Top > レーシックの必須知識 > レーシック手術後の視力はいつになったら安定する?

レーシック手術後の視力はいつになったら安定する?

レーシック後は矯正された視力がずっと続くとは限らず、変動があります。

せっかく手術を受けたのに視力が変動するのは心配ですよね。

その不安を解消するべく、視力が変動する理由と安定する時期について見てみましょう。

≪レーシック後に視力が変動するのはなぜ?≫

レーシック手術では角膜をレーザーで削って厚さや歪みを調整します。

レーザーでデリケートな角膜を削るのですから手術後不安定になることは仕方のないことです。

これは他の手術でも同じことが言えます。

削ったばかりのころはどうしても安定しないのですが、日を重ねるうちにどんどん安定してきます。

そして削ったばかりの頃と比べると、視力が戻ってしまうことがあります。

その視力の戻りを計算に入れて、レーシック手術はやや過矯正気味にします。

≪いつ頃になったら安定?≫

レーシック手術後、視力が安定するのは個人差があります。

1ヶ月ぐらいで落ち着いたという人もいれば、数ヶ月かかったという人もいます。

クリニックでは3ヶ月くらい様子を見るようにと説明されたケースもあります。

また、手術後の過ごし方によっても思いがけない視力の変動があります。

パソコン作業は目の乾燥や眼精疲労を招き、せっかく手術をした目の回復を妨げます。

パソコンだけでは無くスマホや読書も目の疲労を蓄積させてしまいます。

花粉やほこりも目には大敵です。

角膜を傷つけないように気をつけましょう。

≪こんなときには再手術が必要かも≫

レーシック手術後の多少の視力変化は仕方ありませんし、その変化を見越して過矯正にします。

しかし中には再手術が必要になることがあります。

例えば過矯正をし過ぎてしまい、思ったよりも視力の戻りが無かった場合です。

近視は矯正すればいいというものではありません。

あまりにも強い視力にしてしまうと、頭痛や吐き気などの症状を引き起こしてしまいます。

他にもレーシック手術したことによる副作用や後遺症が重い場合は、再手術で調整することもあります。

まぶしさが苦しいハログレア現象などがありますね。

レーシッククリニックでは再手術の保証を設けているところも多く、1回目までは無料で再度レーシックが受けられます。

ただしむやみに再手術をすればいいというものではありません。

角膜の厚さが残っていない場合はこれ以上削ることができず、再手術ができないのです。

これらのことから、レーシック手術を受ける前にはかなり慎重に検査をする必要があります。

また、角膜の状態などについてもしっかりと説明してくれるクリニックで依頼したいものです。