Top > レーシックに関するふとした疑問 > レーシックは手術後コンタクトの使用は可能?

レーシックは手術後コンタクトの使用は可能?

レーシックを受けた後、コンタクトなんて必要ないって多くの方が思うでしょう。

しかし、レーシックの効果は永遠ではありません。

今までのように、目を酷使させてしまったり、目の健康のことも考えていないようではまた視力が下がる可能性はありますからね。

まず、レーシックを受けた後もコンタクトレンズは装着可能です。

しかし、ハードコンタクトは合わなくなる場合も出てしまうことを知っておきましょう。

レーシックは角膜を削ってしまう手術なので、術前と比べて角膜の形が変化し、ハードコンタクトが合わなくなってしまった人もいます。

無理して購入したはいいが、目に圧迫感などがあり装着していられないということもあるんですよ。

ソフトコンタクトなら術後も特に問題はないでしょう。

つまり、レーシック後もカラーコンタクトを楽しむことはできるのでご安心下さい。

これらは一応知っておいてほしい為にご説明しておきますが、レーシック後はできればそんな心配はしたくありませんよね。

せっかく手術を受けたのにまた視力が下がっては、せっかくコンタクトやメガネよりも安く済むはずが割高になってしまうだけです。

その為、1つ覚えて欲しいのが目のストレッチ運動です。

もちろん、パソコンやゲーム等を控えることも重要ですが、仕事上減らす訳にはいかないこともあるでしょう。

やり方はとっても簡単です。

眼球を上・左・下・右の順に、右回りと左回りにゆっくりと動かすだけでなんです。

1周した後は、目を30秒ぐらい閉じ、ゆっくり深呼吸をしましょう。

30分か1時間に1度行うだけで、目の筋力がアップし、視力の低下も抑えることができるでしょう。

さらに時間があれば、遠くと近くを交互に見ましょう。

交互に見る際は、近くを見た時視点が合ってから遠くを見るようにしてくださいね。

そうすることで目の筋肉を伸び縮みさせることができ、視力低下を防いでくれるだけでなく疲労も回復してくれるんですよ。

レーシック後のコンタクトの使用についての知識を頭に入れつつ、これらストレッチはすぐにでも行うように習慣づけておくといいですね。