Top > レーシックに関するふとした疑問 > レーシックで医療保険を適用することはできるの?

レーシックで医療保険を適用することはできるの?

大阪のレーシックで、自分が加入している医療保険を適用することはできる可能性があります。

今回は、自分が加入している医療保険でどのような場合に適応できるかをご紹介しましょう。

≪加入時期が2007年4月以前である≫

保険に加入した時期が2007年の4月以前である場合、保険会社や契約内容によってはレーシック手術によって保険金がもらえる可能性があります。

実は、各保険会社が2007年の4月に契約条項の改定を行っています。

この頃、レーシック手術も徐々に流行ってきていて、保険がおりることを利用して、保険加入後にすぐレーシックを受ける人が増えてきていました。

これでは保険会社も困りますから、レーシックを契約条項改定によって含まない内容にされたのですね。

ただ、加入時期がそれより前の場合で、今も継続してその保険に加入している人は、レーシックで保険金がおりる場合があります。

ちなみに保険金がおりる場合、契約内容によりますが5万円~20万円ほどの保険金がもらえる場合があるようですね。

≪レーシックの為に保険加入はオススメできない≫

では、現在加入してもレーシックで保険金がおりるものも、いくつかはあるようです。

ただし、レーシックの為だけに加入するのはオススメできません。

オススメできない理由は、1つに保険料金の高さがあります。

レーシックを含む手厚い保険内容の場合、高い保険料金を払わなければならないケースが多いです。

保険に加入してすぐにと言っても、すぐにレーシックをするというわけにもいかず、数か月加入した後でレーシックを受けても、その間高い保険料金を支払い続けなければなりません。

しかも、レーシックは今では入院も必要ない手術ですから、手術見舞金がわずかに出るだけと考えても、特に大幅に得できるとは限らないのです。

ですから、レーシックの為だけに、レーシックで手術見舞金がおりる保険に入るのはオススメできないのですね。

≪まずは保険証券チェック!その他にも得できる制度を利用しよう≫

まずは自分の保険証券をチェックしてみましょう。

2007年以降の契約であったり、それ以前でもレーシックが含まれていない場合は、やはり自費でレーシックを受けなければなりません。

ただし、レーシックを受けた場合、医療費控除などの税金対策ができます。

眼科によってはお得な割引制度を持っているところも多いので、そのような眼科を選べばさらにお得にレーシックを受けられるでしょう。