利用者が多くなります。

利用者が多ければ、医師の技術力も高くなりますし、体験談も多く事前に知ることができます。

レーシックは再手術することが可能とは言え、失敗したくはありません。

他の手術と同じ様に経験の多い医師に手術をしてもらいたいですし、事前にいろいろと知ることができるので、人気クリニックを選ぶ人が増えているんですよ。

《最寄りの駅を知っておこう》

人気クリニックは梅田に集中していますが、最寄りの駅はそれぞれ異なります。

●品川近視クリニック梅田院の場合

・JR福島駅から徒歩約5分

・地下鉄四つ橋線西梅田駅から徒歩約7分

・阪神本線梅田駅から徒歩約10分

・JR大阪駅から徒歩約12分

●神戸神奈川アイクリニック梅田院の場合

・地下鉄御堂筋線梅田駅から徒歩約5分

・地下鉄谷町線東梅田駅から徒歩約5分

・阪神梅田駅から徒歩約5分

・阪急梅田駅から徒歩約5分

・JR大阪駅から徒歩約7分

・地下鉄四ツ橋線西梅田駅から徒歩約12分

・JR北新地駅徒歩約12分

●SBC新宿近視クリニック大阪院の場合

・JR北新地駅から徒歩1分

・地下鉄四つ橋線西梅田駅から徒歩2分

・JR大阪駅から徒歩5分

これらをチェックして、お住まいや通勤通学で通いやすいルートをしっかりチェックしてみましょう。

クリニックへは数回通うようになるので、より安い交通費も考えましょう。

また、適応検査後や手術後は見えにくい場合もあるので、なるべく歩かないルートも検討しておくと安心です。

そうすれば、ただ手術結果に満足いくだけでなく、よりスムーズに通え満足度をアップしてくれるはずです。

このページのトップへ↑

有名人もレーシック手術しているクリニックなら安心度もアップ

レーシック手術を受けるクリニックを選ぶ際、有名人も手術している所を選ぶと安心なんです。

《有名人なら術後の結果も知ることができる》

ネット上にはレーシック手術の口コミ情報や体験談などたくさんあります。

しかし、手術前・手術・手術後までしっかり分かるものだけを絞り込むと少なくなってしまいます。

特に、手術後何年経っても特に問題はないのだろうか?・・・という心配があります。

有名人なら、テレビなどの活躍や、ブログなどがあれば、レーシック手術後の様子をしっかりチェックすることができ、とても参考になります。

《有名人と同じ術式が合っているとは限らない》

憧れや好きな有名人がレーシックを受けている場合もあるでしょう。

しかし、その有名人と同じクリニックを選ぶのはいいですが、術式は必ずしも同じものが一番とは限りません。

レーシックといっても、様々な術式があり、それぞれに合うものは変わってくる場合もあるんです。

適応検査時にしっかり医師とカウンセリングを行い、ご自身に合った術式はどれかを確認するようにしましょう。

《人気クリニックのホームページの体験談をチェックしてみよう》

大阪で人気の高いクリニックには公式ホームページがあり体験談もたくさん掲載されています。

芸能人やスポーツ選手などの有名人の体験談もありますので、ぜひチェックしてみましょう。

大阪で人気の高い品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも有名人の体験談が分かりやすくなっています。

手術前後の視力や、手術日や感想なども知ることができ、必ず参考になるはずですよ。

なかにはご自身のブログなどでレーシックについて語っている有名人もいますので、こちらもチェックしてみるといいですね。

有名人の体験談を参考にすることにより、たくさんあるクリニックや術式のなかから、間違った選択することなく、レーシック後も満足できるはずですよ。

当サイトの人気ランキングページからそれぞれのクリニックの公式ホームへジャンプできるので便利に利用してくださいね。

このページのトップへ↑

レーシックの適応検査は万全の体調に整えておいて!

レーシックは手術時だけ気をつければいいという訳ではありません。

特に適応検査時には、万全の体調に整えておく必要があります。

《適応検査はレーシック手術の可否を判断しているだけではない!》

手術前に行う適応検査は、レーシックが受けられるかどうかを診断する為だけと思っている人もいるかもしれません。

しかし、実際に手術する際には、適応検査で収集したデータをもとに進めていきます。

視力は体調によって変わることもあるんです。

検査時に疲れていることで、通常の状態をしっかり測定できなかったデータで手術しても、最適な結果が出せるとは言えません。

しっかり検査できるように、適応検査前の体調管理には十分に注意しましょう。

仕事が忙しくない時を選んでおくと目が疲れることもなくしっかり検査することができます。

また、前日の飲酒もできれば避けておく方がより安心ですね。

このように、手術前と同様に適応検査時もしっかり体調管理をしておきましょう。

そうすれば、より満足できるレーシック手術にできますね。

《適応検査後も目を大事にしよう》

レーシック直前にも一応検査はありますが、あまりにも適応検査とは違ったり、異常があれば手術が中止になることもあります。

適応検査後は、視力を極力下げたり、眼病や傷つけることなどないように注意しましょう。

そもそも適応検査の結果には有効期限がある所がほとんどです。

大阪で人気の高い品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも、適応検査の翌日から3ヶ月以内に手術を受けない場合は再検査となってしまうので気をつけましょう。

