Top > レーシックに関するふとした疑問 > レーシック手術にかかる時間は?

レーシック手術にかかる時間は?

レーシック手術と言っても、いろいろな術式がありますが、通常のレーシックなら手術時間だけで両眼で10~20分ぐらい、眼内に人工レンズを入れるフェイキックIOLなら片眼で30分ぐらいとなっています。

しかし、他にも時間がかかります。

まずは、レーシック手術を受ける当日の流れを知っておきましょう。

1.受付

クリニックに着いたら、まずは受付で支払いを済まるなどの手続きを行います。

2.事前検査

手術前にもう1度、目の検査を行います。

3.麻酔

点眼麻酔を行いますが、麻酔が効くまで待機する必要があります。

4.手術

5.休憩

術後は目をしっかり休めます。

大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニックでは大体15分ぐらいを目安に休んでもらいます。

しかし、それぞれの目や体の状態によっては、もう少し休憩時間が長くなることもあります。

6.術後検査

あとは、術後を診察してもらえばおしまいです。

品川近視クリニックの場合、来院から退院まで、2時間~3時間を目安にしておけばいいでしょう。

これなら、忙しい人でもレーシックを受けやすいですよね。

しかし、手術はどのクリニックでも予約制になっています。

また、クリニックや術式により手術できる曜日や時間が決まっている場合もあります。

もし、適応検査の際、手術を受ける日を決めない場合でも、受けようと思う術式の手術可能な曜日や時間など制限がないかを確認しておきましょう。

また、忙しい人は先のスケジュールを立てて、早めに予約しておく方がいいですね。

スムーズに適応検査と手術を続けて受けたいのであれば、前もって空いている日を確認してみましょう。

品川近視クリニックならフリーダイヤルにて事前に予約に関する確認や相談ができますよ。

最後に、予約した時間には遅れないようにしましょうね。

手術だけでなく、適応検査・定期検診も予約制となっています。

遅れることで手術や検査が受けられないなんてことになったら、せっかく空けておいたスケジュールが台無しになるので気をつけましょうね。