Top > レーシックの必須知識 > レーシック手術するなら紫外線対策を

レーシック手術するなら紫外線対策を

レーシック手術をお考えなら、紫外線対策についても考えておきましょう。

《手術前も手術後も紫外線は眼に悪い》

紫外線は肌を黒くしたりシミなどを増やすくだけではありません。

眼に紫外線を浴びることで炎症を起こしたり、眼病の原因になってしまったり、最悪視力が悪くなることもあるんです。

手術前もダメージを与えない為にも紫外線対策は必要ですが、メガネやコンタクトはUVカットレンズが多くなっています。

一番気をつけないといけないのは、術後の眼です。

せっかく裸眼でみることができるようになったのに、また視力が下がったり、眼病になっては最悪です。

《UVカットメガネを1つは準備しておこう》

術後すぐに視力が回復したり、痛みがなくなったからといって安心せずに、数ヶ月間はしっかりと紫外線対策を行いましょう。

『サングラスを持っているから・・・』という人もいるかもしれませんが、仕事の時や服装などによりサングラスができない場合もあるかもしれません。

そこで、無色のレンズのUVカットメガネを用意しておくのがおすすめです。

紫外線は夏だけではありませんし、曇の日でも気をつけなければなりません。

大阪で人気ランキング第2位の神戸神奈川アイクリニックでは、現在お使いの度入りのメガネを度なしのUVカットレンズに交換してくれるサービスを行ってくれますよ。

《フィット&レンズが大きめのものを選んでおくのがおすすめ》

今ではほとんどのメガネがUVカットレンズになっています。

新たに、買い換える場合は、できれば大きめのレンズを選んでおくのがおすすめです。

また、きちんとフィットしているかどうかもチェックしておきましょう。

《女性はジェルネイルにも注意が必要》

最近は、セルフでジェルネイルを行うことができますが、UVライトが眼に入ると紫外線を浴びたことになってしまいます。

屋外だけでなく屋内でも紫外線には注意しましょうね。

紫外線を気をつけることで、術前も術後もスムーズで満足いくレーシックを受けることができるはずですよ。