Top > レーシックに関するふとした疑問 > 乱視がひどい場合はレーシックできないの?

乱視がひどい場合はレーシックできないの?

乱視がひどい場合でも、レーシックで乱視を矯正することが可能です。

むしろ、ひどい乱視の場合は、眼鏡で矯正できず目が普段から疲れてしまう原因にもなります。

その為、コンタクトやレーシックで矯正するのがオススメです。

ただし、乱視の矯正も考えている場合は、それ相応の手術を受けなければなりません。

必ず眼科にも相談の上、受けるようにしましょうね。

≪そもそも乱視とは?≫

そもそも自分が乱視なのに、乱視のメカニズムを知らない人が多いですね。

眼科で「乱視です」といわれただけで、それにあった眼鏡やコンタクトレンズで矯正してきた人も多いでしょう。

乱視とは、目に入ってくる光が網膜で1点に結ばれるはずなのに、それが2か所以上で結ばれてしまったり、どこにも焦点が合わないなどの現象が起きていることを指します。

これにより、乱視の場合は物が二重、三重に見えてしまったり、ぼやけて見えなかったりするのですね。

乱視の程度によっては自分が乱視だと気づいていない人もいます。

さらに、乱視がひどい場合は眼鏡で矯正が効かず、普段から目が疲れやすい人も多いようですね。

≪乱視は基本的に合併症≫

乱視は基本的に合併症で、近視や遠視と共に発症する人が多いです。

その為、近視や遠視の矯正にばかり目がいき、乱視の矯正には目がいかない人もいます。

乱視も放っておくと、普段からの目疲れの原因になります。

眼鏡はずれてしまって、乱視矯正にあまり役立たないこともあります。

程度のひどい人、目が疲れやすい人は、コンタクトレンズまたはレーシックで矯正するのがオススメです。

ただし、コンタクトレンズは角膜などを傷つけることで、乱視の中でも不正乱視につながり、乱視の程度がひどくなるケースがあります。

正しく使用し、眼科に定期的に通いながら装着しなければならないので、最も有効な乱視矯正としてはレーシックがオススメです。

≪不正乱視でも大丈夫なの?≫

乱視の中でも、角膜が傷ついたり病気になったりすることで、乱視が発生する場合もあります。

不正乱視でどれだけ角膜が傷ついているかや程度によっては、検査にひっかかってしまってレーシック手術を受けられない可能性もあります。

しかし、不正乱視だからといって必ずしもレーシック手術が受けられないわけではありません。

検査でひっかからなければ、乱視もきちんと矯正できて、裸眼で毎日快適に過ごせます。

まずはレーシックできるかどうかの検査を受けてみるのが良いでしょう。

実際に不正乱視でも、レーシック手術によって矯正し、目の疲れが和らいだというケースも多々あるんですよ。