Top > レーシックの必須知識 > レーシックに関わる過矯正の問題とは?

レーシックに関わる過矯正の問題とは?

レーシックについて色々と調べている人なら、過矯正という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ここでは過矯正というものはどういうものなのか、起こるとどのような不具合があるのかを見てみましょう。

≪過矯正とは≫

過矯正とは近視を矯正し過ぎた状態のことを指します。

コンタクトや眼鏡でもある状況ですが、レーシックでも起こります。

レーシックはコンタクトや眼鏡と違って元に戻せないので、過矯正になると困ります。

レーシックで過矯正になるには、いくつか原因があります。

まず、レーシックは術後に矯正したはずの近視が戻ることがあります。

そのためあらかじめ過矯正気味に照射することはよくあります。

しかし近視が戻る度合いはその患者によっても異なります。

戻ると見込んでいた近視が思ったよりも戻らず、過矯正気味のままになってしまうのです。

≪過矯正になるとこんなにつらい≫

視力を矯正し過ぎると何か悪いことがあるのでしょうか?

実は過矯正はとてもつらい症状をたくさん引き起こします。

余りにも遠くが見えるように矯正をし過ぎてしまったため、近くを見る時には必要以上の調整力を使うこととなります。

そのため様々な体の不調を引き起こします。

眼精疲労や頭痛はよくありますね。

他にも吐き気、うつ、ドライアイ、まぶしさ、首の凝りと様々な症状が起きます。

度の強過ぎる眼鏡をかけると気分が悪くなりますが、それと同じことが起きるのです。

でもレーシックをしてしまうと眼鏡のように外せません。

実はレーシックのトラブルは、この過矯正によるものが多いです。

特にパソコンや事務仕事など近くを見る作業が多い人は、過矯正によって悩まされてしまうことが多いのです。

≪過矯正を防ぐには≫

スポーツ選手でもない限り、適度な視力は0.8から1.2程度です。

普段の生活で2.0以上の視力を必要とすることはなく、1.5に矯正しても強過ぎてしまい体調が悪くなることがあります。

適度な視力に調整するのが一番です。

そのことをしっかりと医師と相談して決めることが大切です。

また、レーシッククリニックではやたらと2.0など矯正力の強さをアピールするところもありますが、そのようなところはあまり信用できません。

万が一過矯正になって苦しむことになったら、再手術が必要になります。

その場合は近視矯正とは逆に遠視矯正の手術をしなくてはなりません。

もし過矯正による体調不良が起こったなら手術を受けたクリニックで受診することが大切ですが、なかなか問題が解決しないこともあります。

その場合は躊躇せずセカンドオピニオンを取りましょう。

症状が悪化しないうちに、早めに対策を取るのが一番です。