《手術日を決めて適応検査するのがおすすめ》

おすすめは、手術日も決めた上で、それになるべく近い日に適応検査を受けることです。

ただし、人気の高いクリニックは利用者が多く、希望する日に手術できるとは限りません。

適応検査を受ける前に、手術の空いている予定を確認することもできるので、それぞれで問い合わせておきましょう。

あとは、予約日に合わせてしっかり体調を整え、満足いくレーシックを受けてくださいね。

このページのトップへ↑

人気クリニックでのレーシック手術は最新機器で事故率も低い

人気の高いクリニックのレーシック手術について調べてみると、最新機器を利用していることが分かります。

最新機器になると、その分手術費用は高くなってしまいます。

しかし、安全面も高くより満足いくレーシックを受けることができるんです。

《手術中も安心できる設備が整っている》

大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニックについて調べてみました。

品川近視クリニックの全ての施術室には無停電装置が設置されており、レーシック手術中の停電でも問題なく施術を行うことができます。

さらに、レーザー照射中に地震が起こった場合も、瞳孔を認識し追尾照射しているので揺れても心配はありません。

最近は、自然災害が多く、手術中に停電や地震が起こらないとは限りませんからね。

このような設備がしっかり整ったクリニックを選べばより安心して手術を受けることができます。

《最新機器なら術後のメリットもさらに高くなる》

最新機器によるレーシックは術後のメリットもより高くなるんです。

品川近視クリニックで最新の術式になる『アマリス750Zレーシック』について調べてみました。

アマリス750Zレーシックは、今までよりもレーザーの照射の精度が上がり、照射時間を短縮できるようになりました。

これにより、目への負担が少なくなり、術後のドライアイやハロー・グレア現象などのリスクを大幅に減らすことができるようになったんです。

また、ただ単に視力がアップするのではなく、視力が悪くなる前のようにより自然な見え方に矯正してくれるんです。

メガネやコンタクトで矯正していた時とは違う、よりクリアな視界を手に入れることができるんですよ。

《最新機器のレーシックなら保障期間が長くより安心》

このように、最新機器のレーシックならより安心して手術を受けることができるんです。

その証拠に、最新機器を使用した術式は保障期間が長くなっている場合が多くなります。

事故率も低くより満足いくレーシック手術にする為には、人気クリニックの最新機器を使用した術式を選ぶといいですね。

このページのトップへ↑

レーシック手術は早く受けるのがお得でおすすめな理由

現在、近視や乱視など視力が悪くメガネやコンタクトなどを利用している人は、より早くレーシック手術を受けるのがおすすめです。

《すぐにでもレーシック手術を受けるのがおすすめな理由とは》

●コスパが高く無駄な視力矯正にかかるお金もかからない

今手術するのと、1年後手術するのを考えれば、今手術した方が、長く裸眼でいることができコスパも高くなります。

また、早く手術を受けた分、コンタクトやメガネなど視力矯正にかかってしまうお金も減らすことができるんです。

●今後値上がりする可能性が高い

消費税がまた上がることは今の時点で分かっており、手術費用が高くなってしまう可能性は高いと言えるでしょう。

これらのことから、より早くレーシックを受けた方がお得なんです。

《今すぐレーシックを受ける際の注意点》

今すぐレーシックを受けるなら、やっぱり人気の高いクリニックを選ぶことです。

ただしただ人気が高いクリニックを選ぶだけでなく、下記についても注意し選びましょう。

●支払い方法をしっかりチェックしお得なものを選択しよう

お金がないからと手術を受けるのを遅らせてしまうことはありません。

大阪で人気の高いクリニックでは全てクレジットカードやローンが利用できます。

無金利ローンがあるクリニックなら金利分安くレーシックを受けることができるので、是非利用しましょう。

他にも、現金払いで割引してくれる所もあれば、クレジットカードを利用することでTポイントが付く所もありますので、どの支払い方法がお得かをしっかりチェックしてみましょう。

●クリニックごとの比較だけでなく、それぞれの術式についてもしっかり比較していこう

人気の高いクリニックにはたくさんの視力を矯正する術式があります。

どのクリニックで手術を受けるかを比較するのではなく、それぞれの術式についても調査した上で比べて選んでいきましょう。

これらに注意し、より早くお得でみなさんにぴったりマッチしたレーシックを受けてくださいね。

このページのトップへ↑

人気医師を指名しレーシック手術してもらうことは可能?

手術を受けるなら人気の高い医師に施術してもらいたいと誰もが思うでしょう。

《医師の指名は可能》

大阪で人気の高いクリニックについて指名ができるかどうか調べてみました。

(品川近視クリニックの場合)指名可能(有料)

(神戸神奈川アイクリニックの場合)指名可能(無料)

(SBC新宿近視クリニックの場合)指名可能(無料)

