Top > レーシックに関するふとした疑問 > 手術当日持っていくものはある?

手術当日持っていくものはある?

レーシックを受ける当日、クリニックに持っていくものを挙げてみました。

●診察券

事前検査の際に受け取っているので忘れないようにしましょう。

●身分証明

診察券があれば要らない所もありますが、念の為に持って行っておきましょう。

●メガネ

手術前まではメガネをかけることができますよ。

帰る時は必要ないので、メガネケースも持って行っておいた方がいいですね。

●手術承諾書

中には手術当日書く所もあるみたいですが、事前に渡されていた場合はしっかり読んだ上で、署名と捺印も忘れないようにしましょう。

●印鑑

手術当日は使用しない場合もあるかもしれませんが、認印で構わないので一応持参しておいた方がいいですよ。

●手術費用

手術当日持って行かなくても、事前に振り込むこともできる所もあるので、便利に利用しましょう。

ただし、支払わないと手術は受けられませんので、絶対に忘れないでくださいね。

●割引券

支払いを済ませた後、割引券を出しても無効な所がほとんどですので、事前に出すのを忘れないようにしましょう。

●加入している保険会社の診断書

事前に保険会社に診断書を請求し、手術当日に持って行きましょう。

万が一忘れた場合、その後の定期検診の時に持っていくこともできますが、その分保険が下りるまでには時間がかかってしまうのでなるべく手術日に提出しておきましょう。

●多めの現金

保険会社の診断書は有料になっています。

また、術後に目がショボショボしてしまい、やむなくタクシーで帰らないといけない場合も出てくるかもしれませんので、多めの現金を用意しておきましょう。

●ハンカチ・ティッシュ

術後は涙が出やすくなりますので、ハンカチとティッシュは忘れずに持って行きましょう。

ただし、拭き取る際は、直接目には触れないように気をつけましょうね。

無駄なものはクリニックへは持って行かないようにしましょうね。

遠方から来て手術後泊まる人は、先に宿泊先に荷物を置いておきましょう。

中には忘れたことでせっかく準備してきた手術を受けることができない場合もありますので、前日のうちにしっかり準備しておきましょうね。