Top > レーシックに関するふとした疑問 > 生命保険に加入中の大阪人がレーシック前後に行う手続きは?

生命保険に加入中の大阪人がレーシック前後に行う手続きは?

レーシックは眼鏡やコンタクトで矯正が可能な為、自由診療になり健康保険は適用されません。

しかし、ご加入中の生命保険や医療保険があれば、OKになる場合もあるんですよ。

実際にレーシックを受け、加入している保険会社から給付金として3~10万円近く受け取っている人もいます。

もちろん保険会社・種類・掛け金などによって変わるので、まずは加入している各保険会社に問い合わせてみましょう。

《問い合わせる際に知っておかなければならない注意点》

●各クリニックの診断書作成代を知っておこう

保険会社に請求するにはクリニックの診断書が必要ですが、有料となっています。

保険金が給付されたはいいが、診断書代の方が高かったでは意味がないですよね。

1通3,000円~1万円など差がありますので、まずは調べておきましょう。

また、2つ以上の保険にご加入の場合は、他社の診断書のコピーでも大丈夫かを確認しておくと1通だけで済むこともありますよ。

●『レーザー角膜屈折矯正手術』を受けると言うこと

保険会社に問い合わせる際は『レーシック手術』ではなく『レーザー角膜屈折矯正手術』と言いましょう。

レーシックと言うと、最悪保険金が戻らないこともあるので気をつけましょう。

●入院はできない

レーシック手術は日帰りのみとなります。

クリニックには入院施設がありませんので、入院することはできない為、入院給付金はもらえず、手術給付金のみとなるでしょう。

これらを知った上で問い合わせ、受け取れる金額を必ず確認しておきましょう。

給付金が受け取れるようであれば、手続きに必要な書類と診断書を事前に送付してもらいましょう。

後は、適応検査や手術日にクリニックへ診断書を渡しておきましょう。

診断書を書くにも時間がかかりますので、早めに渡しておけばその分早く手続きができますよ。

これら注意点と流れを知り、損なくスムーズに手続きを行なってくださいね。

ただし、レーシックしようと思っているからといって、今から保険に加入しようとしてもダメですよ。

実はレーシックで給付金を受けたい為だけに保険に加入し、手術後はさっさと解約している人が増えてしまった為、最近はレーシック手術は給付対象外の保険がほとんどになります。

これに伴い、前から加入している保険も改正されている場合もあるので、以前問い合わせて給付可能だった場合も、直前にもう一度確認しておくと安心ですよ。

今後、保険の適用が厳しくなる可能性もあるので、早めにレーシックを受けておきましょう。