このように全ての人気クリニックで医師の指名は可能です。

《指名することのデメリットも知っておこう》

無料で指名ができるクリニックでも、指名しない方がいい場合もあることを知っておきましょう。

指名してしまうことで、手術日が遅れてしまうことがあります。

また、手術日を限定されてしまうことで、通いにくくなってしまうこともあるんです。

人気医師を指名したAさんは、平日の手術日しか空いてなく、仕事を休んで手術を受けました。

レーシックは入院の必要がないので、1日休めば済むと思っているかもしれません。

しかし、翌日検診や1週間後などに定期検診などがあり、平日に無理して手術したことで仕事を休む日が増えてしまった・・・という失敗もあるんです。

このように、指名してしまうことで満足できる日が遅くなってしまったり、術後大変になってしまうこともあることを知っておきましょう。

《人気クリニックならどの医師も経験豊富で安心》

同じクリニックでも、医師によっては手術結果に差が出てしまう場合もあるかもしれません。

しかし、大阪で人気の高いクリニックを選べば、指名しなくても安心して任せることができるんです。

人気が高い分、手術実績数も多く、全ての医師が経験豊富となっています。

また、眼についての知識をしっかりと持った眼科専門医となっていますので、どの医師でも安心して、手術を受けることも可能です。

《不安なら説明会に行ってみよう》

レーシックは適応検査で初めてクリニックを訪れ、その次には手術となってしまう場合が多くなります。

それでは不安という人は、説明会を利用し、いろんな医師と会ってみる機会を増やしてみるといいですよ。

人気の高いクリニックでは無料の説明会を行っていますので、早速申し込んでみましょう。

このページのトップへ↑

レーシックの手術費用以外にかかる料金も知ろう

人気レーシックのクリニックには公式ホームページがあり、それぞれの術式の料金を事前に知ることができます。

しかし、手術料金だけで比較していてはだめなんです。

手術費用以外にもお金がかかってしまうことがあるんです。

《手術費用以外にかかるもの》

●適応検査代

適応検査では、時間をかけてたくさんの検査を行っていきます。

通常の病気の検査であれば健康保険が利用できますが、レーシック手術にかかわる適応検査も保険外になってしまい少し高くなってしまいます。

●定期検診代

手術が済んだら終わりではありません。

レーシック後は術式ごとに決まった定期検診に数回通う必要があります。

●薬代

手術後は痛み止めや感染症予防などの点眼薬などが必要となります。

これらは手術費用に含まれていることが多くなりますが、全てのクリニックがそうとは限りません。

また、術後に痛みが続いてしまったり、乾燥しがちになってしまうことで薬が追加されることもあり、別途費用がかかることも考えられます。

●再手術費用

どのような手術であっても必ず成功するとは言い切れません。

万が一視力が思うように上がらなかった場合、再手術となることも考えられます。

そうなると、再度手術費用がかかることもあるかもしれません。

●交通費

クリニックへは、適応検査・手術・適応検査(最低3回)の計5回は通うようになります。

片道200円だったとしても、合計2,000円にもなってしまいますので、しっかり計算し把握しておきましょう。

《人気クリニックなら追加料金は交通費のみ》

このように手術費用以外にかかり、予想以上にお金がかかってしまうこともあるかもしれません。

しかし、大阪で人気ランキング上位のクリニックなら、交通費を除く他全てが手術費用に含まれています。

これなら比較しやすいだけでなく、定期検診以外に通っても費用が増えることなく安心ですね。

ただし、受ける術式によりこれら保障期間は変わることもあるので、しっかり調べておきましょう。

このページのトップへ↑

紹介されたクリニックのレーシックが良いとは限らない

友達や家族などで周りにレーシックを受けたという人もいるでしょう。

しかし、みなさんにとっても同じクリニックが一番よいとは限らないんです。

《合う術式・通い方などはそれぞれ変わることも》

それぞれのクリニックによって取り扱うレーシックの術式は異なります。

もちろん、人それぞれの眼の状態はぴったり同じとはならない為、友達や家族と同じクリニックが一番合っているとは言い切れないんです。

また、クリニックにより、手術日が決まっている所などもありますし、それぞれ医師や看護師の対応の違いや相性もあるでしょう。

その為、友達や家族に紹介されて手術はしたものの、他のクリニックがよかったなと後悔している人も中にはいます。

《紹介されたクリニック以外にも適応検査を受けてみよう》

もちろん、身近にレーシックを受けている人が入れば、経験者にしか分からない細かな詳細まで知ることができとても参考になります。

紹介された所で適応検査を受けてもいいのですが、それ以外にも、もう1つ以上のクリニックでも受けるのがおすすめです。

2つ以上のクリニックで適応検査をすることで、しっかりと比較することができます。

そこでおすすめなのが当サイトの人気ランキングを利用することです。

紹介された所だけでなく、人気ランキング上位のクリニックでも適応検査を受けてみましょう。

1位の品川近視クリニックを紹介されたのでしたら、2位の神戸神奈川アイクリニックを・・・と他の順位も検討してみましょう。

適応検査では、手術可能かを知るだけでなく、医師などの対応や相性など任せて安心できるかどうかをチェックすることができます。

それぞれの違いを知ることで、よりご自身にぴったりと合うクリニックを見つけることができますよ。

人気上位クリニックの適応検査は無料となっていますので、負担なく受けることができます。

ただし、適応検査はしっかり正確に検査してもらう為に、同日はしごすることができませんのでその点だけは気をつけましょう。

このページのトップへ↑

レーシック手術後注意したい点をまとめてみた

レーシック手術は数十分で済み、入院の必要なくその日のうちに帰宅することができます。

しかし、だからこそ術後にはご自身でしっかり注意しなければなりません。

ここでは、術後注意しなければならないことをまとめてみました。

《レーシック手術後の注意点》

●目に水が入らないように注意

