Top > レーシックに関するふとした疑問 > レーシック手術後できなくなることなどリスクはある?

レーシック手術後できなくなることなどリスクはある?

レーシックの手術を受けた後、手術前のようにできなくなることが実はあるんです。

《レーシック手術後できなくなることとは》

●削った角膜は元通りには戻せない・・・

レーシック手術では角膜を削ってしまいますが、これは元に戻すことができません。

手術で必ず視力が上がるとは言い切れませんし、一度上がっても、眼を酷使するなどでまた視力が下がってしまうこともありえます。

角膜が薄い人は、再手術できない場合もありますので事前にしっかり確認しておきましょう。

●ハードコンタクトが使用できなくなることも・・・

レーシック手術によって、角膜の形が変形し、ハードコンタクトが使用できなくなる場合があります。

しかし、ソフトコンタクトは術後も使用可能なので、カラーコンタクトや万が一視力が下がった場合もコンタクトにて視力矯正することは可能です。

●住宅ローンが不利になることも・・・

レーシックと住宅ローンって関係無いように思えますが、不利になってしまうこともあるんです。

住宅ローンには通常、万が一死亡したり高度障害になった時にローンを支払わなくて済む団体信用生命保険というものがついています。

高度障害には、『両眼の視力を全く永久に失ったもの』が含まれます。

レーシックにより失明したという事例はありませんが、手術を受けた場合は申告する必要があり、不利になってしまうこともあるんです。

近々住宅購入予定があるなら、まず買ってからレーシックを受けるか、団体信用生命保険がないものや告知が緩いワイド団体信用生命保険もあるので、しっかり検討しましょう。

《眼病治療は術後も可能》

レーシックを受けたら眼病になった場合の治療が不安という人もいるでしょう。

しかし、レーシックを受ける前と変わらず治療を受けることが可能なのでご安心ください。

将来起こりうる白内障になった場合も、レーシックを受けていても治療や手術は可能です。

そもそも、現時点で眼病があり、それに気づいていない人も多いんですよ。

痛みや見えにくいなどの症状が出ない限りなかなか眼科に訪れる人は少ないですからね。

レーシックの適応検査では、ただ手術できるかどうかを判断するのではなく、みなさんの眼について隅々まで調べるので、症状がまだ出ていない眼病などもチェックすることができます。

大阪で人気のクリニックでは無料で適応検査を受けることができます。

眼の健康診断もでき、どの術式がいいのかも分かる適応検査を気軽にまずは受けてみるのがおすすめですね。