Top > レーシック ニュース&コラム > レーシックでカラコンが選び放題に!

レーシックでカラコンが選び放題に!

レーシックを受けてから1ヶ月が経てば、カラーコンタクトを使用することができますよ。

もちろん、術後の経過は人それぞれ違いがあるので、1か月後以降に受ける定期検診で医師の許可が出てから使用しましょう。

度なしのカラーコンタクトは、度ありと比べて種類も多いので、選ぶ楽しみが増えますよ。

今まで乱視がひどくてカラーコンタクトできなかった人にはうれしいですね。

しかし安全に使用するにはいくつかの注意点があるので気をつけましょう。

●装着している所を眼科医に診断してもらおう

レーシックでは角膜を削ってしまうので、以前と眼球の形などが変わってしまう場合があります。

その為、以前使用していたカラーコンタクトをつけるとぼやけてみえてしまったという人もいます。

まずは、ベースカーブ(BC)とレンズの直径(DIA)を調べてもらい、合っているレンズを選ばないといけません。

みなさんの目に合っていないと、不快感だけでなく、目が疲れやすくなったり、ずれやすくなるので、眼科医に見てもらえる所で購入するのが一番おすすめです。

そうすれば、購入前にレンズがフィットしているかどうかしっかり見てもらえますよ。

もし、通販や雑貨屋さんなどで購入したい場合は、事前に眼科に行ってBCとDIAを測ってもらうだけでなく、装着した後も検査してもらっておくと安心ですね。

●セミキャストモールド製法のものがおすすめ

カラーコンタクトの製造方法には色々ありますが、中でもセミキャストモールド製法のものがおすすめです。

これは、着色料が直接眼球に付かない製造方法の上、レンズも薄いので、酸素透過性が高く目にやさしくつけ心地のいいタイプになります。

特にレーシックを受けた後は当分の間乾燥しやすくなるので、目にやさしいものを選んでおくといいですね。

●使用時間は最長8時間まで!

最初に装着する時は2時間程度から始め、どんどん装着時間を増やして慣らしていきましょう。

1日8時間を超えて装着しないように気をつけましょうね。

●爪で傷つけないように注意

レンズを付け外しする際、爪でレンズを傷つけないように指の腹をうまく使いましょう。

●点眼薬を使用中は装着しないように

カラーコンタクトを装着中はコンタクト用の目薬しか使用できません。

レーシックの点眼薬を使用中の場合は、医師に確認した上で使用してください。

せっかく裸眼になったのにまた視力が落ちたなんてことにもなりかねません。

これらをしっかり注意してレーシック後もカラーコンタクトを楽しんでくださいね。