Top > レーシックの必須知識 > レーシックを成功させるには適応検査が重要

レーシックを成功させるには適応検査が重要

適応検査では、レーシックが受けられるかどうかみなさんの目を徹底的に調べていきます。

しかし、それと同時に実際に手術で使用するデータも計測しています。

《しっかりと適応検査を行っているクリニックを選ぼう》

適応検査がちゃんと行われていないとなると、術後の結果に後悔してしまう場合も出てきます。

再手術はできるものの、できる限り1度の手術で満足いく為には、万全の態勢整えておく必要があります。

適応検査がしっかり行われているクリニックかどうかを事前にチェックしましょう。

例えば、大阪で人気ナンバー1の品川近視クリニック梅田院では、最新の検査機器を使用し適格な検査を行っています。

さらに、厚生労働大臣より取得した視能訓練士(ORT)の免許を持った検査員が中心となり、しっかり検査を行っていきます。

このように、手術の費用や内容だけでなく、しっかり適応検査を行っているクリニックかも忘れずに調べてみましょうね。

《手術結果を左右しないよう万全の態勢を整えて受けよう》

適応検査がしっかり行われているクリニックを選んだだけではダメですよ。

ご自身でも適応検査前に注意しておきたい点を挙げてみました。

●体調管理をしっかりしよう

視力や眼の状態は体調により変化してしまうこともあります。

しっかりと検査してもらう為にも、体調管理は重要です。

適応検査の前には体調管理を万全に行いましょう。

体調が悪い時は、無理をせず早めに予約を延期してもらうのがおすすめですよ。

また、病気などで通院中や薬を服用中の場合は、適応検査を受けられるかどうかクリニックに確認しておくと安心ですね。

●検査前日の過度な飲酒は控えよう

適応検査前に絶対に飲酒はダメとはいいません。

しかし、体調を万全に整えることと、しっかりと検査員の指示に従い検査を受ける為には、過度な飲酒は控えた方がいいですね。

●コンタクトの中止使用期間は必ず守ろう

使用しているコンタクトの種類によって中止期間は異なります。

『ちょっとぐらい・・・』と守らない場合、正確な検査を行うことができません。

万が一コンタクトを使用してしまった場合は、クリニックに相談し、適応検査日を延期するようにしましょう。

手術した後に後悔しない為にもこれらについてしっかり守って適応検査を受けましょう。