Top > レーシックに関するふとした疑問 > 近視と乱視同時にレーシック手術で治せる?

近視と乱視同時にレーシック手術で治せる?

近視だけや乱視だけという人もいれば、両方の人もいるでしょう。

《近視も乱視も同時に治せる》

まず、近視も乱視もある人も1度のレーシック手術で済むのでご安心ください。

もちろん、料金も近視だけの場合と変わることもありません。

ただし、老眼も同時に治す場合は手術料が高くなってしまうことは把握しておきましょう。

レーシックには様々な術式があります。

近視にはこの術式・・・と決まっている訳ではなく、ご自身の希望を考えたり適応検査をしてみないとどの術式が合うかは分かりません。

《適応検査を受けてみよう》

人気クリニックでは様々な術式の違いや手術料金などを事前に比べることができます。

しかし、料金表だけで比較し失敗してしまった人がたくさんいます。

『安いから選んだのに、合っている術式が変わり高くなってしまった』場合や、『検査してもらったら老眼だった』なんてこともあります。

しっかりと比較するには、まずは適応検査を受けてクリニックごとにどの術式が自分に合っているのかを把握しましょう。

《適応検査についてしっておくべきこと》

●適応検査はクリニックごとに受ける必要あり

適応検査の検査方法も同じではありませんし、術式や手術に使う機器も異なります。

その為、適応検査はそれぞれのクリニックで受ける必要があります。

●検査結果には有効期限がある

適応検査では手術で使用するデータも収集しています。

人気の高い品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックでは、適応検査後3ヶ月以内に手術を受けない場合は、改めて適応検査を受け直さなければなりません。

再検査となるとまた時間がかかってしまうので、3ヶ月以内には手術を受けるつもりで適応検査を受けていきましょう。

●同日はしごは無理

検査では、瞳孔を開く薬を使用しますが、数時間戻らない為、同日はしごして適応検査を受けることはできません。

これらに注意した上で、損をしないように適応検査を受ければ、よりそれぞれのクリニックを比較しやすくなるはずです。

大阪人気ランキング上位のクリニックなら無料で適応検査を受けることができますよ。