Top > レーシックの必須知識 > 個人経営レベルの眼科のレーシックは問題ない?

個人経営レベルの眼科のレーシックは問題ない?

大阪でレーシックを受けられる所を検索すると、よく聞く大手のクリニックから個人経営の眼科までたくさん出てきます。

このうち、どちらが絶対的にいいとは簡単には言えません。

ここでは、個人経営の眼科が劣ってしまう点を挙げてみましょう。

●診察時間が短い・日祝休みの場合も・・・

ごく一般的な多くの眼科でレーシックを受けることができれば、もっと通いやすくなるという人もいるでしょう。

しかし、診療時間は他の病院と同じく、日曜や祝日は休診日になっていまう所が多いんですよ。

それに比べて、レーシックを専門に行うクリニックでは、診察時間も長く、日曜・祝日も診察や手術を受けることができます。

当ランキングでも、1位に輝く品川近視クリニック梅田院なら、年中無休で診察時間は夜の20時までとなっています。

これなら、仕事を休まず適応検査や手術を受けたり、仕事帰りに定期検診を受けやすくなりますね。

●術前の相談などのサポート力に差が・・・

大手のクリニックでは相談窓口を設けている所があります。

フリーダイヤルにてかけられる電話だけでなく、メールでも気軽に相談でき無料なのはうれしいですよね。

これなら検査を受けようか悩んでいる人も、検査は受けたけどまだ不安な点がある人にも、わざわざ出向かなくていいので便利ですね。

●手術数は比べると少ない所が多い・・・

大手と個人経営レベルを比べると、やはり、大手のクリニックの方が手術数が多くなります。

まず医師の技術力がないと満足いく手術結果にならない場合も出てくるでしょう。

これはレーシックだけではなく、どんな医療手術でもそうではありませんか?

今まで10回程度しか手術を行なっていない医師と、100回以上行った医師では、やはり後者を選んでしまうでしょう。

いくら眼科医として経験が長い院長先生でも、レーシックについて詳しくそして経験数が高いとは言えませんからね。

当ランキング上位のクリニックはすべて大阪以外にもいろいろな地域に数箇所クリニックがあります。

今までのデータや経験を元により、リスクを抑えたレーシックを受けることができるはずですよ。

もちろん、使用している機器も重要なので、経験数だけで決めてもいけませんよ。

何がどう違うのか、手術費用だけでなく、それぞれのクリニックを比べてみましょう。

それぞれで適応検査を受けてみれば、違いが分かるはずですよ。

ただし、大手のクリニックは無料で検査を受けられる所がほとんどですが、眼科の中には検査費用がかかる所があるので気をつけましょうね。