目に水が入ることで感染症や術後の経過を悪化させることもあります。

手術当日は、入浴だけでなく洗顔や洗髪もダメです。

首から下はシャワーを浴びることは可能ですが、顔は濡れタオルで目の周りを避け、拭く程度にしなければなりません。

●飲酒は医師の許可が出てから

手術からの緊張などで、術後ちょっと1杯・・・と思うかもしれません。

しかし、術後の炎症を増長させる可能性があったり、点眼薬や内服薬を使用する為、飲酒を禁止しているクリニックがほとんどです。

また、酔っ払ってつい術後の目をこすってしまったとなったら大変です。

手術後特に問題ないからと勝手に飲酒を始めず、医師の指示に従いましょうね。

●運動も控えておこう

運動することで、目にも負担がかかってしまいますし、汗が目に入ってしまう可能性もあります。

軽い運動なら術後1週間後から、激しい運動の場合は術後1ヶ月後ぐらいから再開できると思っておきましょう。

●ぶつけたりこすったりに注意

ぶつけたり、ついこすってしまったりすることで、手術が失敗になってしまうかもしれません。

保護メガネをなるべく使用し、安全第一に過ごすようにしましょう。

●目をなるべく使わないように

術後すぐに見えるようになったからといっても、しっかり回復するまで無理はいけません。

なるべくゆっくりできるようにスケジュールを空けておくと安心です。

《定期検診でしっかり確認しよう》

レーシック手術の経過は人それぞれ変わってくることもあります。

こればかりは実際に手術してみなければ分かりません。

これら注意点は目安であり、経過次第では変わってくることもあります。

定期検診の際に、医師に確認するようにしましょうね。

このページのトップへ↑

コンタクト必須の人におすすめのレーシック手術の準備とは

コンタクトがないと仕事や出かけるのも困るという人もいるでしょう。

しかし、レーシックは適応検査前も手術前もコンタクト装用を中止しなければなりません。

ここでは、少しでもコンタクトの中止期間を少なくしたり、より快適に過ごす方法を知っておきましょう。

《コンタクトの装用中止期間を減らす&快適に過ごす為の方法とは》

●より中止期間の短いレンズに変更しておこう

コンタクトの装用中止期間は使用しているレンズの種類によって変わってきます。

大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニックでは使い捨てのソフトコンタクトが最短で済みます。

ただし、近視や遠視用なら3日間、乱視が入ってしまうと7日間の装用中止と変わってくるのでご注意ください。

ハードコンタクトの場合は2週間装用することができません。

より短くするならソフトレンズへの変更も検討してみましょう。

しかし、ハードからソフトへ変更後1ヶ月以上は使う必要がありますので、早めに変更しておきましょう。

また、ソフトコンタクトの場合も連続装用タイプは使用中止期間が長くなってしまうこともあります。

各クリニックにより装用中止期間は変わってくることもあるので、しっかり事前にチェックしましょう。

●コンタクト使用中止しなくても受けられる簡易検査を利用しよう

レーシックを受けるにはまずは適応検査を受けなければなりません。

頑張ってコンタクトの装用を中止して適応検査を受けたものの、レーシック手術が受けられないとなったらがっかりしますよね。

品川近視クリニックでは、コンタクトの装用を中止しなくても受けることができる簡易検査があるんですよ。

もちろん簡易検査を受けても必ず適応検査を受ける必要がありますが、手術が受けられないとがっかりすることは防ぐことができますね。

●1DAYレーシックの検討も

適応検査と手術の間隔が空いてしまうと、それぞれ最短3日、合わせて6日間はコンタクトが使用できなくなります。

より短く済ますには、1日で適応検査と手術が済む1DAYレーシックがおすすめです。

これなら、コンタクトが装着できないのは最短3日で抑えることができますよ。

これらのように、手術前に不便にならないように準備したり考えておきましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックを受けると住宅ローンが受けられないって本当?

『レーシックを受けたことで住宅ローンが組めなかった・・・』と口コミをネットでみかけました。

でも、これは嘘ではなく、実際にレーシック手術を受けることで住宅ローンが受けにくくなることもあるんです。

《住宅ローン検討中はスケジュールをしっかり考えよう》

まず、以前レーシックを受けたからと言って住宅ローンが受けられなくなるということではありませんのでご注意ください。

以前にレーシックを受けた人でも問題なく住宅ローンが組めたという人もたくさんいます。

レーシックが危険な手術だから住宅ローンが受けられないのではなく、団体信用生命保険に加入できないこともあるからなんです。

住宅ローンは通常、借り主が病気や事故などに備えて団体信用生命保険に加入することになっています。

団信に加入するには、3ヶ月以内に医師の診察や治療を受けたかや、3年以内に手術を受けたかなどの健康状態の告知が必要になります。

今までレーシックで失明したということはありませんが、手術を行う為リスクもゼロではありません。

万が一のことを考えると保険会社側が損してしまうこともあり、どうしてもチェックが厳しくなってしまうんです。

ただし、団体信用生命保険によっては、健康状態の基準が緩いものもありますし、保険加入不要の住宅ローンもあります。

まず、いつ住宅を購入するかを考えてみましょう。

住宅ローンを3年以内に検討しているようであれば、加入できる住宅ローンを選んだり、レーシックはローンを組むまで我慢するなど検討していきましょう。

3年以上前にレーシックを受けている人なら問題なく住宅ローンが組めたという人もたくさんいます。

住宅購入がまだまだ先なら、今すぐレーシックを受けておきましょう。

もちろん、利用するローンによっても変わってきますので、事前に確認しておくと安心ですよ。

どちらも検討中という人は特に気をつけ、レーシックを受ける時期を考えましょう。

そうすれば、どちらもスムーズに進めることができ満足できるはずですよ。

このページのトップへ↑

レーシック後仕事の休みは必要?

