Top > レーシック ニュース&コラム > 大津市民が人気のクリニックでお得にレーシックを受ける方法

大津市民が人気のクリニックでお得にレーシックを受ける方法

滋賀県の南西にある大津市ですが、オルソケラトロジーを受けられる眼科があります。

オルソケラトロジーとは、夜寝ている間に特殊な形のハードコンタクトレンズを付けることにより、角膜の形を矯正し、近視を治す治療法になります。

手術を受ける必要がないメリットはありますが、慣れるまでに時間がかかるなど即効性がなく、夜間になると視力が落ちて見えにくくなることなどのデメリットもあります。

もちろん、コンタクトと同様、角膜炎などのリスクもありますし、レンズ代は自由診療になる為、かなり高額でレーシックより高くなってしまうこともあるんです。

また、軽度~中度の近視のみの矯正しかできませんので、やはり、関西でもより多くのレーシックを受けられるクリニックが集まっている大阪で探すのがおすすめとなります。

《大津市から人気のクリニックへの通い方をチェックしてみよう》

まず、人気ナンバー1の品川近視クリニック梅田院へ通う場合を調べてみました。

品川近視クリニック梅田院は大阪駅の桜橋口から徒歩12分ぐらいとなっています。

大津駅-大阪駅(片道950円・新快速なら39分)

通常の快速を選ぶと、乗車時間が51分と長くなってしまうので、時刻表をチェックして利用しましょうね。

《片道220円安くする方法で交通費を節約しよう》

大津駅から大阪駅と同じ乗車区間でも切符の買い方を変えるだけで、片道220円も安くなっちゃうんですよ。

それは、切符はみどりの窓口を利用して購入することです。

買い方は、"大津駅から京都駅"(190円)と"京都駅から大阪駅"(540円)までと分けて購入するだけです。

切符を分けたからといって、別に乗り換える必要はありませんよ。

ただし、乗り越し精算すると片道950円と通常と変わらない料金になってしまいますので、必ずみどりの窓口にて購入してくださいね。

220円ぐらい・・・とバカにしてはいけません。

クリニックへは、適応検査・手術・翌日検診・数回の定期健診と最低でも5回は通うようになってしまいます。

そうなると、このひと手間だけで2,200円も安くなるんですよ。

レーシックは手術費用で選んではいけませんが、安く抑えられる交通費は少しでも抑えたいところです。

この節約術を是非利用して、少しでも安くレーシック手術を受けるようにしましょうね。

大阪で人気第2位の神戸神奈川アイクリニック梅田院も大阪駅の御堂筋口から徒歩7分となっていますのでこの交通費節約術が利用できますよ。