Top > レーシック ニュース&コラム > 角膜が薄いと断られた人も視力回復可能に

角膜が薄いと断られた人も視力回復可能に

以前、クリニックで適応検査を受けたものの『レーシック手術できません』と断られたという人もいるかもしれません。

レーシック手術ができない理由にはいろいろありますが、角膜が薄い為が多くの理由となっています。

《角膜が薄くても様々な手術方法により視力回復可能に》

しかし、諦めるのはまだ早いんです。

レーシックといっても各クリニックによって診断基準も異なれば、技術力や設備なども変わってきます。

その為、1度は断られたが、他のクリニックでは手術が受けることができたということもあるんです。

またレーシックの術式は1つではありません。

ここでは角膜が薄くても受けやすい術式について挙げてみましょう。

●エピレーシック

通常のレーシックはフラップを作る必要があるので角膜の厚みが必要になります。

しかしエピレーシックはフラップを作る必要がないので、角膜が薄い人でも視力矯正することができるんです。

角膜を削って薄くなることもありませんし、時間が経てば、今までと変わらない角膜に戻ります。

●フェイキックIOL

フェイキックIOLは眼内に手入れが永久に不要のレンズを挿入することで視力を矯正する方法になります。

通常のレーシックのように角膜を削ることはありませんので、角膜が薄い人も受けることができます。

手術も片眼で30分程度と若干長くなりますが、日帰りで入院の必要はありません。

●オルソケラトロジー

オルソケラトロジーは、手術しないで視力を回復する治療方法になります。

使用方法は簡単で、寝ている間に専用のコンタクトレンズを装着するだけです。

これにより、角膜の形が矯正され、視力アップすることができます。

寝る前に使い続ける必要がありますが、角膜が薄い人でも利用できます。

このように、角膜が薄くても受けることができる方法はいろいろあります。

術式によりメリットもあれば、デメリットもありますので、それぞれぴったり合うものは変わってきます。

大阪で人気ランキング上位の品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックの公式ホームページではそれぞれの術式について詳しく知ることができます。

もちろん、適応検査を受けてから、じっくり相談しながらどれがいいかを決めることができます。

どちらのクリニックも無料で適応検査を受けることができますので、どの術式が利用可能か早速調べてもらいましょう。

適応検査前に、まずはメールで相談することも可能ですので、裸眼生活を諦める前にぜひ検討してみてくださいね。