Top > レーシック ニュース&コラム > 育児中の多忙ママでもレーシックが楽チンに受けられるって本当?

育児中の多忙ママでもレーシックが楽チンに受けられるって本当?

育児中の多忙なママもレーシックを楽に受けられるクリニックがいくつか出てきています。

そのようなクリニックでは、次のような取り組みが行われているので、要チェックですよ。

≪取り組み1:無料の託児所が利用できる≫

育児中のママでもレーシックを受ける日などに利用できる無料の託児所を利用すれば、他人に預けずに楽ちんに施術を受けられます。
育児中のママが一番気になるのは、子どもをどこに預けるかですよね。

パパに預ける場合でも、パパに仕事を休んでもらわないといけないとか、心配が残ります。

その上、パパではしっかり面倒を見られない、心配というママもいますよね。

パパ事態も、ママがいないと不安という方もいるでしょう。

そのような場合でも、無料の託児を利用できれば、周囲に気を使うことなく、安心してレーシックを受けられます。

≪取り組み2:忙しいママも大丈夫の日帰り治療≫

さらに、仕事をしていたり、日々育児に追われている忙しいママでも、日帰り治療で受けることができれば、何度も通うよりも負担が少なくてすみます。

何度も眼科に通うとなると、やはりそれだけ時間を工面しないといけないので、負担が大きいです。

育児中のママは、子どもの保育園へのお迎えまでには帰らないといけなかったり、仕事の時間もあるのでなかなか時間の融通が利きにくいもの。

そこで、日帰りのレーシック治療であれば、その日をあけておけば良いだけなので、何日も通う時間を工面しなくても良くなります。

これは忙しいままにとってもうれしいですよね。

≪取り組み3:レーシック治療は短時間手術で忙しくても大丈夫!≫

さらに、レーシックの治療自体は短い上、技術の進歩により、術後の安定までの時間も短縮されてきています。

日帰り治療の場合で、すぐに目が楽になるということはあまりありませんが、数日するとかなり良好な状態になることもよくあります。

もちろん、術後の経過については、目の状態や個人ごとに違ってきますが、技術の革新によって術後の復帰が早くなっていることも事実です。

忙しいママは、何日も子育てを放っておいて倒れているわけにいきません。

子どもの面倒をある程度他人にまかせられても、やはり「ママでないとダメ」という時があるものです。

子育てママも多くが受けるレーシックは、現在では短時間手術だけでなく、短期間の復帰で人気を集めているのですね。

もちろん、それ相応の、技術力の高いレーシック眼科を選んだ場合ですので、自分に合う、技術力の高いクリニック選びをしなければなりませんよ。