Top > レーシック ニュース&コラム > 一人暮らしなら手術当日はホテルに宿泊がおすすめ

一人暮らしなら手術当日はホテルに宿泊がおすすめ

レーシックは原則として、その日のうちに帰ることができる手術になります。

もし入院を希望しても、ほとんどのクリニックでは入院施設がないので帰らないといけません。

入院がないのは、気が楽に感じる方が多いかもしれませんが、もし、術後視力がすぐに上がらない場合だと帰宅するのに困る場合もあるでしょう。

帰宅するまでに見えにくいなかの階段の昇降や、目にぶつからないように電車に乗ったりなど危険はいっぱいです。

中には、帰るまでに何度も痛み止めの目薬を入れたりなど休憩しながらの帰宅になり、時間がかかったという人もいます。

また、手術の翌日も検診に通わなければなりませんし、もし術後異変が起こったりなどのことを考えると、よりクリニックへ近いホテルの方が安心ですよね。

これらの理由で、遠方でない人でもホテルに宿泊するのはおすすめなんですよ。

特に、一人暮らしの人は自宅へ戻るより、頼れるホテルはメリットがあります。

●食事を部屋まで運んでくれる

術後は目がショボショボして開きにくい場合があってもホテルなら、ルームサービスを利用すれば便利ですね。

他にもホテル内にレストランがあったり、飲食店が近くにある所だと便利ですね。

●モーニングコールで起こしてもらえる

●タクシーの手配なども電話でお願いできる

●加湿器があると◎

術後は目が乾燥しやすくなってしまいがちです。

加湿器が常備してあったり、貸出してくれるホテルだといいですね。

乾燥対策でバスタブにお湯を溜め、扉を開けておく人もいるみたいですが、湯気が火災報知機に反応する場合があるのでこれは止めましょう。

中には目薬が自分ではさせず、ホテルのスタッフにお願いしたという人もいます。

ホテルによって、コンシェルジュがいる所もあれば、夜間は不在や対応してくれない所などそれぞれ違いがあります。

ただ、クリニックに近いや宿泊料金が安いだけでなく、しっかりとホテルの詳細まで調べた上で便利に利用しましょう。

自宅に帰るつもりの人も、当日困らないように、一応クリニック近辺のホテルを検索しておくといいですよ。