レーシック手術は数十分で済み、入院の必要もなく日帰りで帰ることができます。

《術後の回復は人それぞれ違う》

手術後はすぐに視力が回復する人も多く、レーシック手術の翌日より仕事を始める人もいます。

しかし、必ずすぐに視力が回復するとは限りません。

最初はぼやけて見え、だんだん回復してくるという人もいます。

また、痛みやしみるような感覚が続いてしまい、目が開けづらいという場合もあるかもしれません。

こればかりは手術してみないと分かりませんし、翌日検診もありますので、手術翌日は仕事は休んでおく方が安心です。

《アイメイクが欠かせないなら3日は休んでいた方が◎》

女性の場合は、視力が回復しても、メイクができないと仕事にいけないという人もいるでしょう。

大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニックでは、目のまわり以外のメイクは手術翌日から可能となっていますが、アイメイクは術後3日後からとなります。

どうしてもアイメイクを欠かせないというなら、連休や有給をうまく利用し、手術後の休みを確保しておきましょう。

《屋外のハードな仕事も2~3日は休める時を狙って手術を》

紫外線は術後すぐの目にはなるべく避けたい所です。

屋外の仕事になると、紫外線も気になりますし、ぶつかってフラップがずれてしまったなんて心配なども増えてしまいますので、術後2~3日は休んでおくと安心です。

もちろん、職種によっても変わってくるので、事前に医師に相談しておくと安心ですよ。

《早めに計画し予約しておこう》

これらのことから、連休を利用してレーシック手術を受けたいという人はどうしても多くなってしまいます。

連休を狙って手術を受けるなら、早めに空き状況を調べ予約を行うようにしておきましょう。

手術前の適応検査には有効期限があります。

品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックでは3ヶ月以内に手術を受けなければ再検査となってしまいます。

手術日を考え、再検査にならないように適応検査も計画して受けましょう。

術後安心できるように、できるだけ、休みを長くとれる時期を選んで手術を受けるといいですね。

このページのトップへ↑

レーシックの後遺症で緑内障になるって本当?

レーシック手術による後遺症として緑内障になるなんて噂があるみたいですが、これは本当ではありませんのでご安心ください。

《緑内障とは》

まずは緑内障という眼病についてしっかり把握しておきましょう。

緑内障は、主に眼圧が高くなることで視神経が圧迫され、だんだんと視野が狭くなってしまう眼病になります。

一度傷ついてしまった視神経はもう回復することはないので、進行してしまうと失明することもあり、昔は『あおそこひ』と呼ばれ恐れられていました。

日本では失明の原因としてナンバー1になる病気になってしまいます。

緑内障にかかっている場合は、残念ながらレーシック手術は受けることができません。

また、レーシック手術後、緑内障にかかることもあるかもしれませんが、治療や手術は可能となっていますのでご安心ください。

緑内障は加齢に伴い進行する可能性も高くなる病気です。

現在緑内障でないなら、今のうちにレーシックを受けておくのがおすすめですよ。

《レーシックで緑内障になるという噂が出た理由とは》

では、なぜレーシックが緑内障を引き起こす訳ではないのに、このような噂が流れたのでしょうか?

