Top > レーシック ニュース&コラム > 岸和田市民はレーシック手術でだんじり祭をより快適に楽しもう

岸和田市民はレーシック手術でだんじり祭をより快適に楽しもう

大阪・岸和田市と言えばやっぱりだんじり祭ですよね。

毎年9月にある300年もの歴史のあるお祭りですが、岸和田市民以外も参加することができるんですよ。

と言っても、2日間でフルマラソン並の距離を走るのだからすごい体力が必要ですよね。

また、やりまわしなど見応えはあるけど、やってる方は怪我なく注意が必要です。

眼鏡で参加した際、ぶつかるなどを考えるとちょっと危ないですよね。

また、朝6時ぐらいから夜22時まで続いてしまうので、コンタクトの1日の使用時間を過ぎてしまい目によくありません。

無理して使用することで、目が乾きやすくなったり見えにくくなったりなどではお祭りをしっかり楽しむことはできませんよ。

今後もずっと参加していくのであれば、レーシックを受けてみてはいかがですか?

《最新のレーシックなら夜間もはっきり見える》

実は、レーシックを受けた場合、今までは夜間の光がまぶしく見えてしまうなどのデメリットもありました。

でも最新のレーシックでは、夜間の光もはっきり見えるので、綺麗な灯入れ曳行もしっかり楽しむことができますよ。

《日帰り手術だが早めに受けておこう》

レーシックの手術は日帰りで入院する必要はありません。

しかし、術後1ヶ月は激しい運動などもできないので、8月までに手術を受ける必要があります。

また、視力が安定するまでに3ヶ月ぐらいかかったという人もいますし、だんじり祭前に体力づくりなどを行う必要もあるでしょう。

その為、冬や春の早くからレーシックを受けておくといいですね。

だんじり祭りは岸和田市だけでなく、和泉市・忠岡町・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町などでも行われているでしょう。

それぞれ参加したい地域のだんじり祭りの日程をしっかり把握し、間に合うようなら早めにレーシックを受けましょう。

間に合わないようなら焦らずお祭りが終わった後、来年に向けて手術日を決めていきましょう。

レーシック後のはっきりした視力により、今までとは違うだんじり祭が楽しめるはずですよ。