Top > レーシックの必須知識 > レーシックの手術費用以外にかかる料金も知ろう

レーシックの手術費用以外にかかる料金も知ろう

人気レーシックのクリニックには公式ホームページがあり、それぞれの術式の料金を事前に知ることができます。

しかし、手術料金だけで比較していてはだめなんです。

手術費用以外にもお金がかかってしまうことがあるんです。

《手術費用以外にかかるもの》

●適応検査代

適応検査では、時間をかけてたくさんの検査を行っていきます。

通常の病気の検査であれば健康保険が利用できますが、レーシック手術にかかわる適応検査も保険外になってしまい少し高くなってしまいます。

●定期検診代

手術が済んだら終わりではありません。

レーシック後は術式ごとに決まった定期検診に数回通う必要があります。

●薬代

手術後は痛み止めや感染症予防などの点眼薬などが必要となります。

これらは手術費用に含まれていることが多くなりますが、全てのクリニックがそうとは限りません。

また、術後に痛みが続いてしまったり、乾燥しがちになってしまうことで薬が追加されることもあり、別途費用がかかることも考えられます。

●再手術費用

どのような手術であっても必ず成功するとは言い切れません。

万が一視力が思うように上がらなかった場合、再手術となることも考えられます。

そうなると、再度手術費用がかかることもあるかもしれません。

●交通費

クリニックへは、適応検査・手術・適応検査(最低3回)の計5回は通うようになります。

片道200円だったとしても、合計2,000円にもなってしまいますので、しっかり計算し把握しておきましょう。

《人気クリニックなら追加料金は交通費のみ》

このように手術費用以外にかかり、予想以上にお金がかかってしまうこともあるかもしれません。

しかし、大阪で人気ランキング上位のクリニックなら、交通費を除く他全てが手術費用に含まれています。

これなら比較しやすいだけでなく、定期検診以外に通っても費用が増えることなく安心ですね。

ただし、受ける術式によりこれら保障期間は変わることもあるので、しっかり調べておきましょう。