Top > レーシックの必須知識 > 乱視の悩みもレーシックで解決できる?

乱視の悩みもレーシックで解決できる?

目の悩みは何も近視だけとは限りません。

近視はそれほど酷くなくても乱視が酷くて苦しんでいる人もいます。

そんな乱視の悩みもレーシック手術で解決することはできるのでしょうか。

≪乱視を手術で治せる?≫

レーシック手術のクリニックを調べると、なかなか乱視手術について記載があるところが見つからないでしょう。

しかし乱視もレーシック手術で治すことができます。

乱視とはレンズの役目をしている角膜が変形していることが原因で、焦点が合わずにものがぼやけたりゆがんで見える状態のことを指します。

歳と共に角膜が歪んできたり、遺伝で乱視が強かったりもします。

あるいはボールなどがぶつかり、外的刺激により角膜がずれてしまうこともあります。

レーシック手術は角膜を削ってゆがみや厚さを調整するので、近視だけではなく遠視や乱視も治すことができます。

≪乱視レーシックの詳細≫

乱視が入っているからといて、別料金が発生することはありません。

レーシック手術は角膜を削って形を整えるので、近視と乱視を一緒に治すこともできますし料金も加算されません。

基本的には近視の手術と変わりありません。

ただし歪みを削り調整するので、近視だけよりピントを合わせるのは難しいかもしれません。

これまではレーシック手術の際に目が動いてしまい、レーザーを当てる部分がずれてしまいうまく調整ができなかったということもあったようです。

しかし最近では目の動きを追って照射することのできるシステムも開発されています。

難しいと思われていた乱視の手術も、レーシック手術の進歩により可能になっています。

≪乱視レーシックの注意点≫

レーシック手術で乱視を治すことはできるのですが、全ての乱視を治せる訳ではありません。

角膜の厚さや体質によってはレーシック手術が適さない人もいるでしょう。

そしてあまりにも強い乱視の場合もレーシック手術はできません。

歪みが酷ければそれだけ角膜を削る必要がありますが、削れる範囲には限界があります。

眼鏡やコンタクトで矯正できる範囲ならレーシック手術で治せる可能性があります。

まずは手術が受けられるかを判断するには、検査が必要です。

レーシッククリニックは数が増えていますが、中には適当に検査を済ませて安易に手術をしてしまおうとするようなところもあります。

レーシック手術は安さだけで選んではいけないのです。

丁寧な検査と診察を行ってくれるところで乱視レーシック手術を受けることを検討しましょう。