Top > レーシックの必須知識 > レーシック後は直射日光に注意

レーシック後は直射日光に注意

レーシックを受けた直後に強い直射日光が目に当たるのはあまりよくありません。

≪レーシックを受けた目は疲れている≫

レーシックを受けた直後の目はとても疲れています。

短いスパンで目の検査を受け、施術自体はスピーディになったといっても、やはり普段にはない負担が目に掛かったことに間違いはありません。

疲れた目にさらに無理をさせてしまうと、一時的ではあっても短期的な視力低下を招いたり、レーシックの施術後の経過が悪くなってしまう恐れがあります。

レーシック直後は目に負担をかけたことを意識するのが大事です。

≪強い日差しは目によくない≫

目がもっとも負担に感じる刺激が、強すぎる光です。

特に太陽の光には、目の細胞を傷つける紫外線が含まれていて、この光は黒いものに集まる習性があります。

日本人の多くが黒や茶など濃い色素の目をしているので、強い日差しの影響を強く受けてしまいます。

さらに、強すぎる光は眼球内の色などを感じる細胞にストレスをかけます。

このストレスが長く続くと、光から目をそらしても光を感じた部分だけが目を光って見えたり、白く見えたりします。

このような眼球に強いストレスをかける直射日光をレーシック後の弱った目に浴びると、通常よりも刺激に弱いので、無用なトラブルを招く恐れがあります。

トラブルを防ぎ、レーシックを無事に成功させるためにも、やはり強い日差しは避けるのがベストです。

≪UVカットサングラスで1週間ほどは目を保護するのがベスト≫

レーシックを受けた後、1週間くらいはUVカット機能が優れたサングラスなどを使って紫外線から目を保護するのがおすすめです。

レーシックを受けた後は、個人差もありますが落ち着いてくるまでに時間がかかります。

短時間でその日のうちに落ち着いてくる人もいますが、それは自覚症状だけであり、実際には目がまだ落ち着いていなかったりする場合もあるのです。

紫外線は細胞を傷つけますから、目の細胞も例外ではありません。

外出時や車を運転する際は、サングラスをかけて紫外線から目を守りましょう。

この時、UVカット機能の高いものを選ぶのがポイントです。

見た目を気にして、色素の薄いレンズなどを選ぶと、UVカット機能が十分でない場合もあります。

また、おしゃれサングラスのコーナーで、安価なサングラスを選んだ場合、実は黒いだけでUVカットの機能が備わっていないものだったりします。

UVカット機能があるか、きちんと調べて購入するようにしましょうね。

サングラスの色素は、さらに強すぎる日中の光もさえぎってくれて、目に優しい光として届けてくれるので、しっかりと疲れた目を保護できますよ。