Top > レーシック ニュース&コラム > 大阪の大学に入ったらレーシックをしよう!

大阪の大学に入ったらレーシックをしよう!

大阪の大学に入ったら、早めにレーシックをするのがお勧めです。

その理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:大学デビューに間に合う≫

大阪の大学に入学したら、すぐにレーシックを受けるのがオススメです。

大阪に元から住んでいる人はもちろんですが、地方から大阪から来た場合には町の規模にびっくりすることでしょう。

人が多く、町が活気にあふれる大阪では、当然若い人のファッションセンスも高いです。

そんな大阪にある大学は、当然ですがおしゃれな若者が多く、眼鏡がおしゃれじゃないわけではありませんが、似合う人しか眼鏡をかけていません。

眼鏡が似合うと思っている人はいいですが、眼鏡にコンプレックスがある人もいるでしょう。

大学に入って可愛い女子デビューしたいと思っている人は、嫌々眼鏡をかけていてはいけません。

まずレーシックをしましょう。

≪理由2:大学1年2年は一番時間があるとき≫

さらに、大学1年生や2年生は、実は一番時間があるときなんですね。

ですから、レーシックに行って早めに治療を終わらせておくのがオススメなのです。

これが3年生、4年生ともなると、早めの就職活動が始まってしまったり、卒業論文や卒業制作をしなければなりません。

大学1年生になりたてだと、まだ自分で自由に使える資金が少ないですよね。

その間にレーシック眼科を絞り込み、自分にあった眼科を見つけておきましょう。

そして、できれば2年生の間くらいまでには、レーシックを自分の貯めたお金でしておけば、忙しいときにレーシックを受けることがなく、安心でしょう。

≪理由3:大学1年2年は彼氏彼女を作れるチャンスが多い≫

さらに、大学1年生、2年生の間は時間的な余裕もある上、学校での出会いもあって、彼氏彼女ができる率が高いです。

逆にこの時期を逃してしまうと、なかなか彼氏を作れず一生過ごしてしまう場合もあります。

大学で好きな人ができて彼氏を作りたいと思っている女子は、早めのタイミングでレーシックをして、自分の容姿に自信が持てるようにしましょう。

眼鏡が必ずしも容姿を悪くするわけではありません。

しかし、遠くが見えない近眼の場合、度の強い眼鏡をすると目が小さく見えます。

日本では目がぱっちりして大きい人ほど可愛いと受け取られる傾向が強いので、特に女性は早めにレーシックをして自分の容姿や目に自信が持てるようにしましょう。

これらの理由から、大阪の大学に入学したら、なるべく早めにレーシックを受けるのがお勧めです。