Top > レーシック ニュース&コラム > レーシックの後遺症に備えて保障が手厚いクリニックを選ぼう

レーシックの後遺症に備えて保障が手厚いクリニックを選ぼう

レーシックは視力が上がるだけではなく、後遺症が起きてしまう場合もゼロではありません。

例えば、ドライアイが長期間に渡って続く人や、視力が思うように上がらなかったりまた元に戻ってしまう場合もあります。

低い確率ではありますが、大阪でレーシックを受けたみなさんがならないとも限りません。

その為にも保障の手厚いクリニックを選んでおくと安心ですよ。

レーシックを行うクリニックでは手術後に安心できるように保証制度を設けている所が多いんですよ。

保障が手厚くなる分手術費用が高くなる場合もあるかもしれません。

しかし、再手術となり、保障がなければ手術費用は倍になってしまっては高くついてしまいますよ。

大事な眼の一生のことを考えて、より保障の手厚いものを選んでおきましょう。

《保障のチェックポイント》

●長期保障だとさらに安心

それぞれの術式に合わせて保障期間は違いがあるでしょう。

術後、視力が戻ってしまうことはすぐとは限らず、数年経ってあるかもしれません。

その為、再手術の保障期間は長い方が安心なんですよ。

大阪ランキング1位の品川近視クリニック梅田院も2位の神戸神奈川アイクリニック大阪・梅田も再手術の保障は無期限となっています。

●薬代も保障されるか

後遺症によっては薬による治療が必要な場合もあるでしょう。

別途薬代が掛かってしまってはみなさんに負担がかかってしまいます。

品川近視クリニック梅田院では、最大15年間も目薬や内服薬などの薬代が無料となっています。

神戸神奈川アイクリニック大阪・梅田も1年間の薬代は無料で、花粉症など合併症以外の薬も出してくれますよ。

ただし、これらの保障は基本的には手術が原因による場合のみとなります。

レーシックを受けたからといって、眼を酷使したり、今まで通りの生活スタイルでは、また視力が下がってしまったり、ドライアイになったりもありえます。

つまり、いくら大阪で保障の手厚いクリニックを選んでも、視力が下がったり、眼病になることはあるので、術後はご自身でも気をつけるようにしましょうね。