実はレーシック手術を受けると、角膜は以前よりも薄くなってしまいます。

薄くなっても眼圧は変わらないのですが、検査する際には、通常よりも低く測定されてしまいやすくなるんです。

事前に医師にレーシックを受けたことを伝えておけばしっかり診断してもらえますが、そうでないと見逃してしまう場合も出てきてしまうんです。

レーシック後は、健康診断や眼科を受ける際には手術を受けたということをしっかり伝えるように気をつけましょうね。

《適応検査で調べることも》

普段眼科や健康診断を受けていないというのであれば、ぜひレーシックの適応検査を受けてみましょう。

レーシック手術ができるか細かく調べる為、緑内障かどうかも知ることができるんですよ。

大阪で人気のクリニックなら無料で適応検査を受けることができるので、しっかり今の目の状態を診てもらいましょう。

このページのトップへ↑

レーシックを受けるなら最新の術式がおすすめ

レーシックと言っても、実はたくさんの術式があり、1つではありません。

大阪で一番人気の高い品川近視クリニックだけでも、11種類もの視力矯正手術があるんです。

一番おすすめなのは最新の術式を選ぶことです。

《最新式がおすすめの理由とは》

レーシックは日々進化しており、機器もどんどん新しくなっています。

品川近視クリニックの中で最新機器というと、アマリス750Zになります。

今までの機器と違う点を3つ挙げてみましょう。

●眼の負担を大幅に軽減

レーシックはレーザーを照射していきますが、最新のアマリス750Zは今までよりも照射エネルギーが小さく、さらに照射時間も短くなったんです。

これにより、眼の負担が軽い手術を受けることができます。

●後遺症も大幅軽減

術後はレーザー照射により炎症が起き、ドライアイやハロ・グレア現象などが出てしまうこともありました。

今までよりもレーザー照射の精度が上がったことにより、どちらも大幅に軽減できるようになったんです。

●よりクリアな視界を手に入れられる

最新のアマリス750Zでは、より自然な見え方を追求したことでぼやけたりにじんでしまうことなく、クリアではっきりしたより自然な見え方ができます。

手術費用でいうと、最新の術式は昔ながらの術式と比べて4倍以上の料金になってしまいます。

しかし、レーシックは何度もやり直すことができない手術です。

一生のことで考えると、決して高いものではないはずですよ。

《最新式なら保証も長い!》

何より、最新の術式の方が安全性が高く、保障期間が長いという所が多くなっています。

品川近視クリニックでもスタンダードレーシックの保障が1年に対して、最新のアマリス750Zレーシックは10年となっています。

このように最新のレーシックにはメリットがたくさんあり、ただ高いだけではないんです。

せっかく裸眼になるなら、手術時の負担から手術後の不安の心配が少ない最新式のレーシックをぜひ検討してみるのがおすすめですね。

このページのトップへ↑

レーシック後は直射日光に注意

レーシックを受けた直後に強い直射日光が目に当たるのはあまりよくありません。

≪レーシックを受けた目は疲れている≫

レーシックを受けた直後の目はとても疲れています。

短いスパンで目の検査を受け、施術自体はスピーディになったといっても、やはり普段にはない負担が目に掛かったことに間違いはありません。

疲れた目にさらに無理をさせてしまうと、一時的ではあっても短期的な視力低下を招いたり、レーシックの施術後の経過が悪くなってしまう恐れがあります。

レーシック直後は目に負担をかけたことを意識するのが大事です。

≪強い日差しは目によくない≫

目がもっとも負担に感じる刺激が、強すぎる光です。

特に太陽の光には、目の細胞を傷つける紫外線が含まれていて、この光は黒いものに集まる習性があります。

日本人の多くが黒や茶など濃い色素の目をしているので、強い日差しの影響を強く受けてしまいます。

さらに、強すぎる光は眼球内の色などを感じる細胞にストレスをかけます。

このストレスが長く続くと、光から目をそらしても光を感じた部分だけが目を光って見えたり、白く見えたりします。

このような眼球に強いストレスをかける直射日光をレーシック後の弱った目に浴びると、通常よりも刺激に弱いので、無用なトラブルを招く恐れがあります。

トラブルを防ぎ、レーシックを無事に成功させるためにも、やはり強い日差しは避けるのがベストです。

≪UVカットサングラスで1週間ほどは目を保護するのがベスト≫

レーシックを受けた後、1週間くらいはUVカット機能が優れたサングラスなどを使って紫外線から目を保護するのがおすすめです。

レーシックを受けた後は、個人差もありますが落ち着いてくるまでに時間がかかります。

短時間でその日のうちに落ち着いてくる人もいますが、それは自覚症状だけであり、実際には目がまだ落ち着いていなかったりする場合もあるのです。

紫外線は細胞を傷つけますから、目の細胞も例外ではありません。

外出時や車を運転する際は、サングラスをかけて紫外線から目を守りましょう。

この時、UVカット機能の高いものを選ぶのがポイントです。

見た目を気にして、色素の薄いレンズなどを選ぶと、UVカット機能が十分でない場合もあります。

また、おしゃれサングラスのコーナーで、安価なサングラスを選んだ場合、実は黒いだけでUVカットの機能が備わっていないものだったりします。

UVカット機能があるか、きちんと調べて購入するようにしましょうね。

サングラスの色素は、さらに強すぎる日中の光もさえぎってくれて、目に優しい光として届けてくれるので、しっかりと疲れた目を保護できますよ。

このページのトップへ↑

レーシック直前直後の夜更かしは禁物

レーシック直前や直後に夜更かしをすると、最悪の場合はレーシックができない可能性もあります。

その理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:目のコンディションが下がり検査でひっかかる≫

レーシック直前に夜更かしをすると、直前や当日に受ける検査でひっかかり、目のコンディションが回復するまでレーシックが受けられない恐れがあります。

夜更かしをすると、目が過労で充血することがありますね。

不眠で充血しているということは、少なくとも目がレーシックを受けるに十分な状態にないことを示しています。

夜更かしをすると、実は一番疲れるのは目だといわれています。

昼間は、人間の体が活動期にあり、無理して目を開けているわけではないので、目も疲れにくいです。

さらに、昼間はしっかり光が照っているので、明るい中でものを見るのには、目も疲労しにくいです。

しかし、夜は外からの光が少なく、どうしても何かを見ようとするのに目が疲労します。

さらに、夜更かしをして、眼球が休まる暇がない場合、寝ている間に分泌されて傷ついたり疲労した細胞の補修を促進する成長ホルモンが不足します。

これにより、疲れた眼球が補修されることなくなってしまうと、目のコンディションはどうしても下がってしまいます。

このような状態では、リスクも高まるので、検査にひっかかってしまい、レーシックできない恐れがあります。

≪理由2:時間通りに来院できずその日はキャンセル扱いになる≫

次に、夜更かしをすると、早起きができなかったりして、結果的に予約していた時間通りにレーシックに通えない恐れがあります。

普段から夜更かしの人は普段通りに寝ていれば問題ないかもしれません。

しかしそれでも普段より朝早く起き、普段とは違う支度をしてレーシックに出かけるとなれば、準備の時間が足りない場合もあります。

早寝をすると体が自然と目覚めて早起きできます。

レーシック手術の時間に遅れないように来院しなければ、次の予約状況などによってはキャンセル扱いになる恐れもあります。

レーシックを受けて成功させるためにも、前日は早寝早起きを心がけましょう。

≪理由3:疲労した眼球であるため、術後経過を悪くしてしまう≫

レーシック後に夜更かしで眼球が疲労すると、仮にトラブルはなかったとしても、施術後の経過が悪くなる恐れがあります。

眼球が元気でコンディションも良いときに受けていても、レーシック手術後に夜更かしをすると眼球の回復力を下げてしまいます。

レーシック手術を滞りなく成功させるためにも、夜更かしせずに当日はゆっくり目を休ませましょう。

これらの理由からレーシック直前直後の夜更かしは禁物です。

目をいたわり、睡眠をしっかり取って、術前術後は眼球を休ませてあげましょう。

このページのトップへ↑

老眼の悩みも解消!レーシック手術にも遠近両用はあるの?

