Top > レーシックの必須知識 > レーシックもセカンドオピニオンを積極的に

レーシックもセカンドオピニオンを積極的に

1つのクリニックだけで適応検査を受けてすぐそこでレーシック手術ではなく、他のクリニックでも適応検査を受けてみるという人が増えています。

まず、適応検査を受けて数値などを教えてもらったとしても、素人の私達には分からないので、医師に言われるがままですよね。

もちろん、最初に訪れたクリニックでも満足いくレーシックは受けられるかもしれません。

しかし、もし、利益を第一に考え、高い手術方法を勧めてくるクリニックだったら?

2箇所以上で適応検査を受ければ、本当にご自身に合った適正な手術方法なのか、またきちんと検査されているのかを比較し分かりやすくなります。

これなら専門的なことは分からなくても、よりご自身に適正な手術を選びやすくなるでしょう。

直接クリニックへ行って相談すると手間も時間もかかってしまいます。

最近では、相談窓口として電話だけでなく、メールやWEBのフォームからでも気軽にいつでも相談できるクリニックがあるので、これを利用しましょう。

ただし、各クリニックにより手術に使用する機器や検査方法が微妙に違うものです。

その為、Aクリニックの検査結果を出してもらい、その診断書を元にBクリニックで診断してもらうということはできません。

それぞれのクリニックでしっかり適応検査を受ける必要があります。

適応検査を受けても即手術と決める必要はないので、色々ハシゴしてみましょう。

その際に1つだけ注意点があります。

適応検査の同日ハシゴはできないので、検査日はずらして予約しましょう。

どのクリニックの適応検査にも瞳孔の検査があります。

この検査では瞳孔を開く点眼薬を使用しますが、使用後は正常な眼に戻るまで6時間くらいかかってしまう為、1日1箇所の適応検査しか受けられないので注意しましょうね。

適応検査はちょっと時間がかかる為、受ける回数が増えればその分負担も大きくなるでしょう。

しかし、より満足いく手術を選ぶ為には、セカンドオピニオンを積極的に取り入れるのはおすすめですよ。