Top > レーシックの必須知識 > レーシック手術を受けたい子連れママへの注意点

レーシック手術を受けたい子連れママへの注意点

ここでは、大阪でレーシック手術を受けたい子連れママへ知っておいて欲しい注意点Q&A方式でまとめてみました。

もちろん、クリニックによって変わってくることもあるので、ここでは大阪で人気ナンバー1である品川近視クリニック梅田院について回答してしています。

《子連れママが気になるレーシックの疑問を解消しよう》

Q)授乳中でもレーシック手術を受けることができますか?

A)可能です

妊娠中は安全第一を考えレーシック手術は行っていないクリニックがほとんどになります。

しかし、出産し授乳中なら手術可能な所は多くなり、品川近視クリニック梅田院でも受けることができます。

ただし、手術後の経過次第では、炎症を抑える為のステロイド内服薬を使用する場合も出てきます

内服薬を服用中は、授乳を中断する必要が出てしまうことも知っておきましょう。

寝ている間にいざ授乳となった場合、メガネを探したり、見えづらいなか赤ちゃんのお世話はとっても大変ですよね。

レーシックを受ければ、ママの負担もしっかりとカバーしてくれるはずですよ。

Q)子供を連れてクリニックへ通うことはできますか?

A)他の付き添いの大人がいれば可能

手術も日帰りで入院する必要がないレーシックなので、子供を連れてクリニックへ通いたいというママもいるでしょう。

しかし、ほとんどのクリニックには託児施設やキッズルーム等は用意されていません。

手術は日帰りと言っても2時間近くかかってしまいますし、適応検査となると3時間近くと、もっとかかります。

品川近視クリニックでは、子供は検査フロアや診察室には入れません。

その為、待合室に他に付き添える大人がいれば一緒にクリニックへ通うことは可能となっています。

しかし、数時間も時間待合室で待っておくなら、お留守番してもらったり、どこかに出かけてもらっておいた方がおすすめですよ。

誰も見てくれる大人がいないというママもレーシック手術を諦める心配はありません。

品川近視クリニック梅田院では、携託託児所を無料で利用できるサービスがあるんですよ。

適応検査と手術日のどちらも無料で、さらには0歳児から預かってもらえます。

このように、大阪で人気が高いクリニックはママにも手術を受けやすい事が分かりましたね。

毎日大変なママの仕事を少しでも楽にする為にも、レーシックを受けてみるのがおすすめですよ。

品川近視クリニックならコンタクトを使用していてもすぐに受けられる簡易検査もあるので早速予約してみましょう。