視力の悩みは決して近視だけではありません。

近くのピントが合わなくなってくる老眼もあります。

眼鏡やコンタクトには遠近両用があるのですが、レーシックにもあるのでしょうか。

≪遠近両用レーシックとは≫

実は遠近両用レーシックという手術があります。

遠近両用レーシックとは、遠くも近くもよく見えるようにするためのレーシック手術です。

それだけではなく中距離も見えるようになります。

これまでは遠近の矯正はレーシックでは無理とされていました。

しかしレーシック技術の向上により、繊細な手術ができるようになり、遠近の矯正も可能になったのです。

40代以降は近視に加えて老眼になる人も多いです。

そのような人たちの救世主となるかもしれないのが、遠近両用レーシックです。

また、近視の人が若いうちにレーシックを受けても歳を取って老眼になりまた矯正する必要がでてくることもあります。

若いときにするのではなく、40代以降に遠近両用レーシックを受けるという選択肢もあります。

≪遠近両用眼鏡が苦手な人にもピッタリ≫

近視であれば遠くを見えるようにするだけでいいですね。

眼鏡やコンタクトを作るのも簡単です。

しかし近視と老眼がある人はなかなか難しいものがあります。

遠近両用眼鏡もあるにはありますが、使用感が馴染めないという人もいます。

いかにも遠近両用というデザインは減ってきましたが、それでも見た目が嫌だという人もいます。

だからといって、複数の眼鏡をかけ直すのはとても面倒です。

遠近両用レーシックを行えば、そのような悩みからも解放されます。

≪遠近両用レーシックのメリット・デメリット≫

遠近両用レーシックのメリットばかりを述べましたが、もちろんデメリットもあります。

遠近両用レーシックはどこでもできるわけではありません。

とても繊細な技術を必要とするので、レーシッククリニックでも対応していないところがあります。

主にモノビジョンレーシックやマルチゾーンレーシックという方法がありますが、普段の生活スタイルや瞳孔の大きさなどでも向き・不向きがあります。

また、遠近両用をしてくれるクリニックであっても、医師の技術が心配です。

遠近両用レーシックの実績を積んでいるクリニックがより安心できます。

また、一度レーシック手術を受けると元の状態には戻せません。

角膜が薄ければ手術自体が無理です。

遠近両用レーシックの経験に加えて、非常に厳しい基準で検査しているクリニックを探すべきでしょう。

このページのトップへ↑

レーシックに関わる過矯正の問題とは?

レーシックについて色々と調べている人なら、過矯正という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ここでは過矯正というものはどういうものなのか、起こるとどのような不具合があるのかを見てみましょう。

≪過矯正とは≫

過矯正とは近視を矯正し過ぎた状態のことを指します。

コンタクトや眼鏡でもある状況ですが、レーシックでも起こります。

レーシックはコンタクトや眼鏡と違って元に戻せないので、過矯正になると困ります。

レーシックで過矯正になるには、いくつか原因があります。

まず、レーシックは術後に矯正したはずの近視が戻ることがあります。

そのためあらかじめ過矯正気味に照射することはよくあります。

しかし近視が戻る度合いはその患者によっても異なります。

戻ると見込んでいた近視が思ったよりも戻らず、過矯正気味のままになってしまうのです。

≪過矯正になるとこんなにつらい≫

視力を矯正し過ぎると何か悪いことがあるのでしょうか?

実は過矯正はとてもつらい症状をたくさん引き起こします。

余りにも遠くが見えるように矯正をし過ぎてしまったため、近くを見る時には必要以上の調整力を使うこととなります。

そのため様々な体の不調を引き起こします。

眼精疲労や頭痛はよくありますね。

他にも吐き気、うつ、ドライアイ、まぶしさ、首の凝りと様々な症状が起きます。

度の強過ぎる眼鏡をかけると気分が悪くなりますが、それと同じことが起きるのです。

でもレーシックをしてしまうと眼鏡のように外せません。

実はレーシックのトラブルは、この過矯正によるものが多いです。

特にパソコンや事務仕事など近くを見る作業が多い人は、過矯正によって悩まされてしまうことが多いのです。

≪過矯正を防ぐには≫

スポーツ選手でもない限り、適度な視力は0.8から1.2程度です。

普段の生活で2.0以上の視力を必要とすることはなく、1.5に矯正しても強過ぎてしまい体調が悪くなることがあります。

適度な視力に調整するのが一番です。

そのことをしっかりと医師と相談して決めることが大切です。

また、レーシッククリニックではやたらと2.0など矯正力の強さをアピールするところもありますが、そのようなところはあまり信用できません。

万が一過矯正になって苦しむことになったら、再手術が必要になります。

その場合は近視矯正とは逆に遠視矯正の手術をしなくてはなりません。

もし過矯正による体調不良が起こったなら手術を受けたクリニックで受診することが大切ですが、なかなか問題が解決しないこともあります。

その場合は躊躇せずセカンドオピニオンを取りましょう。

症状が悪化しないうちに、早めに対策を取るのが一番です。

このページのトップへ↑

乱視の悩みもレーシックで解決できる?

