Top >  > 老眼の悩みも解消!レーシック手術にも遠近両用はあるの?

老眼の悩みも解消!レーシック手術にも遠近両用はあるの?

視力の悩みは決して近視だけではありません。

近くのピントが合わなくなってくる老眼もあります。

眼鏡やコンタクトには遠近両用があるのですが、レーシックにもあるのでしょうか。

≪遠近両用レーシックとは≫

実は遠近両用レーシックという手術があります。

遠近両用レーシックとは、遠くも近くもよく見えるようにするためのレーシック手術です。

それだけではなく中距離も見えるようになります。

これまでは遠近の矯正はレーシックでは無理とされていました。

しかしレーシック技術の向上により、繊細な手術ができるようになり、遠近の矯正も可能になったのです。

40代以降は近視に加えて老眼になる人も多いです。

そのような人たちの救世主となるかもしれないのが、遠近両用レーシックです。

また、近視の人が若いうちにレーシックを受けても歳を取って老眼になりまた矯正する必要がでてくることもあります。

若いときにするのではなく、40代以降に遠近両用レーシックを受けるという選択肢もあります。

≪遠近両用眼鏡が苦手な人にもピッタリ≫

近視であれば遠くを見えるようにするだけでいいですね。

眼鏡やコンタクトを作るのも簡単です。

しかし近視と老眼がある人はなかなか難しいものがあります。

遠近両用眼鏡もあるにはありますが、使用感が馴染めないという人もいます。

いかにも遠近両用というデザインは減ってきましたが、それでも見た目が嫌だという人もいます。

だからといって、複数の眼鏡をかけ直すのはとても面倒です。

遠近両用レーシックを行えば、そのような悩みからも解放されます。

≪遠近両用レーシックのメリット・デメリット≫

遠近両用レーシックのメリットばかりを述べましたが、もちろんデメリットもあります。

遠近両用レーシックはどこでもできるわけではありません。

とても繊細な技術を必要とするので、レーシッククリニックでも対応していないところがあります。

主にモノビジョンレーシックやマルチゾーンレーシックという方法がありますが、普段の生活スタイルや瞳孔の大きさなどでも向き・不向きがあります。

また、遠近両用をしてくれるクリニックであっても、医師の技術が心配です。

遠近両用レーシックの実績を積んでいるクリニックがより安心できます。

また、一度レーシック手術を受けると元の状態には戻せません。

角膜が薄ければ手術自体が無理です。

遠近両用レーシックの経験に加えて、非常に厳しい基準で検査しているクリニックを探すべきでしょう。