Top > レーシック ニュース&コラム > 大阪でフェスを楽しみたい人はレーシックをしよう!

大阪でフェスを楽しみたい人はレーシックをしよう!

大阪で野外フェスや音楽フェスを楽しみたい人は、レーシックをするのがオススメです。

その理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:眼鏡が落下して壊れる危険性がない≫

大阪で野外フェスを楽しみたい人は、眼鏡が落下して壊れる可能性があるので、その危険性をなくすためにもレーシックをしておくのがオススメです。

野外フェスやイベントの際は、かなり大勢の人が狭い場所に一気に集まります。

大勢人がいる中では、地面も見えないほど、人で覆いつくされることも珍しくありません。

加えて、音楽系のフェスの場合、ジャンプしたり、リズムに合わせて体を揺らすなど、アクティブに動き回りますよね。

眼鏡は体にくっついているわけではありませんから、特にジャンプなどの動きですぐに外れてしまいます。

さらに、大勢の人がごった返していると、隣の人の手や脚が当たるなどして、眼鏡が落下してしまうことも。

落下しただけならまだしも、大勢の人がアクティブに動いていますから、当然無事に拾い上げられる可能性は低いです。

誰かに踏まれてへしゃげた眼鏡では、フェスを十分に楽しめませんよね。

眼鏡は落下して壊れる危険性があるので、野外フェスのようなアクティブなイベントには不向きです。

レーシックをしておけば、眼鏡落下の危険性はなくなります。

≪理由2:コンタクトが外れてなくなる危険性がない≫

では、眼鏡でなければコンタクトならいいのではと思っている人もいますが、コンタクトも落下の危険性があります。

その上、目の中にゴミが入ったりすると、それを取るのにコンタクトも取る必要があり、コンタクトの洗浄液などがなく不衛生な状態で目に入れるはめになることも。

コンタクトはジャンプするくらいでは外れませんが、その分目に密着しているため、目に衝撃があった場合には落ちたり、ずれて目に当たり、痛みから外さなければばらない場合も多いです。

コンタクトを外してしまうと、当然視力によってはステージが見えず、何も楽しめません。

裸眼で野外フェスを楽しむためにも、レーシックをしておきましょう。

≪理由3:長時間のコンタクトで目を傷めることがない≫

最後に、コンタクトレンズの場合は、野外フェスの間目を休めることができず、長時間つけっぱなしになることも多いです。

それにより目が乾燥するなどトラブルに発展する場合もあります。目を傷めすぎると、長引く目の不調の原因にもなります。

レーシックをすればこのようにして目を傷つける心配はまずなくなります。

これらの理由から、大阪で野外フェスを楽しみたい人は、盛り上がるためにもレーシックを受けておくのがオススメです。