目の悩みは何も近視だけとは限りません。

近視はそれほど酷くなくても乱視が酷くて苦しんでいる人もいます。

そんな乱視の悩みもレーシック手術で解決することはできるのでしょうか。

≪乱視を手術で治せる?≫

レーシック手術のクリニックを調べると、なかなか乱視手術について記載があるところが見つからないでしょう。

しかし乱視もレーシック手術で治すことができます。

乱視とはレンズの役目をしている角膜が変形していることが原因で、焦点が合わずにものがぼやけたりゆがんで見える状態のことを指します。

歳と共に角膜が歪んできたり、遺伝で乱視が強かったりもします。

あるいはボールなどがぶつかり、外的刺激により角膜がずれてしまうこともあります。

レーシック手術は角膜を削ってゆがみや厚さを調整するので、近視だけではなく遠視や乱視も治すことができます。

≪乱視レーシックの詳細≫

乱視が入っているからといて、別料金が発生することはありません。

レーシック手術は角膜を削って形を整えるので、近視と乱視を一緒に治すこともできますし料金も加算されません。

基本的には近視の手術と変わりありません。

ただし歪みを削り調整するので、近視だけよりピントを合わせるのは難しいかもしれません。

これまではレーシック手術の際に目が動いてしまい、レーザーを当てる部分がずれてしまいうまく調整ができなかったということもあったようです。

しかし最近では目の動きを追って照射することのできるシステムも開発されています。

難しいと思われていた乱視の手術も、レーシック手術の進歩により可能になっています。

≪乱視レーシックの注意点≫

レーシック手術で乱視を治すことはできるのですが、全ての乱視を治せる訳ではありません。

角膜の厚さや体質によってはレーシック手術が適さない人もいるでしょう。

そしてあまりにも強い乱視の場合もレーシック手術はできません。

歪みが酷ければそれだけ角膜を削る必要がありますが、削れる範囲には限界があります。

眼鏡やコンタクトで矯正できる範囲ならレーシック手術で治せる可能性があります。

まずは手術が受けられるかを判断するには、検査が必要です。

レーシッククリニックは数が増えていますが、中には適当に検査を済ませて安易に手術をしてしまおうとするようなところもあります。

レーシック手術は安さだけで選んではいけないのです。

丁寧な検査と診察を行ってくれるところで乱視レーシック手術を受けることを検討しましょう。

このページのトップへ↑

レーシック手術後の視力はいつになったら安定する?

レーシック後は矯正された視力がずっと続くとは限らず、変動があります。

せっかく手術を受けたのに視力が変動するのは心配ですよね。

その不安を解消するべく、視力が変動する理由と安定する時期について見てみましょう。

≪レーシック後に視力が変動するのはなぜ?≫

レーシック手術では角膜をレーザーで削って厚さや歪みを調整します。

レーザーでデリケートな角膜を削るのですから手術後不安定になることは仕方のないことです。

これは他の手術でも同じことが言えます。

削ったばかりのころはどうしても安定しないのですが、日を重ねるうちにどんどん安定してきます。

そして削ったばかりの頃と比べると、視力が戻ってしまうことがあります。

その視力の戻りを計算に入れて、レーシック手術はやや過矯正気味にします。

≪いつ頃になったら安定?≫

レーシック手術後、視力が安定するのは個人差があります。

1ヶ月ぐらいで落ち着いたという人もいれば、数ヶ月かかったという人もいます。

クリニックでは3ヶ月くらい様子を見るようにと説明されたケースもあります。

また、手術後の過ごし方によっても思いがけない視力の変動があります。

パソコン作業は目の乾燥や眼精疲労を招き、せっかく手術をした目の回復を妨げます。

パソコンだけでは無くスマホや読書も目の疲労を蓄積させてしまいます。

花粉やほこりも目には大敵です。

角膜を傷つけないように気をつけましょう。

≪こんなときには再手術が必要かも≫

レーシック手術後の多少の視力変化は仕方ありませんし、その変化を見越して過矯正にします。

しかし中には再手術が必要になることがあります。

例えば過矯正をし過ぎてしまい、思ったよりも視力の戻りが無かった場合です。

近視は矯正すればいいというものではありません。

あまりにも強い視力にしてしまうと、頭痛や吐き気などの症状を引き起こしてしまいます。

他にもレーシック手術したことによる副作用や後遺症が重い場合は、再手術で調整することもあります。

まぶしさが苦しいハログレア現象などがありますね。

レーシッククリニックでは再手術の保証を設けているところも多く、1回目までは無料で再度レーシックが受けられます。

ただしむやみに再手術をすればいいというものではありません。

角膜の厚さが残っていない場合はこれ以上削ることができず、再手術ができないのです。

これらのことから、レーシック手術を受ける前にはかなり慎重に検査をする必要があります。

また、角膜の状態などについてもしっかりと説明してくれるクリニックで依頼したいものです。

このページのトップへ↑

 | トップページ |