Top > 適応検査ってどんなもの? > 適応検査ではどんな検査を行うか知っておこう

適応検査ではどんな検査を行うか知っておこう

レーシックを受ける為の一般的な適応検査について、検査当日の流れと共にご説明していきましょう。

1.受付

2.問診票記入

コンタクトやメガネの使用期間、持病や飲んでいる薬などがあれば記入しないといけません。

お薬手帳があれば持参しておくといいですね。

クリニックによっては、事前にネットで問診票をダウンロードできる所もあるので、記入しておくとスムーズですよ。

3.検査

・視力測定(裸眼だけでなく、矯正した視力も計測するのでメガネをお持ちの人は持参しておきましょう)

・角膜屈折度と角膜曲率半径測定(より正確に視力を測定する検査)

・眼圧測定(緑内障かどうかもチェックできる)

・角膜形状測定(円錐角膜でないかどうかも調べられる)

・角膜内皮細胞計測(コンタクトで角膜内皮細胞が傷ついていないかを調べる)

・瞳孔径測定(瞳孔が大きすぎるとグレア現象が起こりやすくなる)

・波面収差測定(ウェーブフロントレーシックを受ける場合のみ)

・角膜厚測定(角膜が薄い場合は手術の選択肢が少なくなることも)

4.医師の診察とカウンセリング

医師による眼底測定を行い、あなたに適した手術の方法・手術の説明・注意点・リスクなどを聞きます。

分からないことや不安な疑問点などあれば、この時にしっかり聞いておきましょう。

その為にも適応検査を受ける前にレーシックについて一通り知っておきましょう。

当サイトではレーシックについて詳しい情報がたくさんあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

もちろん、その場で聞けなかったことがあった場合も、相談窓口があれば大丈夫ですよ。

大阪で人気の高い品川近視クリニック・SBC新宿近視クリニック・神戸神奈川アイクリニックすべて、フリーダイヤルとメールにて相談することができます。

レーシックを決める前に、不安はすっきり解消しておきましょうね。

検査後半では点眼麻酔を使ったり、瞳孔を開く為の散瞳剤という点眼薬を使用します。

検査後5、6時間は光がぼやけて見えたり、まぶしく見える場合もあります。

見えにくさを抑える為に、サングラスやつばが大きめの帽子を持参しておくといいでしょう。

検査後は仕事や予定をなるべく入れず、まっすぐ帰宅できる時にしましょうね。